Ruby の会

シニアライフ~能楽・ボランティア・旅行・食べ歩き・演劇などを綴っています

城端曳山祭 ’17

2017-05-09 22:51:58 | 富山

 

 
城端曳山祭 ’16 ①
 4月初めに「犬山祭」を見てきたら、久しぶりに故郷 城端の曳山祭りが見たくなった。急に思い立ち、提灯山の桟敷席とお弁当を注文した。2,3日前のKi新聞に、一番山「大黒天」の写真と時......
 

 👆は、昨年の城端祭の私のブログです。
 今年は、「ユネスコ無形文化遺産」に指定されて初めての年。5/5日朝、姫ちゃんのプリウスで茶々姫さん、なはさんと共に出かけた。町営グランで車を止め、私の友人宅を2軒訪ね、「桂湯」の小物売り店を覗いてから、大工町へ行く。ちょうど1番山の西上町の竹田山(恵比須さん)が小路から出て来て屋根を直したところ。いつもよりずっと多い人出。(曳山と庵屋台は6町にあり、庵屋台、曳山の順に町を巡行する。)

 次に2番山東下町の大黒様。両側の屋根を折り上げて小路を抜けて来たところ。

 👇 屋根を片方ずつもとへ戻します。まず、右を降ろし…左を降ろします。

 👇 屋根を元に戻してニコニコ顔の大黒様。

 👇 3番山 出丸町の「布袋様」。

  「曳山弁当」を注文していたので、曳山会館横の臨時観光案内所へ取りに行こうとしたが、もう曳山紹介や庵唄披露が始まっている。いつもなら横から抜けていけるのに椅子は満席、隙間もなく、遠回りしてようやく4人分を受け取る。
 別院の広い本堂でゆっくりいただくつもりが、もう法話が始まっている時間。横の欄干下に腰をおろしてお説教を聴きながら食べた。

 ちょうどその頃、別院へ向かって進んできた曳山が右折するところ。👇は、4番山西下町の「尭王」と庵屋台。

 👇 5番山 東上町の「寿老」が香具師の前で待っている、のではなく、庵唄を所望する家の前で待っている。

 👇 5番山 東上町の庵屋台。屋台の中では、若連中が笛、三味線に合わせ端唄「宇治茶」を唄っている。全部の町内の唄を聴いたわけではないが、今年はことさら心に沁みる声色、節回しだった。

 👇 別院前。男性客がけっこう多い。

 👇 最後の6番山、大工町の「関羽・周倉」も庵唄所望の間、交差点の真ん中で待っている。ここで、紋付き袴の同級生のHAくんと長い立ち話をしていて皆さんを待たせてしまった。

 この後、「田村萬盛堂」でコーヒーとケーキで一休み。さあ、出丸坂のUターンを見なくちゃ。去年は別院で法話を聴いていて見そびれたのだった。6基の庵屋台と曳山が通り過ぎた町。正面に袴腰山が見える。

 さて、出丸坂へ向かうと…。ちょうど6番山「寿老」のUターンが始まるところ。拍子木を構えて…。

 U ターンを終えて坂を上ります。

 

  👇 坂を上り帰って行く5番山と最後の6番山、大工町の「関羽・周倉」のすれ違い。道路を広くしたので悠々とすれ違いができる。

 👇 最後の6番山と庵屋台がゆっくり坂を下りてきます。

  👇 庵屋台の中で庵唄を唄っているのを並んで聞いている若連中。

  👇 曳山の皆さんも聞いている。

  👇 所望宿。

  👇 屋台は坂の下でターンをして先に帰って行く。曳山は今から坂の下でターンします。

  踏ん張って、少しずつ下ります。ギューギューと言う音。「ぎゅー山」と言われる所以です。

 

 👇 一気に回ります。

  👇 回り終えて…。

 👇 押しながら坂を上る。

  👇 ホッとした観衆も曳山と一緒に街に戻ります。

  👇 夜の「提灯山」の準備。曳山にも庵屋台にも提灯を下げる。

 

  👇 早い町内は、もう提灯をつけ終わり夕食でしょう。

 私たちも、高岡へ帰る途中で夕食にしましょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 城端曳山祭 ’17~祭りの前... | トップ | 城端曳山祭 ’17~お弁当など »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (なは)
2017-05-10 17:09:56
清姫様
昨年のも見ました。城端の曳山は立派だとつくづく思います。
貴女のブログを見ていますと曳山のギューギューと引かれる音や庵唄の唄や三味線やの音楽が聞こえて来るように思います。
まだ町の道路が狭かった頃に来たのを思い出したりします。ずっとこの伝統のお祭りを継承しておられることが素晴らしい、と改めて思います。町の皆さまの心意気を感じます。
Unknown (清姫)
2017-05-10 20:02:17
なはさん
昨年のを何度も、すみません。
昨日貼り付けたら、今日はgooの事務局から送られて来ました。
今年はよく晴れ、山が青々ときれいです。庵唄もよく通る声で上手くなっておられた気がしますよ。来年はさらにリピーターが増えると嬉しいです。道が広くなり、どこにでも座れるのがいいですね。今まではこんな広いのを作って…と言う声が大方でしたのに。
Unknown (姫)
2017-05-13 01:15:52
今年も行けてよかったです。
私としては、比較的元気に歩けたのもうれしい。
やはり、あなたと一緒でよかった。
友達にも会えるし、弁当もおいしかったし・・・
お世話ありがとうね。
行くとき、また言ってください。
文を読んでいて、さすが地元。
詳しくて面白かったよ。
Unknown (清姫)
2017-05-13 22:35:16
姫ちゃん
ホントに。今までと違う賑わいで、しかも観光客が庵唄に静かに聴き入ると言う雰囲気がとてもよかった、と思いました。
私の場合友人達にもたくさん会えたし、ね。今年はあの広い道がしっくり来ました。
人形の名前、町の名前はあのパンフを参考にしましたよ。
また行きましょう。

コメントを投稿

富山」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL