No Room For Squares !

レンズ越しに見えるもの または 見えざるもの

市場が終わる頃

2016-10-13 | 

市場の店々のシャッターは締まり、通りからは人の姿が消えていた。ただ一店だけシャッターが半分開いている商店があり、その店頭には柿がまだ並べられていた。柿の色の鮮やかさを見て、「ああもう秋なんだな」って実感した。午後一番の市場にて。

 

X-PRO2 / XF23mm F1.4R

 

↓応援クリックお願いします。にほんブログ村のランキングに参加しています。

にほんブログ村 写真ブログ ライカへ

『写真』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 扉の色 | トップ | 元祖バル »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
14日のご挨拶 (紋狗 悠之輔)
2016-10-14 15:20:47
こんにちは!!で茣蓙居ます。
柿を見るとこの唄を思い出すんです。
聴き比べてください。
昭和32年の歌謡曲です。

https://www.youtube.com/watch?v=-JLojVNBB8k

http://www.youtube.com/watch?v=X0S6PfoLS0A

ほんじゃぁ、また。。。。
紋狗悠之輔さん (6x6)
2016-10-15 07:42:00
東京には10年近く住みましたが、柿の木坂には行ったことがありません。
歌の当時と今では、かなり様子も違うでしょうが、行きたくなりますね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL