ろくすけの長期投資の旅

投資を学び、資産と自分自身の成長を
追及していきます

今月の売買(11年10月)

2011-10-31 23:16:44 | 今月の売買
昼飯もカレー、家帰ったら晩飯もカレー・・・

こんばんは。カレー臭の気になるお年頃の、ろくすけです。

さて、今月の売買です。

【購入】

8935 エフ・ジェー・ネクスト(新規)

… 9/30付の約定です。先月分のまとめを1日早めてしまった関係で、載せ損ないました。
  今月分で忘れずに記載しておきます。
  確かエルレーンさんに優待利回り的にオススメいただいたのがきっかけで、購入に至りました。
  
6630 ヤーマン(追加)

… 立会外分売に申し込みました。意外と人気があって、予定数量は買えませんでした。
 
3634 ソケッツ(追加)

… 芽が出ると信じて、種まき。

6140 旭ダイヤモンド工業(新規+追加)

… たまには製造業ということで。急落していたのでキャッチしてみました。
  元・第一カッター興業の株主として、気にはなっていた銘柄です。
  景気変動の影響は受けますが、ここは独自製品が強く利益率が良いので純資産が減ることはなかろうと。
  でも、株価の方は今日思いっきり下げちゃいましたね(^^;)

【売却】

3048 ビックカメラ(一部売却)

… 1単元だけでいいので売りました。

3769 GMOペイメントゲートウェイ(一部売却×3)

… 利確の誘惑に負けて、ウェイトを落としました。
  PER40倍超で持ち続けるのは、やっぱりしんどいです。。。

どうもここのところ、投資に対するテンションが上がらないです。
年末に向けて、いったん少し整理しようかな。。。

イー・ギャランティへ質問する時間が無かったです。また暇を見つけて電話したいと思います。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
ポチッとお願いします
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

古賀茂明さんの本を続けて読みました

2011-10-30 23:59:59 | 読書
経済産業省の現役官僚(当時)の身でありながら、官僚批判を綴った古賀茂明さんのベストセラー、
「日本中枢の崩壊」と「官僚の責任」を続けて読みました。

古賀さんは、視野が狭くなりがちな官僚組織の中にあって、自分を貫き通し、
「エリート」としての官僚個人の性質、組織の動きを客観視できる稀有な方です。

今までのどんな官僚批判の本より、官僚の行動原理がよくまとまっていると感じました。

すなわち、権限と予算と天下りポストの3点セット。

内容は重複するものがありますが、2つとも読んで損はないと思います。

日本中枢の崩壊
クリエーター情報なし
講談社


官僚の責任 (PHP新書)
クリエーター情報なし
PHP研究所


麻布高校→東大法学部→経済産業省(大蔵省も内定を得ていた)という
超エリートコースを歩んでいた人間が、公務員制度改革に力を注ぐ。
東日本大震災後、東電と経済産業省の癒着を世間に晒す。

省益ではなく国益。

よほど「正しいことをする」という信念がないと、これらは成し得ないでしょう。
(大腸ガンになったのも、本人にとっては転機となったようです)

このタイミングでこういった人物が表に出てくるということは、
制度疲労がいよいよ限界に来ている(隠し切れなくなった)ということかと思います。
天の配剤といったものも、感じずにはいられませんね。

もしかしたら、日本はまだ間に合うのかも。
そんなことをふと思いました。

いち個人投資家としては、既得権益開放の動き、民間の活力に未来を委ねる流れが生まれることで、
第二のヤマトホールディングスのような会社が数多く出てくることを期待しちゃいますね。

日経ビジネス10/31号「次代を創る100人」でも、その1人に選ばれていました。当然だと思います。
まずは日本が袋小路に陥っている原因を、一人でも多くの人間が知るべきですね。
古賀さんの今後の活躍に期待しています!

「次代を創る100人」の中では、ゼンショーの小川賢太郎社長の悪人ヅラぶりが半端ない(笑)
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
ポチッとお願いします
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ざっと決算を見た印象

2011-10-28 23:58:36 | 投資日記
主要どころの決算チェック。

【7148】FPG

商品出資金が3Qに比べると落ち着いてきたので、ひと安心。
2012/9期予想も、自分が想定していたレベル(+10%台の成長)でした。
IRの出し方を見ると、市場との対話に気を遣っている会社なのかな、という気はします。
あまり過度な期待はせず、ほどほどにお付き合いできれば良いかな。

【3634】ソケッツ

今は「種まき」のステージにあるそうで。
なかなか買いにくい値動きではありますが、私も長い目で見て種まき中。

【8771】イー・ギャランティ

決算をチェックするまでも無いというか。。。無難すぎる。
燃料不足気味ですし、ちょっとIRに気になる点を確認してみようかしら。

【3085】アークランドサービス

この数字で上方修正しないとは、流石の貫禄です(苦笑)

・・・とこんな状況なので、どれも決算の数字を見てアクションする感じではないですね。


ところで、一昨日、相互リンク先のノリさんと飲みました♪

沖縄から東京に上陸し、いったん九州に来てくださって、また東京に向かったようで。
大変恐縮しております。。。お会いしたら、まさに好青年という感じの方でした。

次回は台風のように、ぜひ沖縄→九州→東京の順で巡って下さいね(笑)

九州に来ると、なかなか投資家さんと会える機会も無いので嬉しかったです♪
投資に対するモチベーションの高い、若い人と飲むのはいいですね~
これからはもうちょっと、人に会う機会を増やせればと思います。

ノリさん、ラーメンにおつきあいできなくてゴメンね。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
ポチッとお願いします




コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

【8876】リロ・ホールディング、東証1部指定替え

2011-10-25 23:20:44 | 投資日記
最近ジワジワ上げていた【8876】リロ・ホールディング の11/1付での東証2部→1部への
指定替えが決まりました。
以前からある程度予想はされていましたが、無事実現して良かったです。

最近の事例を見てみますと、JASDAQから東証2部に指定替えとなった銘柄が
あまり時間をかけずに東証1部に上がっていくケースが多い印象です。
(正直、SHO-BIが1部へ行ったのは予想外でしたけど)

ということで、東証2部に上場して間もなく、いま勢いがあるアレとアレについては
東証1部への指定替えを期待しちゃいます。会社の方も意欲マンマンですしね。

一方、気になるのはリロのライバルである【2412】ベネフィット・ワン の株価です。
長期的な下落傾向に伴って、だいぶお値打ち感が出てきました。
B/Sはリロよりすっきりしていますね。
もうちょっと下がることがあれば、配当株として検討しても良さそうです。

昔から持っているJASDAQ銘柄がどんどん追い越されていく・・・。
後輩に出世を先に越されるような感じがして、切ないです。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
ポチッとお願いします
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

休むも相場

2011-10-24 23:33:49 | 投資日記
今月はどうやら「休む」月のようで、株式の売買はほとんどせず大人しくしております。
新しい銘柄も探してはいるのですが、なかなかピンと来るものがないです。
こういう時の「なんとなく」買いは禁物。

そんなこともあって、ブログの方も「休むもブログ」状態(笑)
鉄道旅行に行かないと、ネタ切れを起こしてしまいますね(苦笑)

今週から主力銘柄の決算発表が相次ぐので、しっかりチェックしてコメントできればと思います。

10/26 7148 FPG  
10/27 3634 ソケッツ 
10/28 8771 イー・ギャランティ 3085 アークランドサービス
10/31 3633 paperboy&co. 9058 トランコム

ただ、今期計画に緊張感の漂う【7148】以外は良くも悪くもサプライズはあまりなさそうですね。
そういう銘柄を選んでいるので、仕方ない部分はあるのですが。。。

一方、嫁さんの優待銘柄は順調に増殖中。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
ポチッとお願いします
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ルイス・ガースナー「巨象も踊る」を読む

2011-10-21 00:20:58 | 読書
中央集中型コンピューティングから分散型コンピューティングへという市場の流れに取り残され、
経営危機に陥っていたIBMを、外部からやって来て見事立ち直らせた名経営者、ルイス・ガースナーの著書です。

9年前の本ですけど、もっと早く読んでおけばよかった。。

巨象も踊る
クリエーター情報なし
日本経済新聞社


大企業病、官僚主義、プロセス重視、本社と現場との距離感・・・
こういったものに日々悩まされているサラリーマンにとっては、なかなか痛快な本です。
以下のくだりには、思わずニヤリとさせられますね。

「大きな会議室に案内されて、本社経営会議に出席した。
 本社の経営幹部が五十人ほど集まっていた。女性が何を着ていたかは覚えていないが、
 会議に出席していた男性が全員、白いシャツを着ていたのが印象的だった。
 例外がひとりいた。わたしだけ、ブルーのシャツを着ていた。
 IBMの経営幹部としては、常識を大きく逸脱する服装だったのだ
 (何週間か経って、同じ会議があった。わたしだけが白いシャツで、
  他の全員が色物のシャツだった)。」

- 大きいからこそできることもある -

ガースナーは、ややもすると否定的に考えられていたIBMの規模、多岐にわたる商品構成、ノウハウといったものを、
他にはない総合力=強みとして捉え直し、サービス主体の企業として生き返らせました。

立ち位置を見失ってしまった日本の大企業が見習うべき点は多いです。

ガースナーはマッキンゼー出身だけあって、問題の本質をつかむのが上手ですね。

別にITに精通していなくても、顧客が本当に望んでいる価値
(思い通りのビジネスができるようにしてくれるプラットフォームや、総合的なソリューション)
を起点に物事を考え、それに適合した組織を作りさえすれば、企業を立ち直らせることができる。
専門経営者の真髄を見た気がします。

余談ですが、この時点でクラウドの構想を持っていたのは驚きです。
(まだ時代が追いついておらず、この本でも「雲」と訳されておりますが・・・)

やっぱり未来を描く企業は、投資先として面白いですね。  
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
ポチッとお願いします
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

攻めの銘柄、守りの銘柄

2011-10-19 05:37:27 | 投資スタンス
フレデリック・R・コブリックの本を読み返していたら、そこに書かれていたこんなトルコのことわざが目に留まりました。

 「スープで舌をやけどした経験のある人は、ヨーグルトでも怖がるようになる」 

まあ、ヨーグルトスープなんてものがあって、話はちょっとややこしいんですけども(笑)

自分の日本株ポートフォリオを見ると、安定性を重視しているためにやや保守的というか、
怖がりな面が出ているように思います。

それでもやけどすることはあるので、もうちょっと熱いスープを口にしてみても良いのかもしれないと
考え直しているところです。

先日、ひふみ投信の説明会に行ったときにこんな質問をしてみました。

「ひふみ投信には高PER、高PBRの銘柄が数多く含まれているんですが、
 こういった銘柄を選択する根拠は何ですか?」

藤野さんの答えはこういうものでした。

・「攻めの銘柄」と「守りの銘柄」の両方を意識的に組み入れるようにしている。

・相場の状況に応じて、攻めと守りの比率を変える。
 (9月末の上位銘柄を見ると、守りモードに切り替わってますね)

・「攻めの銘柄」はPER/成長率(PEGレシオですね)の考え方を採り入れている。

なるほど。

相場が強気モードになりつつある段階で、ピカピカの「攻めの銘柄」を一時的に組み入れるのはアリですね。
そういう銘柄も監視しておくことにしましょうか。

低温やけどが散見されるわがポートフォリオ。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
ポチッとお願いします
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

小さくても強い30社

2011-10-16 21:43:09 | 投資日記
予定ではFPGの3日連続ストップ高でウハウハの週末のはずが、
タビオの優待改悪、サンヨーハウジング名古屋の優待廃止まで食らい、
なんとも残念な感じの週末を過ごしている、ろくすけです (´;ω;`)ブワッ

そんな折、定期購読で届いた10/17号の日経ビジネスは「未来を拓くニッポンの100社」という特集で、
その中の「躍進の中堅・ベンチャー30社 小さくても強い会社」の顔ぶれが面白かったので紹介します。

【ニッチ寡占型】(SHO-BIは違う気がしますが・・・)
 パスコ、paperboy&co.、ヤーマン、ダイニチ工業、カネコ種苗、
 ジップヘルスケアホールディングス、セルシス、SHO-BI

【成長産業型】(少子高齢化関連が成長産業とは、若干寂しい気がします)
 JPホールディングス、メディカル・ケア・サービス、
 綜合臨床ホールディングス、日医工、朝日インテック、リソー教育、ツクイ

【地方ドミナント型】(西日本の小売業がこれから熱いのでは?)
 ハローズ、コスモス薬品、丸久、ハンズマン、ティア、JBイレブン

【消費イノベーション型】(個人投資家にはお馴染みの銘柄群ですね)
 アークランドサービス、クックパッド、あさひ、ヴィレッジヴァンガード、
 トレジャー・ファクトリー、大黒天物産、クオール、やまや、エスクリ

時価総額1,000億円以下、2008~11年度(予想値)の売上高と経常利益が連続増収増益の
上場企業の中から、アナリストの協力を得て抽出したとのことです。

ふだんはこういった雑誌に滅多に載らない地味めの企業が多いです。
私が保有していたり、かつて保有していた銘柄も含まれていて、ちょっと嬉しいですね。

既に一定のスタイルが確立され、安定成長を実現している企業群なので、ここからの瞬発力が
期待できるものはあまり多くなさそうですが、逆に長期投資向きと言えるかもしれませんね。

機関投資家の注目を集めるような存在になれるよう、1社でも多く羽ばたいてもらいたいものです。

ここに出ていないような事業内容のわかりにくい企業が、実はもっと面白かったりしますね。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
ポチッとお願いします
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

11年9月末の資産状況

2011-10-13 22:49:57 | 資産状況
9月末の資産状況です。

08年03月 100.0
08年06月 106.8
08年09月  92.6
08年12月  82.6
09年03月  85.1
09年06月 102.5
09年09月 111.8
09年12月 119.3
10年03月 128.4
10年06月 124.1
10年09月 127.9
10年12月 147.3
11年03月 148.8
11年06月 160.5
11年09月 160.2

いや~苦しい3ヶ月でした。足踏み状態です。
ユーロ危機と円高のせいで外国株、特に新興国株がきつかったっすね。。。

日本株については、円高対応を進めていたため割と持ちこたえた印象ですが。

次に資産ごとの割合です。


ぎょえええ、内外株式の割合が約8割になってしもた~!
8月に結構買ってしまったんですよね。

幸い、足元は株価も少し戻ってきたので、底割れしないうちに
ぼちぼち現金を作っていこうかと思います。

面倒くさいですが、資産状況のチェックはやはり定期的に行わないといけないですね。

我が家の流動性危機。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
ポチッとお願いします
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

IBM・3つの価値観~その2

2011-10-12 23:35:45 | 銘柄研究
それでは、IBMの3つの価値観、IBMers Valueの紹介です。

第一の価値観は、「お客様の成功に全力を尽くす」 
(Dedication to every client's success. ) 

パルミサーノ曰く、この価値観の意味するところは
「お客様とのリレーションシップを長期的に維持する」
「取引が成立した後の方が、取引が成立する前よりも大事」
ということです。

素晴らしいですね。お客様との長期的な関係。
売り切りじゃないビジネス。長期投資をするなら、こういう会社がベストだと思います。
焼畑農業まっしぐらの私の勤務先とは大違いだわ(爆)

第二の価値観は、「私たち、そして世界に価値あるイノベーション」
(Innovation that matters for our company and the world. )

IBMの社員は、ビジネスと社会に変革を起こす仕事に携わることができます。

「スマーター・プラネット」(より賢い地球)という構想があるそうです。
地球規模の非効率(電力、水資源、交通システムetc.)を
コンピューターとセンサーを駆使した情報収集、解析・分析、応用、予知能力を使って解消する
という取組みで、そのスケールの大きさに圧倒されます!

身近なところでいきますと、スタートトゥデイの「ZOZOTOWN」の
データ処理・マーケティングにも貢献しているようですね。

第三の価値観は、「あらゆる関係における信頼と一人ひとりの責任」
(Trust and personal responsibility in all relationships. )

この価値観は、社員同士はもちろん、会社とサプライヤー、投資家、政府、地域社会といった
様々なステークホールダーとの関係も対象にしています。

ぜひ投資家の期待に、長期的に応えていって欲しいですね!

IBMから学ぶ、総合力の強み。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
ポチッとお願いします
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加