中井悠美子 「四季の絵文日記」 2011.9.24~

四季を語る「絵文」と、日常を織り交ぜた小さな日記。
ご訪問頂き有難うございます。ご縁に感謝を!

Vol. 765 和風総本家より・筆軸のお話

2017年01月03日 21時53分16秒 | 日記
   
    筆ですね。
    写真には中国筆も写っていますが・・・筆の軸(管)は竹で出来ていますね。
    
    私は「和風総本家」の大大ファンなんですが
    昨日その番組から、ふと漏れ聞こえた「岡山県」という声

    故郷です・・・思わず釘付け。
    岡山県赤磐市にある「南部千代松商店」竹で筆の軸を作っているとか。
    この竹筆軸を製造しているのは、県下では【南部千代松商店】のみで、
    国内の60%ほどをここで製造。
    他は、兵庫県に2ヶ所(家族)を残すだけなんだそうです。
   
    
    天日干しされる竹の筆軸
    岡山県赤磐市の吉井川の河川敷で、筆の軸に使う竹約50万本を天日干しにする。

    100年以上前から続く伝統ある手法
    同店の社員が日差しを均等に当てるため熊手で竹を転がす。、
    あたりにはカラカラと澄んだ音が響いている。

   

   

    原料の竹は岡山、兵庫、熊本の3県から切り出したもの。
    釜ゆでし、油や汚れを取り除いた後、75日ほど河川敷で乾燥させ、色や水分を抜く。
    作業は真冬の頃から4月中頃まで続き、広島、愛知、奈良などの筆の産地に出荷される。

    吉井川は故郷西大寺辺りでは川幅300メートルにもなる「一級河川」
    その上流の河原で「100年」も続く技が、営々と受け継がれていたとは。

    一本の筆・・・できあがるまで
    陰にこんな素晴らしい仕事人がいてくださったとは。
 
    昭和初期には「年間一億本」の製造。
    それが今では「年間百万本」採算は合うのでしょうか?

    頭を垂れて  
    筆を扱う仕事をしている者としての感謝を深く刻みました。
    筆供養しなければ!

    さて、今日はこんなお話でした。
    本日ご訪問くださいました皆様ありがとうございました・・・・・・

    

    

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Vol. 764 今月のお手本描けま... | トップ | Vol. 766 山茶花・のお話 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (臥龍)
2017-01-05 08:46:09
ほお~そうですか。

この筆もあの筆も軸は岡山産かも?
そう思うとちびた筆も捨てられませんなあ~
しらなかったですね。 (臥龍様ヘ)
2017-01-05 09:34:06
この年になって芽生える「郷土愛」

私は長らく「熊野産」の筆を使っていますが
ほんと、もしかしたら筆軸は「岡山産」で
あったかもしれません。

よいお話でした
ふぅ~ん! (悠遊自適)
2017-01-05 18:07:46
知らなかったわ 赤磐でねぇ~・・・

昔 中国に行った時 書は中国とばかりに
筆を買ってきたけど うぅ~だった!

まぁ~今ならもっと考えて買っただろうけど甘かった!

今年もよろしくぅ~・・・
知らなかったねえ! (悠遊自適様)
2017-01-05 18:25:57
何しろ十八歳で故郷をはなれているからね。
故郷の事では知らないことがおおいよね。

筆は「日本製」がいいよ~~!

今年もよろしくね!

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL