ゆく川の流れ

常におなじものはない

単身赴任(金)

2017-05-19 15:30:30 | 日々の事
我が夫はかつて7年間単身赴任をしていたことがある。

だけど暇があればよく家に帰ってきた。

まるで私が実家に行く時楽しそうにするように。

今日の新聞に「既婚男性の単身赴任」という記事が載っていた。

それを読んだら思い当たる事が沢山あった。

まず単身赴任を嬉しいと思う人が3割。

寂しい派が7割だということ。

嬉しい派の理由は「羽を伸ばして遊べる」が最多だった。

寂しい派の理由の最多は「子供に会えない」で6割だった。

「妻に会えない」は2割とちょっと寂しい結果だった。

しかしそういう人でも「妻の手料理」が最も恋しかったという

結果が出ていて掃除や洗濯を上回っていた。

やはり結婚は相手の胃袋をつかめと言うのは本当だった。


誕生花:ヒナゲシ雛罌粟・ケシ科)


花言葉:慰め

私:「ひなげし」の漢字が難しいと思ったのでおおきくした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« お化粧するということ(木) | トップ | 初夏の日差し(土) »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む