米のきのした 大阪河内長野の米屋の嫁ブログ

大阪 河内長野の米屋に嫁いで3年目。
可愛い娘も授かり、賑やかに家事に仕事に子育てに奮闘中の毎日です♪

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

胚芽白米が発芽しました

2009年04月19日 | お米
先日の玄米に続き、「胚芽白米」も水に浸けて二・三日すると発芽しました

お椀に、「胚芽白米」と水を入れラップをかけ、空気穴をあけました。
日当たりのいい所において数日。
胚芽の部分が「プクッ」とふくらみ、数ミリ芽をだしているのもありました

当店の「胚芽白米」は「胚芽精米機」を用いて、丁寧に時間をかけて精米します。
通常の「分つき米・胚芽米」は白米の精米機で黒く搗くだけですので、
どうしても胚芽も削れてしまいます。
当店の「胚芽白米」は「胚芽」を残しつつ、ヌカ層を削り白米に仕上げています。
この、胚芽が本当に「生きているお米」なのか自分の目で確かめてみました。

すごいですね、胚芽白米!!
ほんまに、生きています。
精米しても、胚芽の部分が残っているから発芽しました
米は、発芽しようとするときに「ギャバ」が発生し、自らベストの状態に導き、
もっとも栄養価が高くなり、甘みも増すといいます。
ですので、白米同様、「胚芽白米」を炊飯する時は、しっかりと浸水してくださいね。

お米本来の栄養分を捨てずに、いただく。
すばらしい食品だと思います
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« てんぷら | トップ | 玄米のその後 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
DHC発芽胚芽米の効果と口コミ (炭水化物ダイエット記)
DHCの発芽胚芽米はどうかな?