ろくすけの長期投資の旅

投資を学び、資産と自分自身の成長を
追及していきます

四国旅行その5~奈半利・甲浦・徳島・高松

2008-08-31 23:07:43 | 鉄道旅行~四国

室戸岬をぐるっと一周すべく、土佐くろしお鉄道 ごめん・なはり線へ乗車。

 

遮るものは何もなく、土佐湾の海岸沿いを高架で走る。

痛いくらいの日差しと、群青色の海がまぶしい。

これが南国の太陽、これが黒潮か。

私以外に旅行者らしき人はおらず、海側の乗客は全員ブラインド。

 

終点の奈半利駅ではなはりこちゃん(四国はやなせたかし先生大活躍)

が迎えてくれる。

 

 

問題はここから。徳島の牟岐線に乗るには、室戸岬を経由する路線バスに乗る

しかない。観光もせず、ノンストップで苦痛の2時間弱を耐え、阿佐海岸鉄道の

待つ甲浦へ。

 

ホームでは阿佐海岸鉄道唯一のかわいい車輌が「ふうりん列車」となって

私を待っていた。

 

乗客は私ひとり。窓は開放されておらず、ほとんど風もない中、かすかに夏の

終わりの寂しい風鈴の音。

 

いったい誰がこの鉄道を利用するのか?と心配していたところ、海部駅の

折り返しで地元の女子高校生らしき2名が乗車。よかった、地域の足として

働いているんだ。

 

海部からは牟岐線で今夜の宿となる徳島へ。車窓は平凡で、ほとんどを読書に

費やす。

徳島では地元有名ラーメン店らしい「東大」で夕食。

 

生卵を入れると、まるですき焼きを食べているような感覚。

ラーメンだけじゃもの足りない。う~ん、ご飯ちょうだい。

 

翌朝は帰るのみ。高松まで向かう。これでほぼ四国一周となる。

海沿いと山間部の両方が楽しめ、全般的に意外と楽しかった。

 

高松空港からANAの株主優待券を使い、帰路へ着く。

(ここで投資の話にやっとつながる)

ANAは株主優待の内容が素晴らしすぎて(年2回、50%OFF)、売るに

売れない株なのであった。

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

四国旅行その4~土讃線で高知へ

2008-08-31 23:05:44 | 鉄道旅行~四国

続いて琴平。

「鉄子の旅」に出ていたが、駅名の電飾がパチンコ屋みたい。

それも山間部の潰れたパチンコ屋(失礼)。

駅舎内はこんぴらさんへの玄関口ということもあって、さすがの風格を見せていた。

 

いったん阿波池田まで戻り、鈍行で高知方面へ。

大歩危・小歩危の吉野川の流れをゆっくりと楽しむ。

 

橋の中にある駅、土佐北川とか・・

もう一つの山中のスイッチバック駅、新改とか・・・

変化に富んでいて、飽きさせない路線。

あっという間に高知へ到着。

 

ここで昼食として「かつおたたき弁当」を購入する予定であったが、

せっかくなので、はりまや橋まで足を運び、「土佐料理 司 高知本店」で

鰹たたき定食を食べることに。

厚切りの鰹と、にんにくのスライス(高知独特なのかな)と、

さっぱりとしたたれのハーモニーが絶妙。

シンプルだけど贅沢な味わいの昼食だった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

四国旅行その3~坪尻

2008-08-29 22:14:43 | 鉄道旅行~四国

鉄道旅行を趣味にして以来、すっかり朝が早くなった。

6時始発の土讃線上りに乗るべく、「自分、いったい何をやってるんだろう?」という思いが

頭をかすめつつも駅に向かう。昨夜の喧騒から一転、静かな朝の阿波池田駅。

そして、今回の旅のクライマックス、坪尻へ。

すでに四国一の秘境駅として有名なので、他の人も降りるのではと思っていたが、

45分間、無事(?)駅ひとり占めに成功。来てよかった!

地元の乗降客は1日1名とのこと。道らしい道もなく、

外界から完全に取り残された雰囲気が何とも言えない。。。

 

それでは、スイッチバック劇場の始まり~。

駅に到着(他の乗客に好奇の眼で見られつつ、ろくすけ下車)

下り普通列車をやり過ごして・・・

自らは引き込み線に入り・・・

上り・多度津方面のトンネルへ向かってGO!

はい、おつかれさま~。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

四国旅行その2~宇和島・阿波池田

2008-08-27 21:51:48 | 鉄道旅行~四国
引き続き予讃線で宇和島に向かう。

瀬戸内海を離れ退屈な景色が続くが、下宇和を過ぎた辺り、トンネルの合間から見える法華津湾の入り江に目を見張る(絶景!)。伊予大洲から特急”しおかぜ9号”に乗っていたため、残念ながらゆっくりと景色を楽しめず、写真も失念。
次回訪れることがあれば、みかんのなる時季に、ぜひ鈍行で。

宇和島には 15:48着。
ここから今夜の宿である阿波池田までノンストップのため、道中を考えると何としても夕食を取っておかねばならない。

ということで、「かどや(駅前本店)」でミニ鯛めし。
16:30開店だが、17:09発の予土線に間に合わせるため、急いで掻きこむ。



予土線で窪川へ。
日が落ちていく中、四万十川の悠久な流れを味わう。
いつまでも残しておきたい日本の風景。
これでロングシートでなければ雰囲気抜群なのだが。

窪川に着くころには真っ暗。”しまんと10号”で一気に徳島県へ。

今夜の宿は阿波池田。偶然にも”いけだ阿波おどり”の期間中。
山間部の町の、どこからこんなに人が沸いてくるのか・・・。
本場のものすごい熱気の中、ビジネスホテルへ向かう。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

四国旅行その1~串・下灘

2008-08-24 22:08:43 | 鉄道旅行~四国

いきなり投資の話からそれてしまいますが、8/20~22の3日間、

鉄道で四国一周をしてきました。 私は乗りテツでもあるのです。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

8/20(土)

7:08 サンライズ瀬戸を坂出で降り、バースディきっぷ購入のため、みどりの窓口へ。この切符は誕生月であれば、JR四国全線・土佐くろしお鉄道を3日間乗り放題・グリーン券兼用というスグレモノ。この歳になって、久々にうれしい誕生日プレゼント。

ひと仕事終えて、松山まで”いしづち5号”で爆睡。じゃこ天うどんを食した後、予讃線”海線”経由の鈍行に乗り換え。

それまでの幹線とは打って変わって、俄かにローカル線の趣き。海沿いの断崖をくねくねと進む。民家の軒先の白い洗濯物が、妙にこの路線にマッチ。夏だなあ。

 

四国で有数の秘境駅、串駅へ。20分余り、駅を独り占め。駅からの眺めはあまり良くないが、高台に登ると駅と瀬戸内海が一望できる。穴場的な駅でオススメ。

続いて、青春18きっぷのポスターで有名な下灘駅。

周りには何もないが、駅がプチ観光地化しており、複数名が下車。しばらく、撮影タイムが続く。

さすがに絵になるね。旅情誘いまくり。駅前の自販機で買い、海を眺めながらベンチで飲んだコーラは、最高にうまかった!

ただし、横から見るとちょっと残念な感じ。意外と海とは距離あり、また下の国道は車通りが多く、実際行ってみるとイメージとややギャップが。とはいえ、訪れる価値のある駅であることは間違いなし!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドル・コスト平均法

2008-08-21 23:53:57 | 投資スタンス
冴えない相場が続きますね。

損切りの連続でキャッシュが貯まってきてしまってますが、
今買い時!と思える銘柄があまりないので、
しばらくはドル・コスト平均法による投信の積立が中心となりそうです。

この手法のメリットは

①分散投資により、特定の銘柄への思い入れをなくすことができる。
 (パニック売りや、際限のないナンピン買いを避けられる)

②タイミングに悩んだり、日々一喜一憂しなくて済む。

③投資がためらわれるような安い時に多く買うことになり、
  結果的に逆張り戦略をとることができる。

④万一思い通りにいかなくても、ルールのせいにでき、後悔の念を軽減できる。

といったところでしょうか。
ストレスから解放される手段として、非常に優れていると思います。
さらにアセットクラスも分散しておくと、どれかは上がっている可能性が
高まりますので、気分的にも楽です。
(コモディティだけ上がるケースが結構あります)

世界経済の長期的な成長を信じて、コツコツとやっていきましょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

はじめまして

2008-08-20 21:07:01 | 投資日記
はじめまして。ろくすけです。

インデックス投資(日本株・海外株・海外債券・海外不動産・コモディティ)だけでは飽き足らず、個別株にも手を出してます。

投資は動きたがる自分との闘いです。自分なりの投資哲学の確立を目指します。

ブログでは、日々揺れ動く気持ちを綴っていきます。
みなさん、どうぞよろしくお願いします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加