No Room For Squares !

レンズ越しに見えるもの または 見えざるもの

古き宿

2017-05-15 | 温泉・宿












一見さんが宿泊するには勇気が要りそうな宿だけど、その筋(旅人や湯治客)からは絶賛されていて、数十年来の顧客を持つ宿である。「この風呂に入ればどうなるものか、迷わず入れよ。入れば分かるさ、ありがとー」なのである。


X-PRO2 / XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS

『写真』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« なまこ壁と猫とライカ | トップ | 蔵を見学する人 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
味わい深い (明智)
2017-05-15 11:03:49
すごいですね。
入るのにちょっと勇気がいるような感じです。
でも、レトロなマッサージチェアやサッポロビールの古い文字など、
なんとも味わい深いものがありますね。

6x6さん、入浴されたのですか?
明智さん (6x6)
2017-05-15 16:40:38
写真で見ると確かに勇気がいりそうですが、実際はもっと快適でした(笑)。
当然入浴して、気持ち良かったです。何というか実際はもっと清潔なんです。黒いのは湯の成分で、汚れではなく・・・。

追伸:部屋を取って半日休憩コースにしました。立ち寄り湯は、宿泊客が一人でもいたら受け付けれません。すべて利用者が快適に過ごせるようにです。風呂がかち合わないとか、部屋のセキュリティとか。
Unknown (ariari)
2017-05-15 17:33:52
素晴らしいですね。ぜひ泊まりたいです。こんどこっそり教えてください…笑
Unknown (上総)
2017-05-16 00:20:27
おもてなし?も以前と比べると質量共に充実。なのでしょうが、
浴場が小さいなら。洗面所が共同なら。
挨拶があって、袖刷りあうも多少の縁。的な事が期待できそう。


師匠 (6x6)
2017-05-16 06:29:48
以前に書いた「黒湯の高友旅館」の向かい側にあります。温泉の宝庫なんです。
素泊まり4000円(税別)程度で、宿泊者しか入れない湯船もあったようです。

追伸:お湯はサイコー
上総さん (6x6)
2017-05-16 06:34:56
旅館的には嬉しいことではないかもしれませんが、宿泊者が少ないので意外とお風呂で鉢合わせはないんですよね。大抵独り占めです。
湯船が三つあるからしれません。でも廊下で会った時とかは親密感があります。同志みたいな。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL