No Room For Squares !

レンズ越しに見えるもの または 見えざるもの

そこから消えたモノ

2017-02-13 | 
<消失してしまった秋田長屋酒場秋田駅前店>


<2016年6月時点>




<斜向かいの解体跡地>


<2015年1月時点>


昨日掲載したのと同様、JR秋田駅前の写真である。昨日のものは、変わりそうな予感はあるけど、変わらぬ駅前の姿だ。そして今日の写真は変わってしまった姿。実は半月ほど前に、JR秋田駅にほど近い居酒屋が火事で全焼した。ニュースで知ってはいたが、先月末の仕事が忙しい時期でもあり、詳細を知ったのはつい最近だ。その建物は良く撮影して当ブログに何度も掲載している居酒屋だった。壁面に巨大なナマハゲの顔が飾られ、入り口には2体のナマハゲが立っている名物居酒屋だ。幸いなことに営業時間外の火事であり、けが人などは発生していない。そして、火事とは関係ないようだが、その向かいにある古い建物も解体されてなくなっていた。こちらも何度も何度も撮影した建物だ。

万物流転、それを哀しむより、今ある姿を少しでも記録していこう。そう思わせる出来事だった。頭の中にクッキリとそれを記憶できのであれば、別に写真というメディアでなくてもよいし、カメラというデバイスを使わなくても良い。にもかかわらず写真を選ぶということが、逆説的に写真の可能性を証明しているような気がする。下段の方の写真は、もう解体されることを自分でも予想していたようで、下記のような記事を書いていた。その通りになった。

○やがて消えゆく眺め哉(2015年1月5日)


X-PRO2 / XF14mm F2.8R(現在)
LEICA M9 / SUMMICRON M35mm ASPH(過去)
『写真』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« いまそこにあるモノ | トップ | 蔵開きの日 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (上総)
2017-02-14 00:22:44
日本中どこに行っても、同じ店(コンビニを含む)、同じメニュー。そんな淘汰の波が進む中。
御当地ならではの味(と文化?)を伝える店は貴重だと思います。
火事で幕を閉じるとはホント残念ですよね。
上総さん (6x6)
2017-02-14 19:01:16
居酒屋さんは、グループで数店舗あるらしく、他では営業継続中のようです。
でもここ、一回も行けていないんですよ。
下段の方は、寿司屋さんは小さなお店を建てて営業継続中でした。

いずれにしても、新潟のように大事に至らず良かったです。お面は焼けてしまいましたが・・・。
Unknown (ariari)
2017-02-14 22:32:44
あの一帯がとうとう過去のものになりましたね。
個人的にお気に入りの場所でした。
でも、どうすることも悔やむこともできません。
せめて、あの時の、あの空気感をとどめておきたい。
ぼくたちはそれしかできないですね。
師匠 (6x6)
2017-02-15 18:51:24
はい、とうとうです。
この一帯から市民市場までの界隈の建物は、結構解体されつつあります。
ドヤ宿(ホテル)も、飲み屋ビル一棟も無くなり、再開発の予感があります。

> せめて、あの時の、あの空気感をとどめておきたい。ぼくたちはそれしかできないですね。

全く同感です。そうします。

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL