No Room For Squares !

レンズ越しに見えるもの または 見えざるもの

駅前の光景 JR米坂線・小国駅

2017-07-15 | 駅前の光景














JR米坂線で新潟側から山形に入ったところに小国町はある。山間の地だ。せっかく越後下関まで来たので、少しだけ小国町の様子を見に行った。失礼ながら、想像よりも大きな町で、想像よりも大きな駅だった。山形県という括りで見れば、辺境の町であり、県庁所在地から一番遠い場所ではないかと思う。でもここは新潟県との県境近くであり、古くから交易が行われた街道であることは想像がつく。
「せっかくだから〜少しだけ」という舐めた気持ちで来たので、町の懐に入ることができず、駅前の光景を捉えることすらできなかったように思う。でも、まだまだこういう町、こういう駅があるのかと思うと、生きていく希望が湧いてくる。中々来れる場所ではないけど、いつかまた来るその日に、また写真撮影に挑戦させてもらおう。その時に、クマ駅長と再会したいと思う。



X-PRO2 / XF23mm F1.4R
『写真』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 新潟交通・殿岡バス停 何と... | トップ | 商店ノスタルジー »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ariari)
2017-07-16 00:11:47
先日新潟へ行ったとき、一日だけJRの「えちごワンデイパス」というフリー切符を使いました。
新潟を起点に東西南北あちこち回れて1540円。しかも小国も行けるんです。新潟から1490円かかるので元は取れますね。なので越後管内といってもいいんでしょうか。
文化圏は確実に村上なんでしょうね。そういう土地はけっこうあります。
師匠 (6x6)
2017-07-16 07:41:07
ここをずっと下っていくと、赤湯温泉に着きます。米沢と越後の動脈だったんでしょうね。
立地自治体と文化圏が異なる地、これは僕も興味あります。青森の深浦の海沿いの食堂のオバちゃん達は全て秋田から通勤していると知ってビックリしたことなど・・・。

追伸:フリー切符良いですね。調べてみます。

コメントを投稿

駅前の光景」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL