郡上長良の亀尾島川

渓流釣り・鮎釣りのメッカ長良川の支流で、吉田川に次ぐ亀尾島川の釣果及び釣りクラブ「郡上長良・亀尾島会」の活動内容を掲載。

5月14日 会員限定アマゴ釣り大会!

2017年05月14日 | Weblog

今日は、郡上長良亀尾島会のアマゴ釣り大会でした!

昨日の雨で水位が上昇し超渇水状況から40cm程水位が高くなった亀尾島川・・・今朝は平水よりもやや高い状況まで下がりました。

      

5時集合で受付を済ませ、準備後大会説明が始まります。

      

河合大会競技委員長から競技説明がありスタートです!

大会範囲は郡上漁協管轄範囲で1尾の長寸で決まる内容です。

長良川本流へ向かう選手がほとんどですが、私と徳田さんは亀尾島川で竿を出す事にした。

      

まずは、この大場所から・・・徳田さんがゼロ釣法攻めますが、反応はあるもののエサに触る程度です。

私も隣で竿を出します。

ICパターンで目印が止まるアタリ!!!

      

先ずは1尾目です。

その後はチビアマゴばかりなので場所移動です。

      

ここは、三か所目のポイントで、徳田さんに良型が掛かるもバレてしまいま

その後もチビアマゴは頻繁に掛かるのでまた移動です。

           

ここは、五か所目のポイントですがエサの頭を取られるだけです。

      

下流の開きも反応が少なく競技時間終了の12時となりました。

検量所のむとう釣具店に戻ると、皆さん苦戦をしいられたようです。

      

検量では・・・

      

長良川大和地区で釣り上げたアマゴです。

      

そして、美並地区で釣り上げたアマゴが最大サイズでした。

表彰式で上位3名は・・・

      

優勝は、長良川美並地区で24.5cmを釣り上げた熊谷さん。

準優勝は、長良川大和地区に入られた片岡さん。

三位は、亀尾島川に入った私でした。

今大会は、昨日の雨で水温が急に下がり一時的に活性が下がったようでした。

大会終了後は、今年からゼロ釣法を始められた徳田さんのレクチャーです。

      

目印もブレずに流せるようになり、竿抜けポイントに流すと良型アマゴが掛かり瀬を上流に走られあえなくバレてしましましたが、頻繁に反応が出てゼロ釣法の面白さが解りますと言って頂けました。

☆今大会に参加された会員の皆さんお疲れ様でした。(^^

        むとう釣具店からのお知らせ 

                     5月14日20:00時点の亀尾島川の水位は-3cmです。  

      遊漁証取扱所 むとう釣具店 TEL 0575-63-2062     

                 

 当店では、釣竿・・・シマノ・ダイワ・がまかつ等各メーカー品をはじめ、釣具一式・種鮎・釣りエサ・菓子・明方ハム を取り扱っております。

                 食卓はもちろん、お酒の友、また贈り物として明方ハムをお勧めします。

                              こちらにお越しの際は是非お立ち寄り下さい。 

                          亀尾島川・那比川でアマゴ・鮎釣りを楽しんで下さい。

     郡上長良・亀尾島会からのお願い。

 アマゴの持ち帰りは必要最小限にして頂き、出来るだけ再放流して頂ければ次に来られた時にも、渓流釣りでアマゴと楽しむ事が出来ると思いますので、釣り人の皆さんご協力お願いします。

 空き缶・ゴミ等は、川や川原に捨てずに必ず持ち帰って下さい。

川をきれいにし、いつ来ても気持ち良く釣りが出来るように、釣り人の皆さん宜しくお願いします。

『釣り』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 明日14日 アマゴ釣り大会開催! | トップ | アマゴ釣り大会 番外編! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL