67camper's Blog

管理人67camperの空冷VW、北米輸入住宅、キャンプ、ジャズ、自転車、アコギ、カメラ、アメカジに関するログです。

デッカ動物シリーズのシールマンス

2008-02-08 05:00:15 | jazz & vocal
Time Out For Toots/Jean "Toots" Thielmans
(Decca DL9204)


 先日、ブログ仲間のbassclefさんがデッカの動物シリーズというタイトルでログを書いておられましたし、ちょっと前にはやはりブログ仲間のmono-monoさんがコンテンポラリーの動物シリーズなんてのもアップされておりこういう「シリーズもの」は、自分だけでなくビニルジャンキーの皆さんのコレクター魂の琴線に触れるようですね。このbassclefさんのデッカの動物シリーズのログを読んでみるとどうやら全部で9枚あるらしいですね。自分は手許に6枚があったのですが、この中でbassclefさんのコメント欄でちょっと話題になったToots Thielmansを本日はアップしてみたいと思います。

 実を言うとこの動物シリーズ、改めてこのシールマンスのアルバムを聞き直してみてその素晴らしさに驚愕しました。もちろん、ハーモニカ自体に興味がない方はそんなに感動はないかもしれませんが、自分はテンホールズですがちょっとハーモニカを演ることもあって、彼のHohner社のハープからくりだされるジャジーなプレイに脱帽です。そしてサイドメンです。このアルバムには3セットの録音があり、副題に"Harmonica with Orchestra"とあるので敬遠されがちなのかもしれませんが、カルテット(ハーモニカwithリズム)、ズートを交えたサックスセクションを加えたセット、トロンボーンセクションを加えたセットの録音があります。さらにご存知のようにギタープレイも非凡なシールマンスが自分のギターをオーバーダブしています。注目はズートのソロもそうですが、リリカルなHank Jones(p)そして非常にタイトなサウンドで脇を固める Doug Watkins(b), Art Taylor(ds)のバッキングの素晴らしさに驚く筈です。ハーモニカの哀愁のサウンドも当然ながら素晴らしく、カルテットで演られる"Tangerine"などは涙ものですね。選曲も素晴らしく、"The Nearness Of You", "In A Sentimental Mood", "You Took Advantage Of Me", "Body And Soul", "Early Autumn"などの選曲はボーカル盤並みですね。

 所有盤はDeccaのバーガンディラベルのモノラルオリジナルです。動物シリーズで行くとエヴァンス入りのドン・エリスと並ぶ「犬」ですが、インパクトの強いバセットハウンド(?)のエリス盤よりはボクサー(?)のシールマンス盤が個人的には推したいところですね。
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 好調なデイリードライバー、6... | トップ | こんなデッカのジャムセッシ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (bassclef)
2008-02-08 19:51:29
おおっ!これが「デッカ動物」のトゥーツ・シールマンズでしたか!
camperさん、さっそくのアップ、Thanksです!
うん、うん、そういえば・・・この「犬」だった。
拙ブログの中では、「ヤマネコ」と書いてしまいましたね。どうやら自分の記憶の中で、フレッド・カッツの「ヤマネコ」(これも虎だったようです:笑)と、ごっちゃになってたようです。
camperさんの内容コメントを読むと・・・う~ん、ますますこれは・・・欲しくなっちゃうなあ(笑)
「犬」が3枚なんですね(ドン・エリオット、バーナード・ペイファー、そしてこのシールマンズ)
どうやら中身だけでなく、ジャケットも、ホント、このシールマンズのやつが、困ったような顔してて、一番いいですね(笑)
まあ・・・のんびりと探しますよ。
犬3匹か! (67camper)
2008-02-09 00:35:31
bassclefさん、コメントありがとうございます。
そうかPeifferも犬なんですね。
何か木に止まっている感じなので、リスかムササビかそんなイメージでした。よく見ると犬ですね。

このシールマンスは結構いいと思いますよ!
是非、探してみてください。
ハーモニカを嫌うことのないジャズファンなら絶対に好きになれるアルバムと思います。
私はイラストで! (mono-mono)
2008-02-09 12:33:07
ハーモニカといえばブルースだったのですが、
大学時代にお世話になった板さんにシールマンスのCDを頂き、
聴いてぶっ飛びました。

デッカ動物シリーズ、良いですねェ。
私もがんばらねばと決意を新たにいたしております(笑)
ハーモニカ (67camper)
2008-02-09 13:41:57
mono-monoさん、コメントありがとうございます。
自分もブルースハープは少しやるんですが、ブルースに最適?なセカンドポジションは苦しいんですよね。
吸うばかりで・・・

多分、シールマンスのものは全ての音が出せるタイプ、クロマチックっていうのかなぁ?あまり詳しくないですが・・・

コンテンポラリーのイラストアニマルシリーズ、これもいいですね。自分もこのmono-monoさんが挙げられた6枚、なんとかあるようです。コンポラは6枚ですべてですか?

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。