晴れた日に光る雲のむこうで

のんびりまったり主婦のつれづれ日記

癒されるね

2017年05月24日 | 日記
バラの季節だ。
バラにはトゲがある。バラは気高いイメージ。そして華やかだ。
結婚してからそして歳を重ねる毎にすっかり地味になった私とは程遠く、そして似つかわしくない花。

それでもやはりバラは大好き。うっとりと幸せな気分になれる。その香りも大好き。

今朝突然思い立って、近くのバラ園のある公園に行ってきた。

昨年は、息子が上京してしまって淋しい思いをしている時に、久しぶりに夫婦水入らずででかけた公園だ。その帰り、公園のすぐ隣にある大学を見学しながら、こんな近くの大学に入学してくれれば淋しくなかったのにねと笑って話していた覚えがある。

今年は満開の時期に行きたいとは思っていたけれど、気がついたらバラの一番の時期が過ぎようとしていた。思い立って一人で出かけることにした。

バラ園は、満開をきもち過ぎた頃だけど、本当に綺麗だった。私の一番好きな、蕾が少しだけ開いた状態のものもまだ何種類か見ることができた。

バラの香りに包まれながら、いろいろな種類のバラを見て回った。とても幸せなひととき。スマホだけれど写真もたくさん撮った。

歳を重ねる毎に、一層お花が好きになってきた。お花を見ていると癒される。時々、花を買って飾ったり、野の花を摘んで飾ったりしている。

結婚前は、時々花束をもらう機会があった。今思えば嘘のようだけれど、ある時は、部屋じゅういくつもの花束で囲まれたような華やかな時もあった。

結婚後、初めての誕生日に花束を買ってきてくれた夫。すごく嬉しかったけれど真夏の猛暑の時で、花が長持ちせずもったいないなあなんて現実的なことを思ったことを覚えている。

もうずっと花束をもらったことがない。
以前に比べて花が一層好きになった私。
花より団子ではなく、団子より花になった私。たまには、一輪でもいいから人から花をプレゼントされたいなとずっと思っていた。
この半年間、夫にもことある毎にアピールしてきた。
でも釣った魚にはエサをやらないのか、それとも鈍感なのか、花をくれることはなかった。他にも欲しいものをアピールしたけれど撃沈。高価なものでは全くないのだけれどね。今年は、結婚記念日さえ何もなかったな。後でちょっぴり請求したけれどね。

そんなこんなでこの半年間は、花を買いたくても鉢植えのものだけにしていた。
先日の母の日に、自分でカーネーションを買ってしまおうかしらとも思ったけれどやめておいた。
けれど、しびれを切らしてとうとうバラを買った。一輪だけ、大輪の白いバラ。
それを毎日、自宅で見ているだけで幸せな気分になれる。何故こんなに美しいのだろうか。これからもっと咲こうとする勢い、そしてやがて枯れていくその儚さが一層美しくさせるのだろうか。
スマホに収めた写真のバラを見るだけでも幸せな気分にひたれる。

今度はユリの季節。また見に行こう。楽しみがひとつ増えた。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 母の日 | トップ | シクラメンが咲いた! »

コメントを投稿