67camper's Blog

管理人67camperの空冷VW、北米輸入住宅、キャンプ、ジャズ、自転車、アコギ、カメラ、アメカジに関するログです。

不世出のジャズ・シンガー,ジミー・ラッシング

2006-07-21 02:25:06 | jazz & vocal
Rushing Lullabies/Jimmy Rushing
(Columbia CL1401)

 ジャズシンガーと言うよりフォークブルースシンガーと言った方が良いかもしれないですが、彼の黒人特有の首も回りにくいような体躯から繰り出されるス ウィング感あふれるボーカルが好きです。この強烈な体躯と大きな目の人なつっこい顏貌が忘れられません。1900年代初頭、オクラホマシティ生まれと言い ますから,72年白血病でこの世を去るまで,この肥満で良く生きられたものだと感心します。 ミッドウエストでクラブ歌手として唄い始め,1930年代、ベイシー楽団の専属歌手になって彼の名は一役有名になります。コロンビアの"The Jazz Odyssey"や遺作となったRCAの"The You and Me That Used to Be"などが彼の代表作として知られていますよね。

 今日は,このラッシングのコロンビア盤で自分が最も好きなカバーのアルバム"Rushing Lullabies"をアップします。まずカバーの籐椅子にちょこんと腰掛けてカメラに微笑んだ顔に愛着を感じてしまいますね。サイドAのオープニングは ベイシーと彼の共作の"You Can't Run Around"です。ギターのフィルインに導かれはじまるスローブルースが彼のボーカルの真骨頂です。"Deed I do", "PinK Champagne"などでも彼の深いブルースフィーリングを味わえます。サイドBではラストでの名曲"Russian Lullaby"でシャウトしながらの円熟したブルースシンギングが聴かれます。彼をサポートするバックがこれまた素晴らしく,Buddy Tate(ts), Skeeter Best(g), Sir Charles Thompson(org),Ray Bryant(p), Gene Ramey(b), Jo Jones(ds)のセクステットで特にテイトのアーシーなテナーが好調です。Skeeterのギターも効いていますね。

 ブログと言うビジュアル重視の媒体なので,やはりこのアルバムをアップしたいと思わせるカバーです。存在自体がブルースと言った感じのカバーと思います。所有盤は米コロンビア6eyeのモノ盤です。
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ベン・ウェブスターのバラー... | トップ | 晩年の名演,バドパウエル・... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Jimmy Rushing (george)
2006-07-21 09:56:32
Jimmy Rushingは、大好きな歌手で、\"The Jazz Odyssey\"\"The You and Me That Used to Be\"はもちろんコロンビアの\"The Smith Girls Bessie-Clara-Mamie-Trixie\"、Vanguardの3枚、初期の吹き込みを集めたOfficial盤をLP(すべてリイシューです)で、ブルーベックと吹き込んだものはCDで持っています。

このアルバムは、残念ながら聞いたことがありません。見つけたら入手したいと思います。

彼のブルースシャウティングは最高です。
ラッシング (67camper)
2006-07-21 20:44:11
georgeさん,コメントありがとうございます。

たくさん所有しておられますね。

自分はBrubeck&Rushingとこのアルバムがオリジナルですが他は国内盤の再発です。

あの体躯と愛らしい表情がすきですね。

もちろん,ブルースフィーリングは最高です。

アンダーレイテッドシンガーですけどね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。