No Room For Squares !

レンズ越しに見えるもの または 見えざるもの

江戸時代の町並み

2017-05-11 | 








以前にも行ったことががあるが、庄内映画村オープンセットに行ってきた。山間の広大な土地に、宿場町とか農村とか漁村とか、セットとうより町そのものを再現している映画撮影用のセットなのである。さまざまな映画がここで撮影されている。セット間の移動にはバスが咽喉されていて、橋から端までは5キロ近いという本格的なものである。今回は前回見ることのできなかった「宿場町」を見学した。本当に江戸時代にタイムスリップしたような気分を味わった。


X-PRO2 / XF23mm F1.4R
『写真』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 猫レンズ | トップ | 真っ赤なチューリップ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (♪陽ちゃん)
2017-05-11 18:13:55
こんなところ好きです♪
Unknown (上総)
2017-05-12 00:15:37
いつか行ってみたいです。
♪陽ちゃん (6x6)
2017-05-12 06:27:18
最近では木村拓哉の映画とか、ちょっと前では「超速・参勤交代」の大名行列のシーンと同じ場所ですよ。
上総さん (6x6)
2017-05-12 06:28:26
ぜひどうぞ。
1日で全て廻ると、結構ハードかも。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL