中井悠美子 「四季の絵文日記」 2011.9.24~

四季を語る「絵文」と、日常を織り交ぜた小さな日記。
ご訪問頂き有難うございます。ご縁に感謝を!

Vol. 804 蕗の薹の「薹」ってなんのこと?

2017年03月21日 20時00分43秒 | 日記
   
   心ある方がお届けくださった「春の使者」・・・蕗の薹が一杯!
   3月半ばともなれば「葉を割って、花が咲き始めるんですね」

   ところで蕗の薹の「薹」ってどういう意味?
 
   それは
   蕗の花茎のことをさして言うのだそうです。
   つまり花の「茎・くき」の事ですね。
   
   
   これは茎が伸びて「すっかり薹が立ってしまっているようす。
   こうなってしまっては食べられませんね。
   そう言えば菜の花なども、茎が伸びきって花の丈が高くなった様子を
   「薹が立ってしまった」と、言っていたような記憶が、蘇ってきました。
   堅くて食べられないとも・・・

   早春、いち早く雪を割って芽吹く「蕗の薹」
   
   冬眠から目覚めた熊が「一番に」食する物だそうです。

   と、「言うことは」栄養価が高いのでしょうか
   調べてみました・・・ごく簡単にアップ。

   ●カリウムを豊富に含んでいます
    ナトリウム(塩分)を排泄する役割があり、高血圧に効果がある。
    足などのむくみをとる作用もある。
  
   ●苦み成分はアルカノイドとケンフェール
    アルカノイドは肝機能を強化し、新陳代謝を促進する。
    ケンフェールは活性酸素などの発ガン物質を抑制する効果がある。

   ●香りの成分はフキノリド
    これには胃腸の働きを良くする健胃効果がある。

    いずれも
    ・・・・・・あると、言われている・・・と、いうことですが。

   旬の物を頂くという
   旬を大切にしてきた日本人の感性。
   長い間に培われてきた食に関する知恵・・・・

   大いに学ぶべきところがあるようです。

   さて、今日はこんなところです。
   ご訪問くださいました皆様ありがとうございました・・・・・・

   
 
  
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Vol. 803 4月のお手本描き直... | トップ |   
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
蕗の薹の薹、、 (verdavojeto)
2017-03-21 21:06:40
食べられますよ!
無駄にしないで利用して下さいょ。

何年か昔日本でとある道の駅に立ち寄った時30センチもある蕗の薹を売っている小父さんがいました。
花の部分は捨てて、茎のみ、或は葉のみを食すると教えてくれました。天ぷらに良いですよ、とも。
そうなんですね! (verdavojeto様)
2017-03-21 21:28:21
薹が立ったら食べられない・・・と、ばかり。

天ぷらにすると良いのですね。
そう言えば「ドクダミの葉」も天ぷらにすると
美味しく頂けたこと思い出しました。

教えて頂きありがとうございました。

そちらはまだ雪の中でしょうか?
山菜の季節が・・・ (悠遊自適)
2017-03-22 07:10:08
始まった!

フキノトウの群生を発見したのは深い山の中で
クマタカを探してた時
この年は雪が少ない年だったんで入れたんよね
伊吹山の裏なんでその後行ってないけど・・・
伊吹山ねえ! (悠遊自適様)
2017-03-22 20:41:19
蕗の薹を摘みに行くにはいささか遠いね!

群生とは~~!
こんど見つけら、摘んでおいてね
お願いします。
Unknown (てるちゃん)
2017-03-27 17:47:05
青森 三沢~十和田まで花電車がでてる時 花の舞う 車窓から5256 あぜ道に ず~っと 蕗の薹が薄緑の絨毯となって  🌸もさること ながら 見とれました  スーパーでしか 見る事がない 者にしては こんなにして 育ってるんだと びっくりしました  スーパーで買って天ぷら 蕗味噌などして 食べてます   ちなみに この年娘達が
転勤で三沢に居ました。
花電車! (てるちゃんへ!)
2017-03-27 18:36:22
それはまさしく
花電車でしたね。
いろいろな体験を積み重ねられ、話題も多いし、
良い人生を過ごされて、これからもそれが続くのですね。

私はと言えば、塾とお稽古場と家との往復で過ぎてきた20年あまり・・・取り戻すべく、頑張ります。
今が一番幸せですよ。

何時か是非ご一緒に旅を~~~!

蕗の薹にはお互いに「良い思い出が」あるようですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL