中井悠美子 「四季の絵文日記」 2011.9.24~

四季を語る「絵文」と、日常を織り交ぜた小さな日記。
ご訪問頂き有難うございます。ご縁に感謝を!

Vol. 847 大人の為のお箸講座(入門編)へ行って参りました!

2017年07月17日 17時51分31秒 | 日記
   
   FB友の「桜庭 淳子」さん主宰の「お箸講座へ」行って参りました。
   間違いなく正しく扱えていると思い込んできた「お箸使い」果たして、本当に正しいのか?
   ふと、心に芽生えた「黒い雲」・・・これは晴らしておかねばと・・・出かけました。

    
   黒一点の男性は遠く「徳島から」お越しです。
   正しく扱えていると思っている方よりも
   他人から「変だよ」と指摘され、人前での箸使いが出来なくなった方・・・の方が多い!
   そんな8名の集まり。
    
   少々変だぞ・・・この扱い方では「食材」を上手く口元に運ぶことは出来ませんね。
   

   

   

   私はほぼOKでした・・・たぶん
   お箸使いは「子どもの頃から親にしつけられて来た」と思うのですが。
   うるさく言われることに反抗して、
   美味しく食べられたらそれでいい…箸使いなどどうでもいい…これは負け惜しみに聞こえますね。
   
   さて、お箸の歴史
   遠く7世紀頃「遣隋使・小野妹子」が日本にもたらしたとのこと。
   それまでの「手食」から「箸食」として広めた基は「聖徳太子」だったのだそうです。

   神への供え物に「箸」を使うようになり、と同時に箸先を汚さないようにとの配慮から
   「箸置き」も使うようになったのだそうです。
   箸と箸置き・・・深い歴史があったのですね。
   日常の食事の時にも心掛けて「箸置き」を使いたいもの・・・気遣いとして。

   ところで、このように作法としての「箸使い」が一つの「文化」のようになっているのは
   日本だけなんだそうです・・・
   茶道でも「箸」を置くときも、取りあげるときも三手に扱うと、ご指導頂きました。
   美しい手の動きは、相手への配慮でもあるのですね。
  
   お箸を扱う国は日本以外にもありますね
   韓国・中国・モンゴル・台湾・ミャンマー・タイ・ラオス・ベトナム・カンボジア・北朝鮮
   しかしながら、日本はこういった国にない独特の「箸使い」を作法としてあみ出したのです。
  
   また、頂きます・・・ご馳走様・・・と言う言葉も
   生きとし生きる物たちの命を頂き、我が命を生かして頂く。  
   そのことに、感謝するという。食に関わる日本人の「心」から生まれた言葉なのですね

   お箸使いは「その心を形として」表すこと、なのかもしれません。

   桜庭さんありがとうございました。
   深く感動しながら帰宅いたしました。
   暑い夏の、暑い午後・・・それも思い出に残る7月15日となりました。

   さて、久々のアップ、今日はこんなところです~~!
   ご訪問頂くださった皆様、ありがとうございました・・・
   
   
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Vol. 846 谷崎潤一郎が愛した... | トップ | Vol. 848 葉月のお手本は「マ... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (臥龍)
2017-07-17 19:43:17
私も箸使いは気になるほうです。
親からあれこれ言われたことはありませんが、
誰々さんはこんな箸使いをしている、格好が悪い
不作法やという話を食事の時によく聞きました。
箸使いは人格を現す。ちょっと大袈裟?



うら若き25、6才の頃 (verdavojeto)
2017-07-17 20:07:17
職場でお弁当を食べて居て「箸の持ち方がおかしい」と同僚に指摘され始めて気付きましたね、私。
妹の箸の持ち方が握りしめ型で、両親の関心はそちらへ偏っていた子供時代。私の持ち方は一見正しいのでした。その同僚が気付いてくれなかったら、私は今も同じだったでしょう。どんな持ち方をしていたのかは今は思い出せません。

私の孫息子、8才、食事が終わると「ご粗末様」とのご挨拶です。これは「ごちそうさま」と「おそまつさま」の合成語です。母親が訂正しましたが「No」と一蹴されました。いづれ理解して自分で笑う日が来るでしょう。
私も気になります。 (臥龍様へ)
2017-07-17 23:37:53
皆さん大人になって「親以外」の方から
注意されて初めて直さなければと思うようです。

ところが「どうすれば」いいのか分からない。

確かに箸使いのおかしい人は
気になりますね・・・
箸使いは人格を表す・・・私もそのように思います。
正しいこと! (verdavojetoさまへ)
2017-07-17 23:50:51
正しく使えば、堂々としていられます。
日本文化はつくづく「形」から入る
文化なんだなあと、思います。

武道にしても茶道にしてもですよね。

そこへ気持ちを込める・・・と、言うことが大切な
ことだと教えているのかもしれません。

お孫さん「楽しいですね」
でも、お粗末様は作り手側からの
謙譲語ですから、頂く方は「やはり感謝を込めて、ご馳走様」

で、お願いしたいと思います(*^_^*)
う~ん!・・・ (悠遊自適)
2017-07-18 21:54:01
時々TV番組で観ますが 「どこがぁ~?」ってな
感想!
ちゃんと豆も掴めるしなぁ~・・・

所謂 厳密には正しくないみたい!

習った通りに持って使ってみるとぎこちない・・・
「ふぅぅ~ん!」 でも ちゃんと食べれるけどね!

文化継承・・・っか! やね・・・もう無理やろうけどね

ただ 箸使用の起源は興味深かった!
箸置きもね・・・習った先の国にはいろいろ感ずる
もんがあるけど・・・
襟を正すと言うこと (悠遊自適様)
2017-07-18 23:03:55
そんなことが好きな国民性なのかなあ?

どうでもいいやん!
どうってことないやん!
と、思ってしまうと・・・その結果はどうなるんやろね?

いろいろのお世話になってきたお国。
時は流れて・・・何とも不愉快な~~!ってね!

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL