ろくすけの長期投資の旅

投資を学び、資産と自分自身の成長を
追及していきます

今月の売買(17年7月)

2017-07-31 21:36:40 | 今月の売買
今月の売買です。


【購入】

無し


【売却】

3198 SFPホールディングス(全部売却)

… 1Qの好業績と自社株買いをきっかけとした大幅上昇の中で売りました。あまりこちらのお店に足を運ばなくなったというのもあります。


やることがありません。
今月はノートレードにしようかなとも思ったくらいです。

前月に引き続きほぼ休業状態。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

ポチッとお願いします
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鷲倉温泉(1)~17年7月岩手・福島温泉旅行記その9

2017-07-29 23:39:23 | 鉄道旅行~東北


宮城県をすっ飛ばしまして、福島駅です。



お昼は駅から歩いて行けるラーメンの人気店「くをん」さんへ。
暑さに負けないように、スタミナ補給ということで。

ところで「エロいラーメン」って何なんすかね?



野菜つけめんです。

スープは甘辛で脂っこく濃厚、私的には野菜が入ってちょうど良い加減となり美味しかったです。
柔らかチャーシューもたっぷり入っていてイイ!



うどんか!?って感じの超極太麺で、かなり食べ応えがありました。



ここからは観光路線バス「スカイライン循環線」に乗ります。
磐梯吾妻スカイラインを通って、また福島に戻ってくる路線です。



福島の温泉地を巡るルートとなっております。
土湯温泉・野地温泉・新野地温泉と来て・・・



本日宿泊の鷲倉温泉で降ります。



館内はキレイです。



部屋も1人にはもったいない広さ。



窓からの眺めは今一つでしたが、標高1,230mに位置するだけあってとても静かです。

福島県で一番標高が高い所にある温泉だそうです。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

ポチッとお願いします
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

須川高原温泉(3)~17年7月岩手・福島温泉旅行記その8

2017-07-26 23:58:16 | 鉄道旅行~東北
平常運転(?)に戻ります。
旅行記の続きです。



7/8(土)、旅行2日目の朝。

やはりすごいロケーションにある宿だなと改めて思います。



岩手県の西南端にあるとはいえ、遥か向こうに鳥海山が見えるのにはちょっと驚きました。





朝食は温泉玉子が美味しかったです。



宿の前のワイルドな足湯。
緑色に変色した川底が凄い!



栗駒山への登山口を少し登ると源泉があり、そこから温泉川が流れてきて足湯へとつながっています。



いやあ、凄い温泉!はるばる来た甲斐がありました。

これから一ノ関へ戻ります。



奥羽山脈から離れていきます。



一ノ関からは新幹線で福島へ。

今回はローカル線乗車はほとんど無し。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

ポチッとお願いします
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「稼ぐ人の株投資 億超えの方程式 12」に掲載されました。

2017-07-24 19:50:05 | 投資日記
有名なこちらのムックの明日発売分に、私も掲載されることとなりました。

稼ぐ人の株投資 億超えの方程式12 (稼ぐ投資)
クリエーター情報なし
standards


もうシリーズ12回目になるのですね。

これまで登場された方々は、マルチモニターとにらめっこしながらガシガシとトレードする方が多いイメージがあったので(後で確認したら、実際はそこまででも無かったのですが)、取材のお話をいただいた時は「私でいいのかな?」とも思いました。

ただ、「資産成長は程々で良いので個別株に投資してみたいけれど、そこまで時間と体力はかけたくない」という投資スタンスの方も、世の中に潜在的には相当数いらっしゃるのではと思い直し、そういった読者の方々をイメージしながら自分のスタイルを紹介させていただくことにしました。

追求可能なパフォーマンスは人それぞれで、横一線で比べるようなものでもないと思います。
中にはゆったりとしたペースでやる人間がいてもいいのかなと。

概ねこれまでブログに書いてきたことが中心ですが、初めて話をさせていただいたこともありますので、ご興味がございましたら手に取っていただけるとありがたいです。

凄腕ファンドマネージャーの苦瓜達郎さんと同じ号に掲載していただき、嬉しい限りです。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

ポチッとお願いします
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

含み益に耐える。

2017-07-23 00:55:03 | 投資スタンス
「え?『含み損』じゃなくて?」と思われるかもしれませんが、私にとっては含み損より含み益とどう付き合っていくかの方が悩ましい問題です。

含み損に関しては、エントリーのタイミングの不味さとか、銘柄に対する勘違いを素直に認めさえすれば良いので、ある意味気が楽です。
損出しすることで、税負担の軽減にもなりますし。

一方で含み益に関しては、銘柄選択が成功しある程度軌道に乗った中で、「いつ益を実現化し、パフォーマンスを確定させるか」を自らの判断で選択しなければならないという辛さがあります。

「利益が幻と化すかもしれない」という恐怖と常に戦いながら保有することになりますし、売ったら売ったでその時は楽になりますが、後で「もっと利益を得ることができたはず」と自責の念に駆られることもしばしば。

「利食い千人力」「頭と尻尾はくれてやれ」という相場格言がありますが、私にとってはむしろ「株の儲けは我慢料」という邱永漢さんの言葉の方がしっくりきます。

では、どうしたら我慢して含み益に耐え、利を伸ばすことができるのか。
私が採っていてうまく行っている方法は、以下の2つになります。

1.年率のパフォーマンスではなく、資産額の推移を意識する。

私の保有している日本株の時価は、平均すると簿価100に対して250(含み益は150)となっています。
これを全て売ったとすると、含み益に対して税金で2割(=30)持っていかれますので、時価がいきなり220に減ってしまうことになります。

この「資産がダイレクトに減ってしまう」というのが結構な抑止力となりまして、銘柄の入れ替えに関しては年々臆病になってきております。

減った税金分を確実に取り戻せそうな銘柄を見つけるのは一苦労。
銘柄探しに熱心ではなく監視銘柄も少ない中、自分の琴線に引っかかる銘柄が現れるのをひたすら待つという、「探さない、待つの」のブルゾン流投資法を行っている者としては、できるだけ入れ替えによるリスクを採りたくないのです。

入れ替えるとしても、含み損を抱えていたり、含み益が比較的小さなものから売るようにします。
こうすることで、結果的に含み益が大きなものが残りやすくなります。

2.将来価値と比較する。

今みたいにPERが切り上がってくると、安値覚えでついつい売りたくなってしまいます。
そんな時は将来の利益及び株価を予想して、そこと現在の株価とを比較します。
安定成長が見込まれる銘柄であれば、旬のテーマ株を追ってでもいない限り、だいたい「先々まで考えたら、割高とまでは言えないな」という判断に落ち着きます。

「買い」は現在の割安さから、「売り」は将来の割高さで、といったイメージでやっていると、含み益に対する許容度が増して利幅が大きく取れる気がします。

新しいガム、食べたくない?いや、結構です。。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

ポチッとお願いします
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

須川高原温泉(2)~17年7月岩手・福島温泉旅行記その7

2017-07-20 21:44:35 | 鉄道旅行~東北


かなり大きな内風呂です。
東北ならではの木造のお風呂は気持ちが良いですね。



露天にもつながっております。
こちらはやや温めでした。



ph値2.2ということでかなり強めの酸性ですが、刺激は程々で入りやすかったです。

やはり登山帰りが一番いいんだろうなあ。
次来るときは、絶対栗駒山とセットにします!



日が暮れまして。



夕食です。





量的に若干寂しい感じ。



メインの豚肉の陶板焼きです。



一番美味しかったのは、なめこの味噌汁だったかも(苦笑)



デザートです。

温泉が非常に素晴らしいだけに、料理の平凡さが実に惜しいですね。



寝る前に自炊棟にある中浴場に入りました。

まず見た目がヤバいですね(汗)
こちらが強烈に熱くて1分間入っているのがやっとでしたが、一番パワーがあり大地の恵みを感じるお湯でした。


《1日目:7/7(金)の旅程》

東京 6:04-東北新幹線・やまびこ41号→8:36 一ノ関 9:10-大船渡線→9:40 猊鼻渓 11:37→12:07 一ノ関 13:00-岩手県交通バス→13:21 厳美渓 15:01→16:26 須川温泉

欲張りな旅程が上手く組めて満足です。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

ポチッとお願いします
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

須川高原温泉(1)~17年7月岩手・福島温泉旅行記その6

2017-07-16 23:31:29 | 鉄道旅行~東北


厳美渓からバスに乗りまして。



秋田県側に向かってぐんぐん上っていきますと。



終点・須川高原温泉に到着です。
栗駒山の北麓に位置する温泉旅館で、標高は1,126m。
岩手県側の登山口にもなっております。

一ノ関駅からのバス(1日2往復)も、ここで一泊します。
乗り通すと1時間30分かかりますので、途中で厳美渓に寄るのが良さげです。

結構大きな宿で47部屋ありますので、建物そのものには秘湯感はありません。



でも部屋へと向かう廊下から見える、ほとんどガレ場のような荒々しい眺めには驚くばかり。
源泉のすぐそばに旅館をこしらえた感じですね。



部屋は至ってシンプル。
テレビの映りが悪いどころか、部屋ではau携帯は全く電波が入りません(廊下にはわずかにキャッチできる場所はありましたが)。



離れにある、名物の大露天風呂へ早速行きます。



溶岩丘である「大日岩」を望みながら、水色のプールみたいな大きな露天風呂に入ります。
毎分6,000リットルに達する湧出量を存分に活かしておりますね。

金曜日だったせいか、独り占めできる時間帯があったのはラッキーでした。

お湯は細かい湯の花で白濁しており、レモンのような強い酸味がします。
疲れた身体には強烈に効く、新鮮さを感じる気持ちの良い泉質ですね。



湯口にはびっしりと析出物が。
なかなか強烈なビジュアルです。

「野趣あふれる」とは、まさにここのためにあるような表現。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

ポチッとお願いします
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

厳美渓~17年7月岩手・福島温泉旅行記その5

2017-07-15 23:10:23 | 鉄道旅行~東北


バスに乗ってやって着ましたのは、須川岳に源を持つ磐井川の中流域にある厳美渓。

栗駒山の噴火によって堆積した岩が、数万年という年月をかけて水流に削られて形成された、まさに自然の彫刻です。



上流方面に歩いていきますと、切り立った崖に荒々しい水流。



名物の「空飛ぶだんご」(郭公だんご)です。

ロープに下がる籠に注文と代金を入れて木槌を鳴らすと、対岸のお店に籠が引き上げられ、代わりに注文しただんごとお茶が入って降りてきます。
まあ私は一人で頼むのが申し訳ない気がして、他の方が注文するのを見ているだけでしたが(苦笑)



下流の吊り橋へ。



吊り橋の上から望める、奇岩怪岩に挟まれたエメラルドグリーンの流れも素敵です。



外は滅茶苦茶暑かったのですが、涼しげな水の流れる音に救われます。



市街地からはさほど遠くなくバスの本数も十分。
遊歩道も整備されていて気軽に自然を楽しめるのが良いですね。

厳美渓と猊鼻渓がありまして紛らわしいですが、共にオススメの渓流です。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

ポチッとお願いします
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ひと口もち膳~17年7月岩手・福島温泉旅行記その4

2017-07-14 23:16:44 | 鉄道旅行~東北


猊鼻渓の帰りに薬王堂の店舗にも寄ってみました。

地域の生活便利店&ローコスト運営(照明が暗い(笑))といったイメージで、この店舗からだけではドラッグストアとしての強みは特段感じられませんでした。
恐らく、東北ローカルとして、他のチェーンが二の足を踏むような場所でも平気で出せる立地戦略で伸びてきたということでしょうね。



駅に戻ってきました。
やはりここでも藤棚です。ベストシーズンは5月かな。



一ノ関に戻りまして、昼食です。

一ノ関に食べ物のイメージが無かったので事前に調べたところ、餅が有名なよう。
ということで、「ひと口もち膳」を提供する三彩館ふじせいさんにお邪魔しました。



9仕切りの松花堂にひと口大のお餅が8個。
ちょっとずついただけるのが嬉しいです。



説明書き。

私は甘党なので、このラインナップには大満足。
特にずんだもちは今までいただいた中で、一番美味しかったです。
意外とえびもちも良かった。



お雑煮も付いてきます。

一ノ関に行かれることがありましたら、ぜひ食べていただきたいです。





ここからはバスに乗り、一ノ関駅を後にします。

まだまだ知らない名物がたくさんあります。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

ポチッとお願いします
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

17年6月末の資産状況

2017-07-13 21:54:23 | 資産状況
17年6月末の資産状況です。

08年03月 100.0
08年06月 106.8
08年09月  92.6
08年12月  82.6
09年03月  85.1
09年06月 102.5
09年09月 111.8
09年12月 119.3
10年03月 128.4
10年06月 124.1
10年09月 127.9
10年12月 147.3
11年03月 148.8
11年06月 160.5
11年09月 156.1 
11年12月 163.8
12年03月 194.3
12年06月 204.9
12年09月 216.4
12年12月 254.3
13年03月 367.8
13年06月 445.8
13年09月 487.6
13年12月 536.7
14年03月 570.0
14年06月 588.8
14年09月 660.5
14年12月 736.1
15年03月 842.2
15年06月 891.2
15年09月 836.8
15年12月 944.1
16年03月 747.4
16年06月 667.3
16年09月 635.9
16年12月 671.7
17年03月 726.7
17年06月 836.4

この3ヶ月は全般的に相場も良かったですし、リロちゃんと中位の銘柄が貢献してくれました。



大口出金分を取り戻せる希望が少し出てきたかもしれません。

次に資産の内訳です。



ベトナム株を売って日本株を買ったので、金融資産の約9割が日本株という、相当激しい状況になってきました。
さすがにもうこれ以上は買い増す予定はありません。

とは言え、将来価値からして保有銘柄が割高とも思わないし、目先お金を使う予定も無いので、何もしない日々が続いています。

米国株も買う気がしません。一足早く夏休みモードです。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

ポチッとお願いします
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加