もう好きに生きよう

阿蘇の牧草地帯

七難隠す

2017-05-31 23:01:04 | 日記

昨晩は中学生休み多しで、でも小学生たちは運動会も終わり元気でした。


犬を飼ってしまったポニーちゃん。

それを気にしているようで、近付いては離れるの繰り返し休憩時間。

二度目の休憩時間は諦めて、社会人女性と話をしていました。


代わってくっ付きミサンガちゃん。

「あと一週間だって・・」だそうで、レントゲンで骨折繋がりは確認できて、でも一週間様子見らしいのです。

そんな訳で、回復画像を撮らせてもらうつもりが外れで代わりを。

髪形を変えていたのでパチリ。





「顔見えなければいいよ、私可愛くないから‥」だそうで、本人は自信が無いらしい。


大丈夫。

その眩しい白さは昔から、"七難隠す" と言われている。

6年生真っ盛りは十分に可愛い。

ちゃんと見ている、心折れたりはさせない。





にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村


コメント

将来は親が作る

2017-05-31 09:51:19 | 日記

昨日稽古、新1年生君たちが少なめでした。

段々と来なくなる子も出て来て、当然それは部活動のため。


毎年の事ですが今頃の時期。

中学に入った子が少しずつ顔を見せなくなります。

特に運動部・球技系に入った子が殆どで、学校に潰されてゆきます。


元々サッカーや野球など、流行りスポーツが好きな子は居ます。

今の子なら一般的で、気軽な気持ちで始めて、そのまま中学でも部活動として続けるのです。

ところがそこが落とし穴で、頑張る分、頑張らされる分成績も落ちて行く。

小学校の頃そこそこ成績の良かった子も、部活疲れで勉強なんてできなくなる。

学力が落ちるのは当然でしょう。


始めから成績悪い、もう勉強諦めている子はそれでも良いかも知れません。

でも部活動ではなく勉学の方に向ければ、もっと学力伸びる可能性ある子が潰されるのは、実に勿体ない。


私が今までやって来たのは、この子は勉強した方が良いと見た子には「運動部活には入るな」を言う事。

それでも運動部に入り成績が落ち、進学は運動強豪校と言われる私立校に進んだ子も居ました。

勿論そこも子供たちは消耗品の使い捨てで、サッカーボールが目を直撃して、片目殆ど失明状態で退学した子も居ます。



不思議でしょうがないのは、どうして親は我が子を運動部活に入れるのか。

運動しかやる事ないくらいに頭が悪いのか。

本当に頭の悪い子は、運動だって身には付かないのに。

もしプロになれたとしても、現役で動ける期間は短い先は見えている。

まさか我が子が、何億円も稼げるプロになると思っている親は居ないでしょう。


もっと強く言えば、小学校時代から球技スポーツの世界に入れる親の気が知れない。 (スポーツは観戦趣味程度で良い)

個人的には、子が球技に目を向けない雰囲気づくりを家庭でやっても良いと思う。


我が家はそれを実践して、スポーツ中継など一切見なかった。

下らない番組を垂れ流しているTV民放は、チャンネル設定からも外していた。

勿論子の前で寝っ転がり、酒をあおりながらTVを見るなんて一切しない。

任天堂のゲーム機も、約束を守らなかった子の目の前て、ハンマーでたたき壊した。


そうしていたら自然と目は本の方に勉強に向いて、塾の世話にも全くならずに国公立で就学を終えました。

今子に「あれはどうだった?」と問うと、「あれで良かったんだよ」と言ってくれます。


子の将来は親が作るのです。

中学も部活教師も所詮は他人で、あなたの子の事なんて真剣に考えてはいない。

一時関わって、数年もすれば目の前から消える。

通りすがりの、その他大勢の中の1人なのです。



今最初の子が幼児なら、上を実践してみる価値はあります。

多分子が変わります。

ただし、それなりの親の覚悟と忍耐は必要ですが。




にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へにほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へにほんブログ村


コメント

口実はごろごろと

2017-05-30 09:35:17 | 日記

どうやら運動会で怪我をした子が居るようです。

「○○君、足の指曲がってた」と同じクラスの子が教えてくれて、そうしたら「骨折しました」と連絡がありました。

他の子とぶつかって足親指を痛めたようで、当分稽古も休みでしょう。


我が子の運動会親子競技でも、或るお父さんがアキレス腱を切りました。

普段運動していない人が急に走れば、起こりそうな怪我です。


誰しもそうですが、30代も半ばころになると体力の衰えを感じます。

そこで「運動しなくては・・」となるのですが、いざやり始めるとこれが続かない。

自らの意志の弱さを思い知らされます。


ところが大人とは勝手なもので、「仕事が忙しくで・・」なんて誤魔化す口実をゴロゴロと並べる。

子には「続かない、忍耐力が無い・・」なんて色々言うくせに、わが身には極端に甘い。

それでは説得力無いですね。


斯くして鏡の前に立つ姿に10代20代の面影は無く、楽した分のツケは後で確り回って来るのです。




にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へにほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へにほんブログ村





コメント

心折れて

2017-05-29 15:27:04 | 日記

昨日来た子たちの話を聞くと、進学校と言われる所に入っても大変だったのだと分かります。

親や周りの勧めもあり、地区トップの進学校に入ったら到底及ばない上が居た。

登校拒否になり、学校を去った子が何人も居るそうです。


我が子がちょっと他より成績良いと、「うちの子は頭が良い」と有名私立に入れようとする。

でも小学校時代なんて誰でも秀才で、そんな子は周りにゴロゴロ居る知らないだけ。

私立となればそれなりに費用も掛かるだろうし、失礼ながら車や家を何十年ものローン払いで買うレベルでは特別裕福とも思えない。

それでも無理して塾通いをさせて、何とかそこそこの私立に入れて(入って)みたら上には上が居た。

親の期待はずっしりと肩に心に重くのしかかり、「またこれから頑張るのか・・、もうこれ以上は・・」と子は心折れて挫折。


それからその家庭で何が起こるか・・。

悪い想像をしてしまいます。


その私立への勧めは本当に子の為を思ってのこと?。

それとも親の見栄?。

自己満足のステータス?。

それで子を潰す?。


あなたの特別優秀?・・な子。

昨日の子たちの様に心強く、頑張り通せれば良いのですが。




にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へにほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へにほんブログ村



コメント

縁とは

2017-05-29 09:35:27 | 日記

昨日は子供達、運動会でした。

暑い晴天下、日焼けもしたでしょう。


私と言えば、昔子供だった今社会人7人と我が家での焼肉会。

当然少しのアルコールで、「みんな社会人だね」の乾杯お祝いでした。


思えば小学生から関わった子が、その名を聞けば誰でも知っている国立大を出て就職し、酒も飲める歳になっている。

年月が経つのは早いものです。

入会した子たちの全てと関わる事は無いですが、昨日の様にまだ繋がっている子も居る。

これも縁なのでしょう。



にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へにほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へにほんブログ村





コメント