ろくすけの長期投資の旅

投資を学び、資産と自分自身の成長を
追及していきます

13年末~14年始18きっぷで九州から東京へ-その2

2014-01-08 00:08:58 | 鉄道旅行~関西
11:12 宮島口発。
「あなごめし うえの」での食事時間が思いのほか短く、予定を前倒し。

12:57 三原着。13:15発。



13:19 糸崎着。13:41発。
18きっぷ乗継のコツは、なるべくマイナーな始発駅から長く座り続けることです。
この辺は景色にも完全に飽きてきて、ひたすら「賢明なる投資家」を読んでおりました。

16:17 相生着。16:18発。
赤穂線から乗り入れてきた列車に飛び乗り。



16:39 姫路着。ここで18キッパーの救世主、新快速!
関西をすっ飛ばしてくれるので有難いですよね。
ただ発車まで少し時間があるので。。



気になっていた姫路駅名物「えきそば」を早めの夕食としていただくことに。
ちょうどタイムサービスもやっていたのでね。



和風ダシに中華麺?
自分はこのミスマッチ感には馴染めなかったなあ。
ただ電車の待ち時間にスルッとかき込むには重宝しそうです。
16:56発。



19:25 米原着。19:34発。
寒い米原ではいつも待たされる印象があったのですが(線路脇にはこの日も雪が積もっていました)、
今回は割りと接続のいい列車を選びました。

この後、21:02 刈谷着。21:04発と来て。。



21:12 三河安城着。ここで年を越すこととなりました。
1日目は移動に15時間弱かかってますね。

三河安城は東祥の本社がある所で、株主として一度来てみたかったんですよ。
駅前には同社の運営するABホテルの本館と新館がドーンと立っており、
さながら東祥の企業城下町的な雰囲気を醸し出しておりました。
(そう言われるくらい、大きくなって欲しいです)

本日の宿はこの新館となります。
もっと早くたどり着けておれば、夕食も無料でいただけたのですが、
その場合は宮島口での途中下車を諦めざるを得なかったので、悩ましい選択でした。

やっぱりひたすら乗り続けるのはブログ的にも辛いなあ(苦笑)
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
ポチッとお願いします
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

那智の滝~13年9月南紀旅行記その4

2013-10-25 00:49:12 | 鉄道旅行~関西


那智の滝です。大門坂からここまで来るのに結構歩きましたので、足はガクガク。



133mという落差は伊達ではないですね。みんな見上げています。

この日は風があり、ちょっと曲がっていますね。昔、右曲がりのダンディーって漫画があったな。

滝壺付近には重機が置かれていて、台風被害の補修工事が未だ続いているようでした。



300円で展望台に行けます。日本一の直爆の迫力をしばし堪能。



紀伊勝浦駅前に戻り、bodai(母大)というお店で鮪中トロかつ定食をいただきました。

ふんわりとした衣とレアな中の鮪がうまくマッチしていて、絶妙な食感でした♪



ワイドビュー南紀に乗ります。和歌山県ですけど、JR東海の車両がここまで来ているんですね。

途中で熊野灘の景色を楽しみたかったのですが、歩き疲れたため爆睡してしまいました(汗)



松阪に到着。あっという間に夕食の時間です。

「一升びん本店 はなれ」というお店に行きました。
松阪で焼肉店を複数店舗を営む「一升びん」グループの1店舗です。

ここはひとり鍋が楽しめるので、私みたいな者にはピッタリ☆



松阪牛ホルモンすき焼き。「松阪牛」とつく割には、2,500円とお値打ち感あり。



松阪牛を食べておきたいのだけど、あまり肉をガッツリ食べられないお年頃になってしまった私には、
ちょうど良いくらいの量でした。ホルモンも旨いっすね!

(旅行記終わり)

いよいよ紅葉シーズンに入ります。今年は九州に特化の予定。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
ポチッとお願いします
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

熊野那智大社~13年9月南紀旅行記その3

2013-10-24 00:25:16 | 鉄道旅行~関西
9/29(日)、旅行2日目。



万清楼の朝食です。

私はビジネスホテルに泊まることが多いのですが、旅館のしっかりとした和食も
たまにはいいものですね。ドーミーインが続くとさすがに飽きてきますし。。

早朝に入ったお風呂もなかなか良く、一人旅向き、コストパフォーマンス抜群の旅館でした。



紀伊勝浦駅からバスに乗って熊野古道の大門坂までやって来ました。
ここから歩いて熊野那智大社を目指します。



入口付近の樹齢800年の夫婦杉のあたりでは非常に賑やかだったのですが。。



少し歩くと人が全くいなくなりました。途中で観光バスに吸い込まれていったようです。

杉並木と石段が約650m、467段。
全部歩き通すとやはり疲れますが、苔むした石畳を歩くと気持ちが静まります。



熊野那智大社に着きました。熊野三山の一つ。



「胎内くぐり」ができる楠。



三重塔越しに那智の滝がしっかり見えました。この旅行で初めて望遠レンズを使用。

これからあそこに向かいます。

最近、滝がマイブーム。でも株価のフリーフォールはご勘弁。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
ポチッとお願いします
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ホテル浦島~13年9月南紀旅行記その2

2013-10-22 00:41:46 | 鉄道旅行~関西
紀伊勝浦に早めに到着したのには理由があります。

実はこの万清楼という旅館は、船で渡ることで有名なホテル浦島の姉妹館であり、
向こうのお風呂にも自由に入ることができるのです。



ということで、旅館前の桟橋から送迎船に乗ります。ちょっとしたクルージング。



向こうに見えるのはホテル中の島ですね。



こっちが目的地のホテル浦島。とにかくでかい!山の上にも宿泊棟が。

温泉が全部で6箇所あるのですが、そのうち洞窟風呂2つに入ることにしました。



大洞窟露天風呂「忘帰洞」。

太平洋の波が岩に打ち付ける様は圧巻で、それを洞窟の中から眺めるというのはなかなか風情がありました。
これはいい思い出になりますね。「帰るのを忘れる」というネーミングに相応しいお風呂。



「玄武洞」の方はやや小ぶりですが、岩肌が迫る中での入浴はこれまた独特で良かったです。



さて、夕食です。今回は宿の外に出かけました。

紀伊勝浦といえば、まぐろ。

自分はあまりまぐろは好みではないのですが、他に選択肢がないので。。
食べ物が一択という観光地はちょっと困ってしまうことも。

温泉の記事はなかなか写真に出せないのが辛いところ。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
ポチッとお願いします
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

紀伊勝浦へ~13年9月南紀旅行記その1

2013-10-20 23:36:12 | 鉄道旅行~関西
9/28(土)~9/29(日)にかけ、出張ついでに南紀方面へ旅行してきました。



新大阪から「くろしお9号」に乗車。

印南あたりからの紀勢本線は海沿いを走る区間が多くなりますが、場所場所で違った海岸の風景が楽しめます。



串本の橋杭岩。列車からもこの異様な岩の並びは見えるのですが、どうしても手前に家が入ってしまうので、
やはり下車して見にいくべきでしょうね。日の出をもう一度見にいきたいな。



古座から紀伊田原にかけての区間。ゴツゴツとした海岸が続くのが印象的。



紀伊浦上から下里にかけては一転して、静かな入江の風景。



紀伊勝浦に着きました。本日の宿泊地です。
ここまで特急で新大阪から3時間40分。結構ありますね。

そういえば列車の写真撮るの忘れていました。



旅館は万清楼という所にしました。



部屋からの眺めは抜群です。

実はこの旅館、とある特典がついているのですが、続きは次回ということで。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
ポチッとお願いします
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

やっぱ串カツですね~11年末-12年始18きっぷ旅行記その5

2012-01-11 23:59:59 | 鉄道旅行~関西
大塚国際美術館には、結局4時間程滞在しました。



淡路島を高速で横切り、舞子へ。再び本州です。

ここからは山陽本線・東海道本線でひたすら東へ。

夕食のため、大阪駅で途中下車しました。
1月1日なので、大きな駅周辺でないと食事にありつけないと思ったので。





串カツでビールをぐびり。ん~、最高♪
九州からここまで普通列車で頑張った自分へのご褒美ですね。

この後、頑張って岐阜までラストスパートをかけました。

《2日目:1/1(日)の旅程》

阿波池田 6:21-徳島線→8:29 徳島 8:57-高徳線・鳴門線→9:51 鳴門…小鳴門橋 10:23
-徳島バス→10:35 大塚国際美術館前(美術館鑑賞)14:43→14:55 小鳴門橋…高速鳴門 15:25
-阿波エクスプレス神戸号→16:16 高速舞子…舞子 16:24-山陽本線→16:33 須磨 16:42
-山陽本線・東海道本線→17:22 大阪(夕食)18:00→19:25 米原 19:34→20:20 岐阜

初日の出とか初詣とか、すっかり忘れていました。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
ポチッとお願いします

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

浜寺公園駅~11年秋の京都旅行記+αその6

2011-12-11 23:58:06 | 鉄道旅行~関西


株騰がれ~!
明日は四季報発売日ですね。

さて、清水寺を断念した私が向かった先は・・・



早寿司。紀州名産!?



そうです、和歌山です。
京都から京阪・南海を使っての大移動。

目的のひとつはこの和歌山ラーメンでもあったのですが・・・



真の目的はコイツ↑です。

紀勢本線で唯一残っていた、和歌山-和歌山市駅間。

和歌山市駅近くのホテルに宿泊し、翌朝この短い区間をクリア。
で、帰りは和歌山バスでまた和歌山市へ戻りました。
ちょっと空しいですが、乗りつぶしのためにはしゃーないです。



帰る途中、南海本線の浜寺公園駅に寄りました。

日銀とか東京駅とかを設計された、辰野金吾先生の作。



確か急行も止まらない駅ですけど、どうですかこの風格。
これぞ近代建築といった趣の、木造平屋建の洋風駅舎。
登録有形文化財に指定されています。



ここから歩いて阪堺電気軌道の「浜寺駅前」駅(ややこしい)に行きました。



イベントがあったのか、レトロな貸切列車が。う~ん、乗ってみたい!
ただスルッとKansaiは阪堺電気軌道は使えないんですよね。
通天閣のある恵美須町まで行ってみたい気もしたんですが、時間の都合もあり断念。



大阪に着きました。難波→梅田へと移動。
阪神百貨店地下のフードパークの「イカ焼き」で旅行記を締めさせていただきます♪

スルットKansaiをできるだけ活用したい貧乏症な私は、
この後わざわざ阪神電車で三宮まで移動し、新神戸から新幹線に乗って帰ったのでした。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
ポチッとお願いします
コメント (6)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

高台寺~11年秋の京都旅行記+αその5

2011-12-10 23:55:37 | 鉄道旅行~関西
京都の街中に戻ってきました。

クタクタだったので祇園のスタバでしばし休憩の後、観光を再開。



八坂の塔です。間近で見るとデカいなあ。



圓徳院です。
秀吉の妻・北政所ねねが晩年を過ごした場所。





紅葉が彩る庭園。風情がありますね。こんな庭を見ながら余生を送ってみたいもの。
長谷川等伯の襖絵も見所です。



続いて高台寺です。





臥龍池周りの紅葉は素晴らしいですね♪
ライトアップも幻想的ですごく良いみたいですね。



利休の意匠による茶室・傘亭。



この後、清水寺に行こうとしたのですが、押し寄せる人の波に心が折れてしまい、断念しました。

写真は産寧坂にいた謎のワンコです。
道行く人々の注目を集めていました。

やっぱり観光地の人混みはちょっと苦手だなあ。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
ポチッとお願いします
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

貴船神社~11年秋の京都旅行記+αその4

2011-12-08 00:20:04 | 鉄道旅行~関西
鞍馬寺からの続きです。



奥の院を経由して、貴船神社へと抜ける道です。
1時間くらいかかるようですが、頑張って歩いちゃいましょう。



鬱蒼とした林の中の「木の根道」です。見たまんまのネーミング。
歩きづらいですね~。



奥の院魔王殿です。こちらはネーミングとは裏腹に、こじんまりとした建物です。
朝から結構歩いているので、足にガタが来始めました。。。



急な下り道を通って、何とか貴船神社に到着。



こちらはもみじ灯篭・・・なんですが、ちょっと時期が遅かったですね。
山の方は見頃を過ぎていました。



貴船は鴨川の水源地にあたり、辺りはしっとりとした雰囲気に包まれています。
今度はライトアップ目当てに、夜来てみたいですね。



貴船口駅から、再び叡山電鉄に乗車。



もみじのトンネルを再びくぐって、京都の街中へと戻ります。
とにかく歩かなくて済むのがありがたい。

ケーブルカーに乗ってラクしておいて良かった。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
ポチッとお願いします
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

鞍馬寺~11年秋の京都旅行記+αその3

2011-12-05 23:54:59 | 鉄道旅行~関西


叡山電鉄鞍馬線の終点・鞍馬駅。
なかなか立派な駅舎です。



鞍馬と言えば、天狗。
駅前に大きなモニュメントがありました。



鞍馬山に入っていきます。



まず一つの選択を迫られます。歩くか、ケーブルカーに乗るか。
「健康のためにも、できるだけお歩き下さい」とありますが。。



今朝から既にかなり歩いていますし、ケーブルカーで楽をさせていただきます。
お寺が運行するケーブルカーというのも珍しいですね。



結構急です。やはりこちらを選んで正解だったかも。
鞍馬山は牛若丸が修行した地ですが、やはり楽には登らせてもらえないんですね。





山の方だったので紅葉はどうかな?と思いましたが、意外といい感じに色づいています。
なかなか見晴らしも良いです。



本殿金堂に到着~。



阿吽の虎(あうんのとら)です。なんだかちょっとキュート。

京都からひと足のばしてみるのもいいですね。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
ポチッとお願いします
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加