No Room For Squares !

レンズ越しに見えるもの または 見えざるもの

嗚呼、幻の銀水食堂は遠くにありにけり

2017-10-18 | 街:青森




今回の弘前行きで叶えたいことの一つとして、「銀水食堂」で夕食を取るということがあった。銀水食堂は弘前中心地にある大衆食堂で、僕好みの店構えだ。何度も撮影させてもらっているのに、一度も食べたことがない。弘前には何度も来ているのに、夜は飲みに行ってしまうし、昼は繁華街にはいない、だからなかなか食べることができなかったのだ。今回こそ千載一遇のチャンスである。事前に下見をしたのが一枚目の写真。よしよし営業しているなということで、怪しい路地裏の写真なんかを撮りに行った。それが想像以上に楽しくて時間を食ってしまった。戻った時点で営業時間はとうに過ぎ、シャッターこそ半開きだけど明らかに閉店していた。これをこじ開けて、「なんでも良いから食べさせてくれ」などという部太い神経はないので、今回も断念した次第である。銀水食堂は遠くにあるのではなく、僕が馬鹿なだけだ。

追伸:結局、焼き鳥屋で一人飯をした。田酒(でんしゅ)も置いてあり、結局は本格的に飲んでしまった。


LEICA M MOMNOCHROME (CCD) / SUMMICRON M35mm ASPH
『写真』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 林檎の実は青森の花だ | トップ | 食品市場の奥は迷宮だった »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ariari)
2017-10-19 01:15:55
残念でしたね…惜しいことを。
でも弘前は秋田からそう遠くないですし。
雰囲気がある食堂なので入りたいですね。
因みに青森のお酒で今いいのは七力だそうです。
地元で愛されているお酒だとか。
師匠 (6x6)
2017-10-19 06:22:25
惜しいことしました!
負け惜しみをいえば、もう少し寒い時期に「鍋焼きうどん」を食べろということかもしれません。

追伸:悔しく翌日の昼食に、別の良いところに行きました。師匠のブログで教えて頂いた場所です。
Unknown (carmenc)
2017-10-19 23:47:25
名前がいいですね!
定食なんかも色々あって美味しいんでしょうね
ちょっと一杯熱燗もいいですね

carmencさん (6x6)
2017-10-20 06:24:35
その昔は、ナイター中継と競馬新聞のオジさんで賑わったのでしょうが、今は逆に空いているうえに静かな客が多そうで、居心地良いかなと想像しています。
ビールか熱燗か、悩みます。

コメントを投稿

街:青森」カテゴリの最新記事