No Room For Squares !

レンズ越しに見えるもの または 見えざるもの

雫よもやま

2017-01-30 | 





氷の欠片が線に引っ掛かり、雫を垂らしながら溶けていた。ただそれだけである。僕が撮影した場所はトンネル上の通路となっている。その中から撮影するのだが、そこは「ある猫様」の通路なのである。逃げ足が早く中々撮影に成功しない。僕がこの氷の撮影に夢中になっていると、視線を感じた。猫様が不服というか、ブチギレそうな表情で睨んでいた。カメラを握り返した瞬間、猫様は逃げてしまった。


X-PRO2 / XF23mm F1.4R
『写真』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 見上げた空 | トップ | 駅前の光景 JR羽越本線・新屋駅 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ariari)
2017-01-30 21:26:33
今日の授業で「つらら」を撮っている方がいて、その話で盛り上がりました。
北国の町の象徴でもある「つらら」も、建築の様式でできない建物が増えました。
反面、こういう電線やロープにできるのが面白くてつい撮ってしまいます。
猫様、難しいですね。心を読むうちにいなくなります。
※秋田駅近くの、なまはげの居酒屋さん、全焼しちゃったんですね。。。残念です。。。けが人がいなかったのが幸いです。
師匠 (6x6)
2017-01-31 19:27:53
ごっつい氷柱を撮りたいな、と思いつつ、そう言えばあまりお目に掛からないですね。
こんな欠片でも、何枚も撮ってしまうから不思議です。
あと撮れませんでしたが、猫様は、本当に凄い顔をしていたんですよ。「はあ?はあ?。何なんだよお前」みたいな。

追伸:飲食店の火事というのは何となく聞いていたのですが、あそこだったんですか。知りませんでした。残念です。


コメントを投稿

」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL