gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

記事のタイトルを入力してください(必須)

2017-07-14 13:01:19 | 日記
すっかり秋らしくなった。西中国山地や比婆・道後の方に行くと紅葉がきれいだろうが遠出が億劫。紅葉のない近場を歩く。
上根峠から向原への陰陽分水嶺。3分割して歩くことにして、今日は白木町志路内山集落北の峠(大又峠と勝手に命名)まで。上根峠近くの善教寺裏の墓地から尾根に取り付いて分水嶺をトレースする。509までは今年の5/26に歩いている。
前回の白木山に続く稜線と別れて北東に向かう。ほとんど下草やヤブのない明るい雑木林である。
善教寺から2時間で横畠と出口を繋ぐ車道を横切る。朽ちた小さな社にお地蔵さま。近くの442三角点の点称が石ヶ峠なのでこの峠のことかもしれない。車の轍があるが舗装なしの地道はぬかるんでいた。
442を過ぎて東から北に向きを変えるコブから少し景色が広がる。このコブの北の鞍部にも掘割と峠道があった。
552が2ヶ所あるが、北から東に向きを変える後者の552手前に「竜蔵寺跡→」の標識があり、道はコブの南を巻いていた。我々は直登する。コブから東の稜線の南側に広い範囲で平地が広がっており、広い道が続いている。標識も何もなかったが、ここが寺跡なのだろうか。
524に曲がる所が少し分かりにくいが、立派な道もあり大又峠に難なく降り立った。途中の峠から3時間だった。
帰りに内山集落を車で通ると「竜蔵寺跡」への案内があったが、近くの人に聞くとヤブになっていて行くのは大変だ、行っても何もない、山の上の方ではない・・・
とのことで断念した。帰ってネットで調べるが何も出てこなかった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 記事のタイトルを入力してく... | トップ | 記事のタイトルを入力してく... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。