No Room For Squares !

レンズ越しに見えるもの または 見えざるもの

悲報・またも骨折する

2017-09-13 | その他
僕は子供の頃、鉄棒から落ちて骨折したことがある。ヤブ医者にかかり、「脱臼です」と診断され何回も腕を引っ張られた。あまりの激痛に叫び声をあげた。このままでは殺されると、僕は病院から逃走したのである。当然あとで親から激しく叱られたが、「絶対に診断が間違っている。何があってもあの病院にはいかない。あそこに行く位なら腕がなくなる方がましだ。」と僕はきっぱりと言ったそうだ。あまりの剣幕に、親があとで大きな町の病院に連れて行くと、やはり骨折だったそうだ。もう一回ヤブ医者から腕を引っ張られたら間違いなく手術になっていたという。そのまま医療に目覚め医者を志せば面白いが、むしろ医者嫌いの人間になった。そのトラウマ事件以来、僕は骨折することも、入院することもなく過ごしてきた。ところが近年になって、しょっちゅう骨折をしている。すべて不注意による事故で、すべて手足の指の骨折だ。調べてみた。

①2010年 右足人指し指(脱臼)
②2011年 左手小指剥離骨折(手術)
③2012年 右足薬指(ひび)
④2015年 左足人差し指(ひび)
⑤2017年 右足薬指(ひび) ←New!


もう馬鹿としかいいようがない。そして5回目の今回は、右足薬指のひびであり、2012年とは別の部位である。これだけ多いと、骨に異常があるのではと心配する向きもある。でも原因は骨の弱さではなく、圧倒的な不注意である。原因は書きたくもないけど、球技だったり、怒りに任せて何かを蹴ったからだったり、鉄板の上で滑って転んでだったり・・・。今回はひびの程度は軽く、自然治癒を待つことになるが、とりあえずは打撲が酷く指がどす黒く変色し腫れ上がっている。しばらくまともに歩けないかもしれない。せっかくライカMモノクロームを導入したのに・・・。とほほである。


X-PRO2 / XF23mm F1.4R
『写真』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« モノクロの短い旅:未踏の川... | トップ | モノクロの短い旅:岩出山の... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ariari)
2017-09-14 01:40:13
うわー、大丈夫ですか?痛いんでしょうね。
ぼくもよく足の指をあちこちにぶつけて悶絶します。
最近では数年前に肋骨にヒビを入れたのが最後でした。
キャンプの時、テーブルクロスを敷こうとしてテーブルに激しく胸を叩きつけて・・・
どうぞ、ご自愛くださいませ。カメラは逃げないのでゆっくり楽しみましょう。
師匠 (6x6)
2017-09-14 06:25:56
肋骨って・・・。
それと比べれば指は大したことなく思えてきます。
今回はぶつけた瞬間、これはやばいかも?と自覚がありました。痛みより歩けないことが辛いです。

コメントを投稿

その他」カテゴリの最新記事