ろくすけの長期投資の旅

投資を学び、資産と自分自身の成長を
追及していきます

温泉津温泉 のがわや旅館と元湯~17年5月三江線旅行記その13

2017-06-10 22:51:51 | 鉄道旅行~中国
旅行記再開です。
温泉津温泉から。



本日の宿泊は「のがわや旅館」さん。



読書も捗りそうな、落ち着けるお部屋ですが。。



まだ15時過ぎと早い時間ですし、せっかくなので温泉街を散策します。



温泉津温泉には外湯が2つあるのですが、そのうちの一つの「元湯」に入ります。
約1300年の歴史があるのだとか。



左側の棚には地元の方用のお風呂道具が。

日曜日ということもあってか常に5~6人の人がいたので、中の写真は撮れませんでした。

「座り湯」「ぬるい湯」「熱い湯」の3種類の褐色の湯船があったのですが、距離がわずか2~3mしかない源泉は50℃近くあるとのことで、「熱い湯」の方にはとても入る勇気はありません。

他所から来ていたであろう若者がチャレンジしていたのですが、昔なつかしスーパーJOCKEYの「熱湯コマーシャル」状態になっていました(笑)

「ぬるい湯」でもビリビリと来る結構な熱さ。
ただ出たり入ったりを繰り返しているうちに、だんだん体に馴染んできてクセになってきます。
薬効の高さをうかがえる、いいお湯でしたよ。



こちらは大正ロマン溢れる、木造洋館の薬師湯旧館です。
ギャラリー兼カフェの「震湯カフェ内蔵丞」として営業中。



こちらは以前訪れた「薬師湯」。



宿に戻ってきました。
お部屋はレトロな感じですが、共用部分は割とリニューアルされています。





貸切風呂に入ります。



「のがわや旅館」さんの源泉は、薬師湯温泉なんですね。
入り易い温度に調整してあって、いい感じです。

ただ元湯に先に入ってしまったせいで、若干パンチに欠ける印象はありましたが(苦笑)
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

ポチッとお願いします
『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 楠木建「戦略読書日記」を読む。 | トップ | のがわや旅館の食事~17年... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

鉄道旅行~中国」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。