No Room For Squares !

レンズ越しに見えるもの または 見えざるもの

浪岡名物・小倉のカレー

2017-10-20 | 街:青森








弘前では銀水食堂という渋い食堂で夕食を取るつもりだった、ところが、写真を撮り歩いているうちに閉店時間を過ぎてしまい断念した。叶わぬこともあれば、叶うことだってある。翌日の昼食場所も事前に決めていた。それは浪岡の「小倉食堂」でカレーライスを食べることである。こちらの方は首尾よく実現した。小倉食堂のカレーライスはラーメンとのセットメニューで、700円という安さだ。カレー単体では500円なので、セットメニューの方が圧倒的に得だ。でも僕は余り腹一杯になりたくなかったので、カレーライス単品があって助かった。まさに利害が一致した。懐かしい味の中に、コクがあるカレーだった。ちなみに先客のオジサンたちは、鍋焼うどんを食べていた。寒い季節がやってきた。


X-PRO2 / XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS
『写真』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 食品市場の奥は迷宮だった | トップ | 青森・浪岡を歩く~嘆くこと... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (明智)
2017-10-20 10:49:51
黄色い看板がとても印象的で、全体的にも味わい深い建物ですね。
私はそういった場所にはなかなか入れないタイプなんですが、
6x6さんはいつもさりげなく挑戦されてますね。
ちょっと羨ましかったりします。

そのカレーもレトロな味がしそうで、食べてみたいですね。
それに福神漬けがいいですよね。私のいつもいくカレー屋さんは
ピクルスがついてきます。福神漬けの方がいいです。
Unknown (のぼる)
2017-10-20 17:14:34
とても風情のある建物ですね。
さいきん我が街でも「食堂」と名の付く飲食店が少なくなりました。
「昭和食堂」というチェーン店ができる時代ですからね・・・。
木村伊兵衛氏は撮影旅行中の昼食は決まってカツ丼で。理由は「全国どこに行っても外れナシ」だったからだと何かで読んだことがありますが、個人的には、玉子丼です。
Unknown (ariari)
2017-10-21 00:38:36
ああ、とうとう行きましたか。。。二度訪問したのに定休日ばかりで。
これはいいですね、外れない味のようです。昨日、大盛りが有名な店で晩御飯を食いましたが、大盛りはやめて普通盛りのカツカレーにしたのに、おぐらのカレーの三倍ほどの劇盛でエライ目にあいました。
次回こそ、ここでカレー食いたいです。でも、大館まで我慢しそうで。。。
明智さん (6x6)
2017-10-21 07:09:22
秀逸な看板ですよね。結論から言えば、ここのカレーは当たりで、もう一回行きたいくらいです。

田舎または地方部は、飲食店の選択肢はそれほど多くありません。結局コンビニで何か買うことも度々です。
そこで、どこかの町に行けば、面白そうだったり、昔からありそうな店にチャレンジします。たまに大外れもありますが、それも含めてエンターテイメントなんです(笑)。
外れでもオーケーの精神でいくと、結構当たります。都会では通用しない論理ですけど。

追伸:福神漬け、賛成です。
のぼるさん (6x6)
2017-10-21 07:13:52
確かにカツ丼の安定感は異常ですよね。まずくて食べれないカツ丼って一度も遭遇していません。って、今日の昼食はカツ丼になりそうです。

でも一方で、外れかもしれないというドキドキ感がたまらない面もあります。ちなみに僕の家人は、僕以上にチャレンジャーです。
師匠 (6x6)
2017-10-21 07:16:40
行きました!
本当に旨かったです。多分ラーメンとセットを前提にしているようでした。単品では量は少ないですが、その日の僕にはぴったり。
味も無茶苦茶旨い家庭のカレーといった感じで、嫌いな人はいない味です。コクもあります。

追伸:浪岡も歩いてきました。

コメントを投稿

街:青森」カテゴリの最新記事