郡上長良の亀尾島川

渓流釣り・鮎釣りのメッカ長良川の支流で、吉田川に次ぐ亀尾島川の釣果及び釣りクラブ「郡上長良・亀尾島会」の活動内容を掲載。

4月29日 長良川・亀尾島川 アマゴ釣り!

2017年04月29日 | Weblog

長良川のアマゴも幅広が釣れ出し、今日はゼロ釣法で狙ってみる・・・

むとう釣具店に到着したのが530分、最近の情報を聞くと美並地区で28cmクラスの幅広が釣れたとの事。

しばらくすると、会員のKさんも到着し最近の釣果情報も聞いてみた。

Kさんも美並地区で幅広アマゴを釣り上げている。

私も準備し、先回フロロ0.08号を切られたポイントへ再度挑戦する事に・・・

8時前白鳥地区のこのポイントから始める。

      

先回切られたポイントは水位も下がり穏やかな瀬となり、ウグイが頻繁に掛かるので瀬をメインに狙う・・・

橋の上流荒瀬では1回切られたので、荒瀬脇のICパターンに振り込むと・・・ グイ~と重いアタリ・・・ 慎重にイナシて寄せると22cmのイワナです。

ハリを外して写真を撮ろうとした一瞬・・・ 逃げられました・・・(>_<)

次はこのポイント・・・

      

ここも出そうな予感・・・

二投目・・・ 瀬の中にある沈み岩のヨレに仕掛けが馴染んだ一瞬・・・ グワン~ギラリ反転・・・ デ・デカイ!!!

竿を上流に寝かせて体制を整えるも一気に対岸へ走りプッツリ・・・ 残念!

ハリを結び直してその下流の瀬へ

      

ここでも良型が掛かるも寄せきれずプッツリ・・・

ここからフロロ0.1号で攻める・・・右岸へ移動し下流へ釣り下がる。

何ポイント流した時・・・ 深みの瀬で目印が止まる・・・ アワセるとグングン首を振る・・・ワイパー操作で走りを止めようとするが荒瀬の中を走り回りこれまたプッツリ切れてしまった。

1030分ここを諦め下流へ移動する。

      

ここはホームの亀尾島川下流域。

亀尾島川も気持ち水位は高いがほぼ平水に近い。1120分フロロ0.08号でこの瀬から流してみる。

一投目手前の流れに振り込み大石のウケで目印が止まる。

      

小ぶりですが綺麗なアマゴです。

この深瀬を上層から下層へと順次攻めると4尾出ました。

次に上流の瀬へ

ここの瀬も手前から順に流しますが、手前の流れを下流から上流へ一通り流すも反応が無く、足跡から前日に抜かれた感じです。

少し立ち込み対岸の流れを攻めるとエサのヒラタに触る反応が出ます。

ガン玉をワンランク重くして底波を捉えるように流すと・・・

ゆっくり流していた目印が凭れるように止まるアタリ~

      

穂先が気持ち良く絞り込まれます。

気持ち良く引き抜きタモへ・・・

      

このサイズですが綺麗なアマゴ!

流れに合うガン玉を頻繁に交換しながら流すと・・・

      

同サイズのアマゴが釣れます。

この瀬で6尾出ました。

更に下流へ移動して仕掛けをゼットし数投目で雲行きが怪しくなったと思ったその時?頭上で雷が鳴り出し落雷が近くなってきたので慌てて竿を仕舞い釣り終了!

      

今日の釣果は亀尾島川2時間弱で10尾でした。

      

アマゴをリリースして車に戻ると大粒の雨!

早目に切り上げて良かった!危ない危ない(^^)/

今日の仕掛け

竿・・・・・・MASTER ZERO SENSITIVETYPE 01-85MY

水中糸・・・・タフロン速攻XP 0.08号~0.1号

オモリ・・・・2~2B

ハリ・・・・・・D-MAX 渓流ゼロBL3号 カツイチゼロ4号


『釣り』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 会員限定!2017アマゴ釣... | トップ | 一泊旅行で北陸河川を覗きに~! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事