鳥になりたい (・e・) piyo♪

国道19号(長野~安曇野)界隈を行ったり来たりの風景スナップ

岩州公園手前の桜はどんな様子だろうかと行ってはみたけれど・・・《 六地蔵とオレンジ色のニクい奴 》

2017年05月18日 | 山・風景(中信)
どうしても少しだけ気になってしまう、岩州公園手前の桜。
一週間後、今度はどうなんだろう?と、様子伺いに行ってはみたけれど・・・

あまり変わっていない・・・


奥の 例の八重桜 はつぼみに色が付き始めたばかり。


また代わり映えしない風景を記録。


つまらないので、いつも行く岩州公園とは逆の方に行ってみた。
つまり、明科方面から上ってきた場合の、左方向へ・・・

尾根道を少し行くと・・・


「小立野入の六地蔵」三百年以上前に建てられたっていう・・・


ここには先客が居たけれど・・・車から降りたら あっちへ行ってしまった。


尾根道とはいっても、展望が利くわけではなく・・・すきまから覗く程度。


周辺を調査するも、六地蔵の他には これといったものが特に無さそうなので、少し散歩して六地蔵にサヨナラ。

岩州公園入口(R403)まで戻って来たところで妙なものを発見


なんじゃこりゃ?!


粘菌ってやつですか?と思い、帰ってから調べてみると…
切り株の傷などから流れ出た樹液に天然酵母が繁殖して発酵した「樹液酵母」っていうらしい。

だから切り口にだけ付いてるのね。

世の中、不思議なことだらけだ。
『長野県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 岩州公園手前の桜はどんな様... | トップ | 漆久保トンネルの桜 (旧国鉄... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL