INSIGHT

ある化学工学系大学教員の大学とあまり関係ないブログ.twitterやFacebookに載りきらない長文の置き場.

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Attack!299

2017年08月10日 | 自転車

「腸がただれてますねぇ。」ライド後の火曜日に急性腸炎の診断。これも加齢というヤツか(いや単なる不節制)。お陰で今週は大人しくしてるしかなかった。


しかも過去2回の参加と同様、後半に脚が攣るのを止められなかった。脚攣りはニセコで懲りたので、前週からミネラルとビタミンC多めの食事、当日はMag-onと2RUN投入と考えられることは一通りやってみた。それでも去年より攣り始めを遅らせることはできたものの、完全になくすまでには至らなかった。


実は自分はロングライドに弱いのではないか? そこでここ数年の高強度なロングライドをまとめてみる。


2014秋 ◆ツールド東北210km起伏 晴 攣らなかった

2015夏 ◆Attack!299 160km山岳 晴暑 攣った

2016夏 ☆ニセコクラシック140km山岳 雨寒 攣った

2016夏 ◆Attack!299 160km山岳 晴暑 攣った

2016秋 ◆ツールド東北210km起伏 雨寒 攣らなかった

2017春 ▲佐渡一周&ドンデン山250km起伏 晴 攣らなかった

2017夏 ☆ニセコクラシック140km山岳 晴 攣った

2017夏 ◆Attack!299 160km山岳 曇暑 攣った


☆:レース、◆:ライドイベント、▲:プライベート


コースプロフィールやペース配分がまちまちなので粗っぽい比較しかできないが、夏と山岳が攣りやすい要素のように見える。秋には脚が慣れてくるのだろうか。山岳については閾値上の強度で10分とかが繰り返し出てくると攣りを呼ぶのかもしれない。

 

ログ: Cyclo-Sphere | Strava

 

0500スタートは毎年ながら高速トレイン。今年はローテしつつもしっかり後方まで下がって脚を温存。山伏峠を越えてR299に出る信号で6名の先頭集団を作って志賀坂峠へ。下りきると4名。90km越えたあたりのCP1から先は各自のペースで。かっ飛んでいくチーム員マコリンの背中を見送り、パインヒルズ90やMIVROの方とお話ししつつ十石峠へ。攣るぞサインが右脚に出始め、閾値以下を余儀なくされる。麦草峠に2時間近く掛かりそうなことを考えると0930には佐久穂のCP2に着きたいが、どうやら無理そうだ。


トイレ&給水して1010に麦草峠の登りに入る。序盤は強い日差しとキツめの勾配で苦しいところだ。集中してペダルを回す。中盤から日陰が増えて気温も下がり、少しペースを緩める。しかし標高1400の看板あたりで本格的に脚が攣り始める。昨年同様、サインが来て数秒おいて痛み始めるのと、下手をしなければ片脚ずつしか攣らないので落ち着いて対処できる範囲。力のon/offを急にせずジワッと踏んでいけば痛みの広がりを抑え込める。効率が悪いのは仕方ないが、以降はゴールまで全てテンポ強度のダンシング。シッティングでは脚をどのように回そうが腿の裏から攣り始めるのだ。腕まで攣らないように祈りの気持ちでゴールへ。


リザルト


今年は峠にスペースを確保できなかったようで、7km先の荷物デポ地点がゴールとなった。7h04m。公式にはトップだが、実際にはゴールを行き過ぎたマコリンより30分以上遅れてのゴール。脚が攣るのでバイクから降りられず敷地内を走り回ったが、砂利で滑って脚を着いた瞬間に激しく痙攣してしまい、しばらく身動きできなかった。カップヌードルとトマトの旨さが身体にしみわたるものの、他のライダー各位と談笑する元気もなくしばし意識消失。そしてJerryさん,そしておそらくご友人のTJさんも,還暦越えているのに自分と1時間も変わらないゴールタイムで本当に素晴らしい。20年後の自分はこんなにカッコいいオヤジになれているだろうか。

(放心状態でトマトを貪る自分。撮影:マコリン)


茅野からの列車内も「50回くらい溜息つくけど我慢してくれ」とマコリンに詫びつつ、100回くらいはハァ〜とやってた。Beerは格別だったけどな。


引き続き脚攣りの克服は課題だが、3回のAttack!299を比べる限りでは攣りのレベルは下がってきているのも事実。地脚を鍛えるトレーニングを止めてはいけないということだろう。次のThe PEAKSラウンド4奥多摩は全身のタフネスを試されるだろうが、さてどうなるか。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Mt.鳥海バイシクルクラシック | トップ | The PEAKSラウンド4奥多摩 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

自転車」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。