No Room For Squares !

レンズ越しに見えるもの または 見えざるもの

異形の世界

2016-12-07 | 




最近は上山に行った際には、必ずこの豊川稲荷に立ち寄る。僕は以前に京都市の伏見区に住んでいた。伏見稲荷が好きだった。あんな神秘的な場所はそうそう存在しないことを今更ながら知ったのだ。豊川稲荷は当然規模は小さいけれど、人外のモノが棲む異界の世界を垣間見れそうな気がしている。そう簡単に、その世界を見ることは敵わないだろうし、いわんや写真を撮るなんて・・・。でもいつかその刻が訪れることを信じようと思う。



X-PRO2 / X23mm F1.4R 

↓応援クリックお願いします。にほんブログ村のランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログ ライカへ
『写真』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« かみのやま=よもやま | トップ | 12月のプランター »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ariari)
2016-12-08 03:12:38
上山行きたいですねえ…何度も拝見する度に恋い焦がれます。一度しか行けなかったこと、たいして撮る時間がなかったこと…それに、必ず立ち寄れるこういう場所はいいです。
伏見稲荷の持つ独特の色ってありますよね。札幌にもあるんですが、あきらかに他の神社とは違う空気とか湿度とか何かを感じます。
同じ町を何度訪れても飽きない手法、それは「あと一歩いつもより寄る」という撮り方、自分ではそこですね。
師匠 (6x6)
2016-12-08 08:03:09
京都には一生かけても撮り切れないほどの町風景がある筈なのに、住んでいるときは「もう行くところも、撮るものもねえーな」なんて思っていました。
これが僕の欠点なんですね。上山も初めて行ったときは感動し、その後も愉しんでいたのですが、あるとき停滞というか飽きがくるんですね。全く撮り切っていないので、「あと一歩よる」ことで再挑戦します。

追申:この鳥居の色はもっと考えないといけなかったです。前回ライカで撮ったときは、WBが不安定で結果オーライで良い色が出たのです。

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL