東京ダンス機構/path

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ダンスワーク:土方巽没後三十年特集について

2017-03-21 19:24:03 | ダンスワーク新刊案内
<font size="2">土方巽没後三十年特集について

厳密にいえば、土方巽没後三十一年になる。
本当に月日の経つのは早い。「入院した」と聞かされて、そろそろ見舞いに行かねば、と思っていると「危篤だ」の知らせ。
絶句した。何故だ。何故土方巽が呼ばれなくてならないのだ。何故だ。

京都大学西部講堂公演は、度肝を抜かれた。あのあたりで、土方巽は多くをつかんだようだ。
アートシアター公演、西武劇場公演は土方巽の渾身の作品ばかり、得意満面な時期。
アスベスト館の連続公演が始まると、終演後は毎日二階が酒席になる。
土方巽を見ていると、あまり食べずに飲んでいる。これが毎日だ。
芦川羊子をはじめ舞姫たちが、白塗りもそのままで芋の煮っ転がしを運んでくる。床に皿が並ぶ。
でも土方巽は手をつけない。
もじもじした感じで土方巽が澁澤龍彦に「どうでしたか」などと聞く。
「あれは夏休みですね」中嶋夏が白いパンツで麦わら帽子、腰を落としてしゃがみ、じっとした場面が長かった時・・・。
澁澤は周辺から攻める。そこでは、批評はけっして出ない。語ると何かが飛んで行ってしまうように、みな寡黙。
吉岡実がかん高い声で話しだす。それに松山俊太郎が呼応する。詩人とインド文学者の禅問答。皆下を向いて酒肴をてにとる・・・。

そんな風景が思い出される小野塚誠の記録。そして小林嵯峨、雪雄子ら舞姫の土方巽にまつわる逸話満載。
ダンスワーク77。2017年3月25日発売。
800円送料100円
郵便振替口座:東京00120-3-42513/口座名:ダンスワーク舎
>
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 土方巽没後三十年:ダンスワ... | トップ | ダンスワーク77ー特集土方... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。