ろくすけの長期投資の旅

投資を学び、資産と自分自身の成長を
追及していきます

サラリーマン長期投資家として

2010-01-31 15:09:13 | 投資スタンス
昨日の記事に対するPVは凄かった。やっぱりみんな個別株が好きなんですね。

さて、今日はちょっと原点に帰ってみたいと思います。
30代の家庭持ちサラリーマンとして、どういう投資をしていくかということについて。

自分のような立場の人間で、金融資産の過半を株式・投信で運用している方って、
世間一般で見ると、少数派な気がします。
仮にローンを抱えている方でなくても、預貯金が主体ですよね。先行きも不安ですし。。。
少なくとも私の周りはそうです。

でも、ほとんど利息のつかない預貯金にお金を置いているということは、
使い道が不明瞭な所(金融機関)へとんでもなく低コストの資金を供給しているということでもあります。

もちろんそれで個人の住宅ローンや中小企業の資金調達を支えており、社会の役には立っているんですが、
国債の安定消化先でもあるわけで、国の借金膨張に加担している面もあったりして。。。
そもそも国債に投資したいなら、自分でやった方が余分なマージンがかからない。

であれば、直接好きな企業に投資したり、目に見えるコスト(信託報酬)を支払って投信買った方が
自分としては納得がいきます。
預貯金は、いつでも引き出せるお金、不測の事態が生じた場合の最終的な拠り所程度に止めたいんですよね。

家庭を持つサラリーマンの場合、
①いかに家族に迷惑をかけずに長期的に増やしていけるか
②いかに日中仕事に安心して打ち込めるか
ということが重要になってきます。

そういう意味で、やっぱり長期投資が基本だと思うのです。
でも残念ながら、日本株については全体としては長期的な成長に疑問符がつきます。
個別株の選び方が重要になって来ると思います。

自分の銘柄の選び方は、以下のような感じです。

①ストック型のビジネスを主業としており、業績の下支えがある会社

 ・一度保証契約が成立すれば、更新が高確率で期待できる、イー・ギャランティ
 ・個人向けレンタルサーバーで月額料金が入ってくる、ペパボ。  
 ・定期更新の建物メンテナンス事業が主体の、日本空調サービス   
 ・首都圏の通勤・通学客を抱える、JR東日本(JR東海ではなく、東日本に投資している理由です)
 ・みずほFGの店舗・社員寮、駅前優良賃貸物件を抱える、ヒューリック
  (資金調達元の従業員を、社員寮という形で人質に取っている所が面白い)
  
②リピーターからの購買を期待できる消耗品を扱っている会社
  
 ・医療消耗品の、マニー
 ・根強いファンを持つ靴下屋さん、タビオ 
  (ただし景気や流行に左右される部分も大きいですね、そこは事前予想以上でした)
 ・医師との関係性を活かせるDVxも、このジャンルに入るかもしれない。      

①②のジャンルで、(急成長ではなく)安定的に成長が見込まれるものが自分的には最高ですね。
株価の下支えという意味では、配当もそれなりに欲しいところ。
(そういう意味では、ペパボはいいですね。両方満たしています)

自分が財務面で重視するフリー・キャッシュフローが潤沢な所が多いですし、キャッシュも積み上がる。
この辺の株を高値掴みさえしなければ、少なくとも大怪我はしないと思うんです。
月次とか、四半期決算で一喜一憂することもできれば避けたいですし(不安なのはタビオだけ)。

ある程度業種・規模も分散しておけば、毎日の値動きで胃が痛くなるなんてこともないです。
サラリーマンはやはり、本業あってこそですしね。長期の旅行にも気兼ねなく行けます(笑)

こういったジャンルの銘柄で基盤を作りつつ(私の場合、ここまでで全体の2/3です)、
あとはポートフォリオの一定部分までの範囲で、味付けとして

・日本の4番(任天堂、もうこれは理屈抜きで応援したい)
・面的な拡大が期待できる成長株(ティア)
・景気循環株(ユニオンツール、SHOEIもここになってしまったかも・・・)
・ネタ株(ハドソン、第一カッター興業、ノーリツ鋼機)

などを組入れていく。

日本株については、これからもこんな感じでやっていけたらと思います。
毎月のサラリーはストック型ビジネスへの投資に回すことで、お金にも働いてもらいましょう!

サラリーマン大家的投資を目指します。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
ポチッとお願いします
コメント (10)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

8771 イー・ギャランティ の定性分析

2010-01-30 12:41:27 | 銘柄研究
「くやしいけれどお前に夢中」イー・ギャランドゥ。
枕詞としてすっかり定着した感がありますね(ないない)。

どうでもいいですが、ギャランドゥって、もんたよしのり作詞作曲なんですね。

冗談はさておき、イー・ギャランティの定性分析です。

3Qが出まして、売上総利益率の低下とか、利益進捗に黄色信号とか、数字面では事前期待との
ギャップがあるかとは思います。

でも、この不景気で顧客企業も保証料を支払うどころではなくなったり、
再委託コストも上昇したりしているでしょうから、こんなものではないでしょうか?
良くやっていると思います。

さてここは基本に立ち返って、ビジネスモデルを分析してみましょう。

最近のここの業務提携の動きで気になるのは、地銀との提携が一巡しつつある中で、
他の業態に手を広げていることですね。

09年12月のオリックスグループも大きな材料ですが、特に目につくのは、大手損保代理店との提携。

 09年 4月 三井物産インシュアランス
 09年 7月 クボタ総合保険サービス
 09年10月 双日インシュアランス 

(伊藤忠系ですけど、商社系列とか関係ないですね)

損害保険には信用リスク対策として取引信用保険という商品があるのですが、
取引信用保険じゃカバーしきれないニーズが損保代理店側にあり、
イーギャラはどうもここに力を入れているようなんです。

ここでイーギャラのeG保証サービスと、類似商品である保証ファクタリング・取引信用保険の
相違点をまとめてみました(図がデカいですけど、ご勘弁)。


整理してみて、頭がスッキリしました!

イーギャラは、保証ファクタリングと取引信用保険のいいとこ取りなんですね。
その裏づけとなるのが、商社と信用調査機関とのタッグによる、
他には真似できない審査ノウハウの蓄積。これぞ参入障壁。

総利益率約50%の背景が少し判った気がします。
来週は下げそうな気がしますが、ビジネスモデルをここ以上に評価できる銘柄は
なかなか見つけられないので、当然ホールドです。

男(個人投資家)の視線集めては お前は~光るゥ♪
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
ポチッとお願いします
コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

今月の売買(10年1月)

2010-01-29 22:52:05 | 今月の売買
今月の売買です。

【購入】
4822 ハドソン(追加×2)
・・・ キングボンビー(強烈な下方修正)にやられて大変なのねん!!
   月曜もストップ安なら、ヤケクソで買いまくりたい衝動にも駆られますが・・・
   安易に買ったことを、大いに反省したいと思います。

2485 ティア(追加)
・・・ 最近、全く話題に上がらなくなりヨコヨコですが、新しい展開への期待を込めて。

7974 任天堂(S株追加)
・・・ 単元化計画進行中。適度な調整を入れながら、上がっていって欲しいです。
  
3064 MonotaRO(新規+追加)
・・・ 頑張れ!日本の製造業です。

3265 ヒューリック(追加)
・・・ 購入平均単価引き下げのため。

【売却】
2764 ひらまつ(全部)
・・・ いい銘柄だとは思うのですが、保有していてもイマイチ心がときめかない。
   そこそこ上がったので売ってしまいました。

STAM新興国株式(全部)
・・・ eMAXISの積立を始めたし、新興国の調整が入り出したので
   先週全部売ってしまいました。
   (と思ったら、毎月の積立を解除するのを忘れてて、直後に1ヶ月分だけ
    買ってしまってました。ハハ・・・)

   売却代金は、ETFへのリレー投資、あるいは日本株の買い増し資金に充当するための
   待機資金となってます。

本当に欲しい銘柄はあまり下がらず、買えませんでした。
そのせいで、なんか余計な買い物をしてしまいましたね(汗)

今月は金額的には売り優勢。
怒涛の決算ラッシュに備えたいと思います。

2/1は、注目の 4658 日本空調サービスの3Q決算発表です(爆)
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
ポチッとお願いします
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ハド損

2010-01-28 21:12:49 | 投資日記
やってしまいました!

今年に入ってから日本株は順調だったのですが、今日は 4822 ハドソン の通期下方修正+期末配当見送り。。。
任天堂の3Qはまずまず頑張ったんですけどねえ。

EPS 65.93円→20.82円 ですか。これで今日の終値 444円に対し予想PERは・・・考えたくもないや。

業績の進捗の割りに、強気の通期予想であることは分かってたんですけど、
桃鉄なら、桃鉄ならやってくれる・・・と思っていまして。ノリで買ってしまった部分もあります。

予想外にソフト受託事業が厳しかったのね。
この業界の割りに安定していると思って買ったんですが、そっちが足を引っ張る事態は考えてなかったです。
甘かったなあ。

PTSも酷いですね。50円以上下げてるし。。
救いは、主力株ではなかったことです。塩漬けにして様子を見ますか。

ゲームソフト業界に対しては、PTSD(心的外傷後ストレス障害)になりそうだわ~
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
ポチッとお願いします
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

売買単元について

2010-01-27 23:27:46 | 投資日記
皆さんは売買単元として、どのくらいの金額を目処としていますか?
自分の場合、25万円前後です。

今ですと、8771 イー・ギャランティ、3079 DVx、3633 ペパボ あたりまでが、丁度良いです。
臆病者なので、たとえその時資金が潤沢だったとしても大きな金額を一度に投じるのは
躊躇してしまうんですよね。
複数回に分けて積み上げていくのが、自分には合っている気がします。

7730 マニーとか、9920 JR東みたいに50万円を超えてくると、なかなか買い増しにも勇気が要るんですよね。
さすがに 7974 任天堂 クラスになると、諦めがついてS株で対応するということになるのですが。

そんな訳で、投資用の資金は25万円ずつ満期を1月毎にずらした定期預金を作っています。
基本的に「買いたい病」なんですけど、欲の時間的分散に心がけています。

あと最近は配当再投資に凝っております。
確定申告の準備をしているのですが、大したことないと思っていた配当も
年間を通してみると結構な金額になるんですね。。。

4822 ハドソン、3265 ヒューリック あたりは、1単元4~6万円程度で済みますから、
配当再投資に丁度いいです。

酒が入っていて頭が回らないので、今日はこの辺で。。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
ポチッとお願いします
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

悲しいくらい、カンブリア

2010-01-26 21:33:57 | 投資日記
寒ブリと言えば、氷見ですよ。
この間の旅行で食べときゃよかったなあ。。

って話ではなくて、カンブリア宮殿です。

昨日は、我らが 7730 マニー の回でしたね。まだ見てないけど(笑)
カンブリア宮殿でいい企業を見ると、株を買いたくなりますよね。

今日の株価の動きはどうだったのでしょうか。



もう悲しいくらい、カンブリアですね。寄り天。
テレビを見て買った人が高値掴みをしてしまうという。。

時系列で見ていくと、1週間前(次週予告を見てですね)から出来高が増えて株価も切り上げていってますね。
今日売るために、先回り買いしている投資家がいかに多かったことか。

でもこの動き、とってもデジャヴです。

同じく7月6日に出演した、2485 ティア のケースを見てみましょう。



むむむ。。。同じではないか!
出演の話自体は6月11日には明らかになってたみたいですが、動きが本格化するのは1週間前からですね。

株式市場という所は恐ろしいです。。。

自分はこんな先回り投資はしないですけど、面白いのでちょっと採り上げてみました。

買うのは、ほとぼりが冷めるまで待ちましょう。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
ポチッとお願いします
コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

奥山月仁「世界一やさしい株の本」を読む

2010-01-25 21:48:09 | 読書
小型成長株好きの個人投資家にはお馴染みの人気ブログ、
「エナフンさんの梨の木」が書籍化されましたので、読んでみました。

世界一やさしい株の本
奥山 月仁
中経出版

このアイテムの詳細を見る


「梨の木」(毎年果実を生む会社の比喩です)を中心とした、架空の村の物語を展開することで、
 
①「会社の値段」はどのような理論でどう決まるのか
②「会社の値段」と「株価」とはどういう関係にあるのか
③どういう理論を根拠に現在の株価を評価し、投資すべきなのか

をイメージしやすく説明しています。

ブログも読んでいたのですが、改めて活字で追ってみると、
「梨の木」のたとえで、これだけ多くの株価決定要因を説明できるものなのかと唸らされました。

難しい株の理論をわかりやすく説明するという著者の意図は、十分成功していると思います。
(「世界一やさしい」かどうかは別にして。。。)

日本の高校生向けの投資教育に取り入れて欲しいくらい、と言ったら言い過ぎかな?
物語自体も面白いので、ぜひ読んで見て下さい。

さて、この本に出てくる最も重要な公式として、

 株価 = 近未来の1株当たり利益 / ( 金利 + リスクプレミアム)

というのがあります(詳しくは本を読んでね)。

非常にシンプルな式ですが、じつに多くのことを示唆してくれます。

①近未来の1株当たり利益が伸びていくことが、容易に想像できる銘柄を選ぶ
 → 一消費者として動向を把握しやすい小売業は、その典型。
 
②金利が高い時(分母が大きくなる)には買わない
 → マーケットが過熱気味の時は、金利も高くなる。

③リスクプレミアムが不当に高いと思われる銘柄を選ぶ
 → 例えば、安定成長が見込まれて、かつ財務内容が良好な銘柄でも、
   新興市場株・小型株というだけでリスクが過大に評価されがち。
   そのリスクプレミアムの背景を、よく検討すること。

といった感じ。

「理論は根拠、決定は需給」という言葉も、頭に入れておきたいです。

短期的には「需給」で決まる株式相場において、
長期投資をしていくには、自分なりの「根拠」が必要だと思います。
この本はきっとその一助になることでしょう

結論としては、3085 アークランドサービス 最高、ってことで。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
ポチッとお願いします
コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

中部縦断旅行その15~紀州鉄道・せち焼き

2010-01-24 10:31:35 | 鉄道旅行~関西
今日が今回の旅行記の最終回です。



串本駅からは今度は紀勢半島の西側を行くんですが、18きっぷでの旅は一旦中断。
ちょっとズルして、「スーパーくろしお」で紀伊田辺までワープします。



ここからは鈍行に戻ります。
それにしても、紀伊半島はデカいです。一周するのに時間かかるわ~。



途中、海沿いの区間もありましたが、東側のリアス式海岸のダイナミックな車窓に比べれば
やや見劣りしてしまいますね。



御坊駅に到着。

JRのホームの端っこで申し訳なさそうに、紀州鉄道のレールバスがスタンバっていました。
ここからは、西御坊駅までの全長2.7kmの短い旅です。



振動がすごい。ブルンブルン言わせながら、ゆっくり単線を走っていきます。
乗り心地はもうバスと変わりません。



あっという間に終点・西御坊駅。

この唐突な終わり方と、チープな柵は何なんでしょう!?



この先は廃線となっていますが、しっかり線路は残っています。



ちょうどお昼時なので、駅近くの食堂・水車さんで食べることにしました。
1月3日でしたが、開いてて良かった♪

相互リンク先のケイさんに薦めてもらった和歌山名物、「せち焼き」が目当てです。
ここ御坊が本場みたいですね。



これです。

「せち焼き」(このお店では「せちそば」という名前でした)は、焼きそばを小麦粉を使わずに卵で固めた食べ物。



広島風お好焼きが大好物な私には、ど真ん中のB級グルメでした♪
ケイさん、情報ありがと~!!

御坊駅に戻り、残りの紀勢本線をこなしていきます。
和歌山駅到着、紀勢本線完乗!といきたいところでしたが、和歌山~和歌山市間が
残ってしまいました。

和歌山にはいずれまた来ることになりましょう。



和歌山からは、18きっぷがなければなかなか乗りとおす気になれない、和歌山線に乗ることにしました。
案の定、車窓に特に見るべき箇所はなく、王寺までの2時間43分という時間が異常に長く感じられました。



そんな中、JR五位堂から見た夕焼けは素晴らしかったです。

この後奈良線を使って京都まで行き、新幹線で帰ったのですが、
フィナーレにふさわしいこの写真で締めさせていただきます。

長らくおつきあいいただき、ありがとうございます。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
ポチッとお願いします
コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加

中部縦断旅行その14~橋杭岩・潮岬

2010-01-23 14:36:08 | 鉄道旅行~関西
いつの間にか関西(和歌山県)に入っておりますが、タイトルは中部縦断旅行のままで進めます。



串本の朝です。

日が昇る前に、前日見逃した橋杭岩へ急いで向かいます。



なんとか日の出の時刻に間に合いました。

曇天で残念ながら「岩の間から朝日」という光景は見られませんでしたが、
幻想的な雰囲気は十分感動に値します。

常連さんと思われるカメラマンさん達が、複数名いらっしゃいました。
日々通いたくなるのも分かる気がします。



ゴールデンタイムは、あっという間に過ぎていきました。



ちょっと場所を変えて。
まさに橋の杭みたいに、直線状に岩が並んでおります。

橋杭岩は、写真の撮り甲斐のあるスポットですね。
串本に泊まって良かったです♪



せっかくここまで来たので、本州最南端の潮岬にもバスで行ってみました。



冬の海辺といえば、水仙ですよね~



こちらが岬の先っぽ。
よく見ると、手前の岩には釣り人が立っております。

先端愛好家からすれば、最果て感がやや足りないかもしれませんが、
そうは言っても本州最南端、それなりの達成感はあります。



こちらは潮岬灯台。
これほど絵になる灯台も、なかなかないのではないでしょうか。

相場の方は風雲急を告げる感がありますね~。来週が楽しみです。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
ポチッとお願いします
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

中部縦断旅行その13~串本に到着

2010-01-22 22:12:23 | 鉄道旅行~関西
波田須に長時間滞在する羽目になり(時刻表をちゃんと見なかった自分が悪いのですが)、
すっかり予定が狂ってしまいました。。。



串本に到着した時には、外は真っ暗。
本当は夕暮れに橋杭岩を眺めるプランを立てていたんですけどね。
翌朝に改めることにしました。

鈍行の旅は、移動にやっぱり限界がありますね。



本日の夕食は「料理 萬口」さんで、「かつを茶漬け」。

一杯目は漬け丼です。
特製のこってり系ごまだれに漬けてある鰹を、ご飯に乗せて。



二杯目はお茶漬け。
残りのたれもぶっかけます。この濃厚なたれがいいんですよ。
他所では食べられないお茶漬けですね。美味うございました♪

高知で食べた鰹のたたきも良かったですが、お茶漬けもいけますね。
鰹=ポン酢という固定観念を覆されました。

さんま寿しに、鰹茶漬け。
南紀に住んでいたら、魚中心のヘルシーな食生活が送れそうです。

今日の記事は短いですが、旅行3日目終了ということで一旦区切ります。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
ポチッとお願いします
コメント
この記事をはてなブックマークに追加