明日元気になろう

元気にがんばれるように・・・!

読書好き

2017-06-15 01:15:48 | いいね~
         

   天王寺に行くと 寄る本屋さんに又吉直樹さんが居ます

   

   前回は『火花』でいました まだ、芥川賞取ってない時でしたが

   読書家なんだな~と感心してました


   『劇場』はどうでしょうか?ね  


    

   大阪市寝屋川生まれらしい 趣味は散歩と読書と音楽鑑賞。通算3,000冊以上の本と
   2,800枚以上のCDを持っている。活字が躍りだす夢を見るほどの読書家。

   好きな作家として、太宰治、芥川龍之介、古井由吉、京極夏彦、中村文則、田丸雅智等を
   挙げている。

  「太宰治ナイト」「松尾芭蕉ナイト」などのイベントを主催しているそうです



   読書好きと言えば、
   
   子役タレントの芦田愛菜ちゃんが 一ヶ月に120冊読むらしい~
   素晴らしい事です

   読書は利口になりますね 私も子供の頃から 読む習慣つけておけばよかった

   日本全集や、世界全集 持っていたのに 数えるほどしか読んでない

   老後に読もうと 思っていたが もう老後に入ってるが もう目

   ダメで すぐ眠くなってしまう・・・

   



              



   レゴブロックのディオラマ

   


   


   私には全く不可能なものです・・・
『本』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 空から車が降ってきた!! | トップ | 『22年目の告白』 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
読書 (keiko)
2017-06-15 09:38:11
いいですね~
でも、やっぱり、なかなか読めませんね
時間が無かったり すぐに眠くなったりで、
よく解ります
貴女は その代わり 色んな事ができますやん
手作り、手芸を素敵です いつも感心してます
老後はないですよ(*^^)v
Unknown (花子)
2017-06-17 20:17:51
「火花」は文藝春秋に掲載された時に読みました。
少々私には難解でなかなか入り込めず頑張って読んだ気がします。
芦田愛菜ちゃんはスゴイですね!
インタビューの受け答えの語彙も豊富だし・・
難関の中学校にも合格して、将来が楽しみです。

「花戦さ」昨日観て来ましたよ。
想像以上に面白かったです! 教えてもらわなかったら、多分映画館に足を運んでいなかったと思います。
有難うございました!
野村萬斎はさすがですね。市川猿之介の秀吉役は見事でしたね。
活けられた花で戒められる様子は圧巻でした。
千利休が切腹した経緯は諸説ありますが、本当はどうだったのでしょうね。
千利休はなかなかの野心家とも言われていたので、その辺の面構えで佐藤浩市を起用したのは正解だったかもしれませんね。
keiko様へ (ひまわり)
2017-06-18 16:18:06
いやいや~
手芸と言っても 我流ばかりで 大したことなく 下手くそですが 楽しんでます(^_-)-☆

いつになっても 読書はした方がいいですね
眠くならないといいんだが・・ 推理小説は眠くならないですね ・・・しかし目が・・・
花子様へ (ひまわり)
2017-06-18 16:35:28
お見事! 流石花子さん 「花戦さ」の感想文 素晴らしいですね~
私も、全くそう思いました・・が上手く表現できませんでした(*_*;

利休はあまり知らない時は 優しい温和なイメージがありましたが、色んな話では、野望性もたったらしいとかで、
今回の「花戦さ」での佐藤浩市の利休はピッタリのように思いました 演技力もあるのでしょうけど いい俳優さんになりましたね偉そうに~

もう一度観たい映画です 花子さんに 褒めて貰って嬉しいです

「火花」はTVドラマで観ました 面白かったです
言葉が上手ですね 大阪弁がしっくりいました 地元ですので
読書は子供の頃から 癖漬けするのがいいですね
子供の頃 近所に読書好きの男の子がいて やっぱり利口で級長してました 顔もハンサムでした モテたでしょうね 幼馴染みなので「男性」を感じなかったですが、
そう言えば、私の女友達がその子の事『好き!』と言ってましたわ

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。