No Room For Squares !

レンズ越しに見えるもの または 見えざるもの

新潟交通・殿岡バス停 何と表現すれば・・・

2017-07-14 | バス停








X-PRO2を使い始めてから丸一年が経過し、2回目の夏が来た。デフォルトからホワイトバランスとシャドー部強調の部分を飼えている。1回目の夏は、ほぼ初期設定状態だったので、この夏は少し戸惑っている。ダイナミックレンジの設定を最近「オート」にしたこともあるかもしれないが、陰影がつき過ぎて、乾燥した画像になってしまう。早々に調整したいと思う。

さて、写真は新潟県村上市(多分)のバス停だ。これだけ趣のある待合室は滅多に残っていない。駅も同様で、昔のものは無駄に大きいところが良い。あまりに小さいと、どうせ利用客なんていないでしょ。みたいな諦め感が漂う。このバス停に座れば、独りで4000CCの大排気量セダンに載っているような贅沢感が味わえるはずだ。


X-PRO2 / XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS
『写真』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« I Still Remember You ~猫の... | トップ | 駅前の光景 JR米坂線・小国駅 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
時刻表 (明智)
2017-07-14 13:19:23
時刻表がとても気になります。
どんな間隔で運行されてるのだろうって。
きっと、時間にも大らかなのでしょうね。
明智さん (6x6)
2017-07-15 06:55:12
バスの本数は大体想像通りで、2路線あって、それぞれ1日4本づつでした。
予想外だったのが、この田舎の道の交通量が意外と多くて、車を停めて撮影していたら思いっきり交通障害になっていました。
なんで?と正直思いました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL