ゆく川の流れ

常におなじものはない

「音戸の舟唄」(月)

2017-03-20 12:01:16 | 名曲アルバム
今日は午前中名曲アルバムの「音戸の舟唄」を見た。

この歌は広島県民謡でとても有名な歌。

広島に親戚がいた時遊びに行ったことがある。

しかし、私はこの民謡を「名曲アルバム」で初めて知った。

呉市と音戸町とを結ぶ。

海峡の長さは1キロ、幅は最も狭い所で80メートルほど。

高校生の通学にも使われているそうだ。

明治時代中頃の様子も写っていた。

この『音戸の舟唄』を広島県を代表する民謡にまとめあげ、

広めたのは、音戸町出身の故高山訓昌名人だということである。



誕生花:スミレ(菫・スミレ科)

誕生花:誠実・真実の愛

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
庭師さんは先ほど帰って行った。

庭がとてもきれいになった。

が、この後の除草剤の撒き方を教えて

頂いたがこれが大変なことのようだ。

来月から半年ごとに二年間続けるように

ご指導いただいた。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« やはり (日) | トップ | 成長(火) »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む