あかね工房・陶里と康平の作品達

陶里と康平の人形達、日々工房の中で生まれて行きます。思わずふんわり、にっこり。

黒と白の屏風

2016-10-17 10:55:06 | 陶人形


昨日は陶里さん、お昼からお絵描き🎵
黒と白の大きな屏風を前にして、さあ何が描けるのでしょうか🎵
黒い屏風は「泣いた赤鬼」の屏風となりました。
月夜に照らされた山の中で、二人の鬼達、何やら相談中です。
康平の鬼達が迫力を増しました❗⤴


白い屏風は昔話シリーズの「舌きりすずめ」の屏風でした。
康平作のすずめとお爺さんがやっと完成しました。
大きな竹藪の屏風、優しさを感じます。
「もっとすずめ達、多く居てもいいね🎵」と康平さん。
楽しみにしています😊



日本昔話シリーズ、三作が揃いました。
次は二人で何を創ってくれるのでしょう😄
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本昔話「おむすびころりん」💚 | トップ | 半年ぶりの熊本です。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL