中井悠美子 「四季の絵文日記」 2011.9.24~

四季を語る「絵文」と、日常を織り交ぜた小さな日記。
ご訪問頂き有難うございます。ご縁に感謝を!

Vol. 719 古稀同窓生

2016年09月15日 17時26分01秒 | 日記
   
   今日中学時代の友人「Mちゃん」からお電話を頂きました。
   8年前に開いた「故郷での三人(高校時代の友人たち)展」にお越しくださったその時、印象深く残った
   上記の作品を描き直してほしいとのご依頼です。

   そのほかにも「四季地蔵」もご希望とのこと。
   こちらも当時描いた物。
   

   

   よく覚えていてくださったことと感激  
   
   Mちゃんとは中学卒業以来お会いできないまま。年賀状だけのつながりに。
   お会いできたのは60歳になってから・・・ところが、またまた時は流れて。

   なんとびっくり私たちはすでに今年「数え年で」70歳となるのです。

   80歳となるまで、今からの10年をどのように生きていけばいいのか。
   人を取り巻く「オーラ」に人生の年輪というべきものが表れるのであれば
   油断は出来ません・・・

   少し前に「起業」したという彼女。
   お会いしてお話をお聞きしたいと思います。
   友人の強い生き方が、私に新しいエネルギー注いでくれそうです。

   生きてきた証に何を残すか。
   そろそろ真剣に考てみる。
   そんな時に差し掛かっているような気がいたします。

   さて、皆様本日もご訪問頂きありがとうございました・・・・・・

   

   
   
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Vol. 718 明歴々露堂々 | トップ | Vol. 720 中秋と仲秋・違いが... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (臥龍)
2016-09-16 15:13:10
えっ ?そんなお歳にということは私は・・・
先生は学習塾で有意な青少年を育てられました。また絵文という文化を広めておられます。これだけでも人として生きてこられた価値は十分ではないでしょうか ?
人の値打ちとタバコの味は灰にならなきゃわからないとか・・・強いて言わせていただきますと、絵文を後世に伝えるための後継者の育成でしょうか?
生意気言ってごめんなさい。
そうなんですよ! (臥龍様)
2016-09-17 00:18:19
臥龍様と一回り違いの「亥年」です。
中国では「金の豚」と呼ばれるほど幸運のイノシシなんだそうです。「丁の亥」です。

指導出来そうな方は二名。お一人は退会されて独立して教えていくださっています。もう一方は「ず~~と」ご一緒してくださるそうです。お二人とも公民館でご指導くださっています。

辞めないでいる彼女は、毎年旅するグループに在籍です。今年は穂高にまいりました。

でも、育成って難しいですね。本人が元々持っている「力」のような物が無いとねえ。根っこから育てると言うことは難しいです。

岡山に素質のある方が・・・でも、このお稽古で生徒さんを集めるのは時代的に難しくなっているかもしれません。楽しんでいることが一番いいのかもしれません。
コメント頂きまして深謝。真剣なご訪問にも深謝!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL