67camper's Blog

管理人67camperの空冷VW、北米輸入住宅、キャンプ、ジャズ、自転車、アコギ、カメラ、アメカジに関するログです。

Dorisのノスタルジー溢れる10インチ

2008-04-27 05:14:24 | jazz & vocal
You Are My Thrill/Doris Day
(Columbia CL6071)


 レス・ブラウン楽団で国家的評価を得たドリス・デイは、やはりアメリカを代表する歌手、女優、ダンサーですよね。今までにも10インチ、12インチを織り交ぜ何枚かをアップしましたが、10インチ盤に見られるアメリカン・ノスタルジック・フィーリングはカバーデザイン的にも素晴らしいものが有りますね。本日アップの"You Are My Thrill"もそんな素晴らしい雰囲気のカバーが印象的です。このアルバムこそ、ドリスのfirst LPなのです。録音は1949年と思います。輝かしい歴史のはじまりですね。

 バックはオケの演奏ですが、曲によってはThe Mellowmenのバックコーラスが加わっています。A-1のタイトル曲"You Are My Thrill"から、intimateなドリスのボーカルが聴かれます。続く"Bewitched", I'm Confessin'", "Sometimes I'm Happy"も好トラックですね。B面では"You Go To My Head", "I Didn't Know What Time It Was", "When Your Lover Has Gone"のバラードに於ける感情表現の素晴らしさには後の大成功の予感を思わせますね。


Daydreams/Doris Day
(Columbia CL624)


 後に上の12インチとして再発されますが、地味なカラーリングながら、やはり10インチの粋なカバーが秀逸ですね。所有盤はバーガンディラベル、シルバーロゴのモノラルオリジナル10インチ、背景がブルーのドリスの笑顔が捉えられた6eyeのモノラル12インチです。
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 食べた、弾いた、唄った!ギ... | トップ | 「アラバマに星落ちて」のケ... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
久しぶりに (ebi)
2008-04-27 20:59:12
連休に入ってやっとレコードを聞く時間が取れるようになりました。
ドリスの10吋盤良いですね。
私は12吋のほうしか持っていませんが、昔よく聴いたアルバムです。
このころの彼女はテレビスターになる前、明るい個性とは裏腹なしっとり感がある時期ですよね。

ところで今、カーットリッジをDenonのDL103Rを使って聴いているのですが、今年はモノラルカーットリッジも使ってみようかなと思っています。モノラルのカーットリッジを使うとどんな感じで聴けるのでしょう?
モノラルカーットリッジのほうが再生周波数帯が狭いのですがどんな感じになるのか気になります。http://bluesvoice.cocolog-nifty.com/blog/2004/04/dorisdaydaydrea_1629.html
モノはモノで (67camper)
2008-04-28 02:32:46
おいそがしいのですね。
ebiさん、コメントありがとうございます。初期のドリスいいですね。ご指摘のように、このアルバムでは後期と異なりほとんどがスローナンバーで占められしっとりとした歌唱が印象的です。ebiさんのログにもTBさせ絵いただきました。

さて、モノラルカートリッジです。うちはプレイヤ-2台、モノはDL102とDENON DP-57L、ステレオはThorens TD320 MK IIIとShure N44-7です。これをLUXMANのラインセレクターで切り替えて使用しています。トーレンスからDP-57L(ステレオからモノ)に切り換えるとやや出力レベルが下がりますが音質は芯がある中域の熱いサウンドの変わります。またステレオシステムで再生していたときに気になったノイズがかなり軽減されます。是非お試しを!
http://blog.goo.ne.jp/67camper/e/a1b096acdf7b4e9bebe29b98109b4247
子供頃の憧れ・・・ (4438miles)
2008-04-28 15:05:02
・・・それがドリス・デイです。

当時、「ヒナギクを食べないで」を聴き、ジャケットを見て、綺麗だなぁー・・・と見とれていました・・・12歳でした。

母親の映画雑誌から切り抜いた写真をもっていました。
質問ですみません (ebi)
2008-04-28 17:59:12
VictorのQL-Y7にDENONの103RとShureのM44や75B、97EDをとっかえひっかえ付け替えています。
リビングにも簡単なオーディオセットがあってDENONのDP300Fという安いプレーヤーにM44をつけています。
リスニングルーム(というほどしっかりした部屋ではないのですが)はやはりもう一台プレーヤーを入れようと思っています。
そちらにモノのカーットリッジを入れようと思っていますが102はカタログでは再生周波帯が狭い表示になっているので他のブランドにするか迷っています。
切り替えも103は出力の低いMCなのでどんな機器を使うか検討中です。LUXMANのAS44というのはどういう機能があるのでしょうか、伝達ロスは無いのでしょうか?
コメントに書き込むことではない質問になってしまって申し訳ありません。
12才のころ (67camper)
2008-04-28 23:40:10
4438milesさん、コメントありがとうございます。最も端的にアメリカを感じる歌手がドリスかも知れませんね。自分の場合は12才の頃には、こんな粋なシンガーの歌には縁がありませんでした(笑)。ビートルズとS&Gに狂って一生懸命アコギの練習に励んでましたよ!
4438milesさん凄いなぁ・・・
LUXMAN AS44 (67camper)
2008-04-28 23:46:53
ebiさん、コメントありがとうございます。LUXMAN AS44は単なるセレクターでロスを限りなく少なくするような配慮がされているのでしょうが、やはりダイレクトに比べればロスはあると思います。自分はShureのMMとDL102ですが、いちいちカートリッジの付け替えが面倒なので利便性追求でセレクターにしました。MCの使用経験がないのでよくわからないのですがトランスが必要ですか???少なくともうちのセッティングなら便利で使いやすく、伝達ロスもそんなに気にならないのではと思います。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。