No Room For Squares !

レンズ越しに見えるもの または 見えざるもの

夜の弘前を徘徊する

2017-10-16 | 街:青森










ここ数年の僕自身のトレンドとして、小さいけれど重要な変化がある。すなわち華やかなネオンに背を向けて、大衆食堂や場末の飲み屋街に自然と足が向かうようになったことだ。この時期の東北は夜の足が速く、夕暮れ時というものが極端に短い。夕暮れときにはネオンもついていないので、必然的に漆黒の中の照明の写真ばかりを撮ることになる。今回掲載分は、その中でも健全路線。それにしても夜の街を散策することは本当に楽しい。もうキャバクラとかに行っている場合ではないし、行くこともないのである。

追伸:いくら僕が酔狂でも、夜の街中でレンズ交換などしない。一度無料休憩スペースみたいなところでレンズ交換したのである。設定を間違えてEXIFが変になり、レンズ情報が錯綜した。



LEICA M MOMNOCHROME (CCD) / SUMMICRON M35mm ASPH , SUMMILUX M50mm ASPH
『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« Under Construction (工事中) | トップ | こういう飲屋街に痺れるのである »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

街:青森」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL