gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

記事のタイトルを入力してください(必須)

2017-07-14 12:44:12 | 日記
龍蔵寺 (山口市)
龍蔵寺
Ryuzouji yamaguchi01.jpg
龍蔵寺楼門(2015年9月9日撮影)
所在地 山口県山口市吉敷1750番地
位置 北緯34度10分3.8秒
東経131度24分44.0秒座標: 北緯34度10分3.8秒 東経131度24分44.0秒
山号 瀧塔山
宗派 真言宗御室派
本尊 阿弥陀如来
創建年 伝・741年(天平13年)
開基 伝・行基
札所等 中国三十三観音霊場 17番
文化財 胎蔵界大日如来坐像(国・重要文化財)
十一面千手観音菩薩(県・文化財)
テンプレートを表示
龍蔵寺(りゅうぞうじ)は、山口県山口市吉敷の滝山の中腹にある真言宗御室派の寺院。中国三十三観音の第十七番札所など巡礼の札所であり、国の天然記念物に指定されたイチョウの巨木がある紅葉の名所でもある[1]。
目次 [非表示]
1 概要
2 歴史
3 文化財
3.1 重要文化財(国指定)
3.2 山口県指定文化財
3.3 山口市指定文化財
4 その他
5 アクセス
6 隣の札所
7 脚注
8 関連項目
9 外部リンク
概要[編集]
龍蔵寺は山口市内では最古刹であり、縁起や歴史、他所から移されてきた客仏など、多くのものの由来が確定できず伝説的である。境内に流れる「鼓の滝」は古くから名勝として知られ、雪舟作と言われる池泉回遊式庭園や春の牡丹、秋の紅葉など、景勝地として整備されている。
また、ペット葬や永代供養など、現代的な寺社経営も行っている。
歴史[編集]
1778年(安永7年)に龍蔵寺から長州藩に提出された由緒書によれば、698年(文武天皇2年)に豊後国の英彦山で修行していた役小角が、北方に見た瑞雲と光明から吉敷の滝を発見し、奥の院の岩窟を「龍の蔵」と名付け、熊野権現を勧請して護摩供を修したとされる。下って741年(天平13年)、行基上人がこの地で千手観音像を彫り、七堂伽藍を建てて「龍蔵寺」と名付けたと言われる[2]。
江戸時代には、現在の本堂や観音堂の他に薬師堂や開山堂などがあったが、廃仏毀釈や廃藩置県など明治初期の混乱により多くのものが破却され寺は荒廃した。その後、明治29年に住職に就任した宮原泰歓の尽力により信仰の場として復活した。
文化財[編集]
重要文化財(国指定)[編集]
木造大日如来坐像(胎蔵大日) - 佐々木高綱作との伝承があるが、実際は平安時代末期の作[3]。元は廃寺となった吉敷木崎の妙法寺にあったが、明治時代初期に本寺に移された[4]。
四天王図鎗金扉 2枚 - 宋〜元時代
山口県指定文化財[編集]
十一面千手観音菩薩
山口市指定文化財[編集]
木造不動明王立像
木造毘沙門天立像
その他[編集]
雪舟の描いた絵馬があまりに見事なため、夜な夜な馬が抜け出し近所の田畑を荒らすという苦情から、雪舟が後から手綱を描き足したという伝説がある。現在その絵馬は観音堂内に飾られているが、専門家の言によれば江戸時代中期の作であるという。
アクセス[編集]
JR西日本新山口駅新幹線口より車で約20分
JR西日本山口駅より車で約15分
小郡インターチェンジより車で約15分
隣の札所[編集]
中国三十三観音霊場
16 洞春寺 -- 17 龍蔵寺 -- 18 宗隣寺
脚注[編集]
^ 「龍蔵寺(りゅうぞうじ)」一般財団法人山口観光コンベンション協会 2015年9月9日閲覧。
^ 高橋文雄『瀧塔山龍蔵寺:鼓の滝』1980年10月1日 瀧塔山龍蔵寺 pp.1-44.
^ 山口県の文化財(「木造大日如来坐像」で検索)
^ 西の京やまぐち(山口市サイト)
関連項目[編集]
中国三十三観音霊場
山陽花の寺二十四か寺
外部リンク[編集]
瀧塔山 龍蔵寺
中国観音霊場
周防国三十三観音霊場
執筆の途中です この項目は、仏教に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(ポータル 仏教/ウィキプロジェクト 仏教)。
カテゴリ: 山口県の寺真言宗御室派の寺院中国三十三観音霊場山口市の建築物山口市の歴史山口県の重要文化財
案内メニュー
ログインしていませんトーク投稿記録アカウント作成ログインページノート閲覧編集履歴表示検索

Wikipedia内を検索
表示
メインページ
コミュニティ・ポータル
最近の出来事
新しいページ
最近の更新
おまかせ表示
練習用ページ
アップロード (ウィキメディア・コモンズ)
ヘルプ
ヘルプ
井戸端
お知らせ
バグの報告
寄付
ウィキペディアに関するお問い合わせ
印刷/書き出し
ブックの新規作成
PDF 形式でダウンロード
印刷用バージョン
他のプロジェクト
コモンズ
ツール
リンク元
関連ページの更新状況
ファイルをアップロード
特別ページ
この版への固定リンク
ページ情報
ウィキデータ項目
このページを引用
言語
リンクを追加
最終更新 2016年2月27日 (土) 13:17 (日時は個人設定で未設定ならばUTC)。
テキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。追加の条件が適用される場合が
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 記事のタイトルを入力してく... | トップ | 記事のタイトルを入力してく... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。