No Room For Squares !

レンズ越しに見えるもの または 見えざるもの

水沢フィルム

2016-09-19 | 






水沢(岩手県奥州市)のような町を写真に撮るのであれば、フィルムで撮りたいなと思う。でもここ1〜2年、僕のフィルム使用率は激減している。そういえば、イルフォードのXP2がローライ35に入れ放しになっている。そのことを思い出して持ち出した。よく見るとフィルムの残りは数枚しかなかった。最上段のめがね橋を最後の一枚と決めて、歩きながらフィルムを使った。結局撮るのはお気に入りのものばかりだった。それにしても、ローライ35、良い写りである。


Rollei 35S / ILFPRD XP-2

↓応援クリックお願いします。にほんブログ村のランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログ ライカへ
『写真』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 猫隠れる | トップ | 夜のかっぱ小路 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (♪陽ちゃん)
2016-09-20 16:55:32
それにしても、酒飲み五カ条

ひとつだけ守れていませんでした。
未だかつて、自腹でお酒を飲んだことは無いかも・・・・・(苦笑)
♪陽ちゃん (6x6)
2016-09-20 18:03:03
それは羨ましい。
秋田県は、1と2が出来ない県なんですよね。
禁煙はスパッとできたのですが、週一の断酒は中々できず、いつもウジウジしています。
Unknown (ariari)
2016-09-20 19:49:24
水沢はどういうわけか、ぼくもフィルム率が高かったです。しかもRollei35で。いいんですよ、この加減が。
奥州市とはいえ、江刺とはまったく雰囲気の異なる町の合併は難しかったんでしょうね。どっちも寂れてます。
そもそも新幹線の水沢江刺駅と江刺の中心街への交通手段がないとかおかしいですから。
めがね橋の周囲は大好きで、ここを歩くだけで楽しかった…あの幼稚園が健在だった頃は…
師匠 (6x6)
2016-09-21 07:29:36
僕の撮り方では、ローライ35は時に緩すぎることもありますが、はっとするほどシャープなこともあります。その不思議感もたまりません。

めがね橋は、横の幼稚園をフレームから外すため、いつも窮屈になります。
師匠の、あの木造幼稚園時代の写真を見せて頂いた際、もうそれが究極で、あれ以上のものは撮れないと悟りました。
それでも、こうしてたまに楽しませてもらいます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL