ろくすけの長期投資の旅

投資を学び、資産と自分自身の成長を
追及していきます

競争力カンファレンス2016 その5~ピジョン

2016-12-10 02:17:23 | 銘柄研究
最後は「ピジョン株式会社 ベビー・ママ用品事業」。




<受賞理由>

「国際的にニーズが均一な0か月から18か月の赤ちゃん用品に特化。母乳育児促進を価値提供に、哺乳びんと乳首などで高いシェアを誇る」


<ユニークな価値提供>

・ターゲット顧客は、0か月から18か月の赤ちゃんとそのお母さん。

… この月齢までは、哺乳に関わる事柄は人種・文化を問わず世界共通であり、市場別に製品を大きく変えることなく、他国の市場へ展開ができる可能性を有しております。日本における出生数が低下を続ける中、効率的な海外進出を可能とするその着眼点には素晴らしいものがありますね。

・乳頭混乱を起こしにくい製品。

… 赤ちゃんが哺乳器から飲み始める際に、お母さんのおっぱいと違うと感じて哺乳器を拒否する、あるいは哺乳器から飲んでいた赤ちゃんが、お母さんのおっぱいを拒否する。こういった事象を乳頭混乱と呼ぶそうですが、ピジョンは乳首の機能にこだわる(おっぱいから飲んでいる感覚に近付ける)ことで、他社製品比2~5割ほど高い価格設定に成功しています。


<独自のバリューチェーン>

・他社がやらないレベルでの研究活動(赤ちゃんの哺乳運動の解明)に基づく製品差異化。

・マーケティング:哺乳器を病院・産院で使ってもらうことで、認知と信頼を構築する。


<私の印象>

ここまでブランド力のある企業ですと対象年齢層や商品群の拡大(例えば粉ミルク、ベビー服への展開)をしたくもなるものですが、「勝てる分野」に特化し、投下資本に対する収益性を高く維持する意識が高い点は、まさにこの賞を受賞するのに相応しい企業だと感じました。


<全体を通して>

カンファレンスに参加させていただいて、私はユニークな方法で儲ける企業が好きなんだということを、改めて認識致しました。
自分の投資のあり方について、じっくり振り返ってみる有意義な機会であったと思います。

ピジョンは、なんとかショックが来たら買いたい企業の一つ。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

ポチッとお願いします。
『株』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 競争力カンファレンス201... | トップ | ぶらり奥久慈清流ライン号~... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (sun)
2016-12-10 20:10:55
ピジョンのブランド力は魅力ですよね。普段の消費行動はコスパ重視でブランドに興味のない私でも、赤ちゃんはしゃべれないから使用感がどうなのかはわからないので、病院や育児雑誌の勧めるピジョンがいいのかなあと、哺乳瓶関係はすべてピジョンでしたからね。今思えば何でも一緒だったんじゃないかと思いますが、特に一人目は母親も初めてのことばかりで不安なので安心感のあるブランド物を他の用品でも選んでしまうものです。この点で他の業界以上にブランドがパワーを発揮する業界だと思います
sunさん、こんばんは (ろくすけ)
2016-12-11 19:48:41
赤ちゃんはしゃべれないだけに、研究論文をまとめ、お医者さん・専門家方面を徹底的に押さえるやり方は秀逸ですね。

わが子のことですから、値段だけで選ばれる商品ではないというのも有利に働きますよね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。