No Room For Squares !

レンズ越しに見えるもの または 見えざるもの

天空の緑ヶ丘アパート

2016-10-19 | Ruin
藤七温泉という秘湯に日帰り入浴に行った。ワイルドな露天風呂が有名な温泉である。ちょっと考えられないワイルドさであり、しかも混浴風呂である。風呂の写真は当然撮ることはできない。興味のある方は、「藤七温泉」で検索してみて下さい。さて、温泉に入ったあとは、そこから数キロ先にある「松尾鉱山・緑ヶ丘アパート跡」を見に行った。といっても道路上から写真を撮っただけなので、その手のマニアさんの喜ぶ写真はない。ただ巨大なアパート群を10分ほど眺めて、在りし日の生活を頭の中で想像してみる。それだけである。そして気づいたこととして、この巨大なアパート群の住民は、もしかすると前述の藤七温泉や、ふけ温泉、後生掛温泉などに行っていたのではないかということだ。秘湯はかつて、普通の温泉宿だったのかもしれない。


LEICA M9 / SUMMICRON 35mm ASPH

↓応援クリックお願いします。にほんブログ村のランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログ ライカへ
『写真』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カーブミラー | トップ | それでも町は変わっていく »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ariari)
2016-10-20 20:26:45
藤七温泉も後生掛も大好きですが、泊まったことがあるのは後生掛ですね。あの浴室と多くの湯のバラエティ、なかなかのものです。
で、松尾…実は本当につい最近知人が全く同じ構図で写真を撮っていました。びっくりです。
若い頃、ここは立ち入りが制限されていなくて入ってみたことがあります。
一眼で撮ってないのが悔やまれますが、階段を登ったら崩れたり怖かったです。
屋上まで登ったけど、今ならできません。部屋は昭和そのもの、押し入れに貼られているポスターなどに涙するほどでした。
師匠 (6x6)
2016-10-21 11:47:48
後生掛温泉にお泊まりになられたんですか。羨ましい。僕は日帰りしかしたことありませんが、意外と蒸し風呂が気持ち良かったです。

写真は道路上から全景を撮るとなると、この辺りがベストなのかと。意外と電線と干渉したりしますが・・・。俯瞰した状態で撮りたいのですが、高い場所へのルートが立ち入り禁止なんですよね。
僕も以前内部に入ったことがありますが、もう部屋の床は抜けておりました。2階にはヘタレなので上がれませんでした。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL