No Room For Squares !

レンズ越しに見えるもの または 見えざるもの

その瞬間

2016-12-13 | 漁港の猫
初冬の木藪の下に一瞬だけ光が差す。それは儚く弱い光りだった。眼を凝らさないと見つけることができず、瞬きした次の瞬間にはもう消えている。そんな光だった。無駄に高価なズミルックスM50ミリだけど、こういう光を捉えさせたら右に出るものはない孤高のレンズである。


LEICA M9 / SUMMILUX 50mm ASPH

↓応援クリックお願いします。にほんブログ村のランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログ ライカへ
『写真』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 猫に小雪舞う | トップ | 今昔物語 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ライカ (シュタインメッツ)
2016-12-13 21:24:34
フルサイズとAPSCの差もありますが、
ライカのレンズは高価な分、シャープですね。

価格差を考えると、富士は素晴らしいです。
シュタインメッツさん (6x6)
2016-12-14 07:10:23
性質が違うので直接比較は難しいですが、富士のレンズは素晴らしいと思います。カメラを含めて考えれば大抵の場面でライカを上回ります。
でもライカには、この一発芸があります。コストでは割に会いませんが・・・。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL