中井悠美子 「四季の絵文日記」 2011.9.24~

四季を語る「絵文」と、日常を織り交ぜた小さな日記。
ご訪問頂き有難うございます。ご縁に感謝を!

Vol. 842 唐傘・番傘・蛇の目傘・・の違いは?

2017年06月28日 21時07分09秒 | 日記
   
    雨降りお月さん 雲の蔭
       お嫁にゆくときゃ 誰とゆく
         ひとりで傘(からかさ) さしてゆく
           傘(からかさ)ないときゃ 誰とゆく
             シャラシャラ シャンシャン 鈴付けた
               お馬にゆられて 濡れてゆく
                       野口雨情作詞、中山晋平作曲の日本の童謡

   唐傘・番傘・蛇の目傘
   これらを総称して「和傘」といいますね。

   それぞれどう違うのでしょうか?
   調べてみました。

   「唐傘」見出しの写真の花嫁さんがさしてる傘が
   唐傘ですね。
   第29代天皇(欽明天皇)の時代に(539年頃)中国大陸から輸入されたのがこの傘。!
   初めて見た傘「まるでからくりのようだ」と唐から来た傘と言うことで「唐傘」となったそうです。
   
   「番傘」
   
   番傘は30本前後の竹の骨を使用して、そこに和紙を張った傘(油が塗ってある)のことをいいます。
   昔は商売をしている人が、雨が急に降ってきた時などにお客さんに貸し出す傘として使用。
   お客さんに貸し出すため傘に番号を書いていたことから「番傘」と呼ばれるようになったそうです。
   子どもの頃通っていた小学校には、この番傘が用意されていました。

   「蛇の目傘」
   
   蛇の目傘は江戸時代に誕生した傘で。傘の中央を丸く白く抜き傘を開いた時に、
   
   蛇の目の家紋(蛇の目紋)に見えるように作ったことからこの名前がついたのだそうです。
   傘の柄が「黒い漆塗り」になっているのが特徴だそうです。

   和傘はどれも美しい
   夜目遠目傘のうち・・・って女性の美しさを表現した言葉・・・お若いかたはご存じないかも!?
   洋傘全盛のこの時代。和傘は「高価」なものになりました。
   が、大切にしたい日本の文化ですね。

   紫陽花の雨の茶会に似合うから
            紺の蛇の目で小足に行かん


   

   皆様、本日もご訪問頂きありがとうございました・・・
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Vol. 841 雨後の緑が美しい・... | トップ | Vol. 843 街の中にある不思議... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (花)
2017-06-29 09:37:09
おはようございます。

番傘さして歩きたいな

浅草で買おうかな~どうしようかな~と迷ったことを思い出します。

描かれた紫陽花素敵
目指すはここお稽古しなくては・・・・
雨に似合う! (花さんへ)
2017-06-29 21:06:42
日本の風情、着物とよく合う「和傘」ですね。
昔の人の感性の繊細さ・・・尊敬です!

葉書絵の紫陽花。
画仙紙の葉書に書くと「思いがけない色合いが」
醸し出されます。

絵手紙で検索
葉書の・・・太郎って名称の物を使っています。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL