もう好きに生きよう

阿蘇の牧草地帯

殆どカット

2015-08-31 16:50:34 | 日記

今日は朝から雨模様です。

もう朝晩は肌寒いほどの気温になって、今の室温は27℃で、そろそろ夏も終わりです。


そんな昨日、ある様子を久しぶりに見ました。

ぞろぞろと数人が固まって居て、「あれは・・」と思ったらそうで、どこかの局の下請けスタッフでしょう。

マイクブームを見れば、或る程度の商用取材だろうとは見て散れます。


一般にビデオは絵(映像)だと思われていますが、それ以上?に大切なのは音取りで、是がないと映像も活きません。

そのためにプロは、どれだけ鮮明明りょうに音を収録するかに気を付けていて、これが結構難しいのです。(素人は音など気にして撮らない)

先のマイクブームも、下手をするとブームを触っている手のこすり音が入ったりしてしまいます。

あの音声担当も、何となく棒をさし出しているだけに見えますが、結構気は使っているのです。


取材の内、放送されるのは数分。

通りすがりの取材なら、自分が写るのは数十秒でしょうか。

何かの取材を受けた人なら分かる筈で、「あれたけ長時間だったのに是だけ・・」なんて普通です。(自身数度の経験から)

下請けが撮った絵と音を局は、自分達が作りたい様に都合良くつまんで編集し流す。


一生懸命応えても、「殆どカットされるのになー」と思いながら通り過ぎました。





日々へ
日々10へ







コメント

放り投げろ

2015-08-27 17:04:12 | 日記

最近よく言われている事で、今時の子達は携帯(スマホ)を手放せないのだそうです。

繋がっていないと外される不安があるそうで、よほど自分に自信がないのか、弱い動物が群れから外れる怖さに似ているのか。


我が子達に携帯を持たせたのは高校生になってからで、それまでは頑として許可しなかった。

同級生が持っていようと関係無い。

「それで仲間外れにされるのなら、そいつはその程度の人間なのだから付き合う価値は無し」と突っぱねました。

そう私は多分、今時少ない頑固親父・絶滅危惧種なのです。


子達が社会人になってその頃の事を話すと、「今思うと無くても良かった」と言います。(ゲームも無かった)

そんな物なのです、携帯なんて。

そんな物の為に振り回され時間を取られ、風呂やトイレでも手放せないなんて馬鹿げているでしょう。


確実に成績も落ちそうで、そんな子達は将来の選択肢を狭めているのです。

成績良ければ、「何所の高校(大学)行こうかな・・」と選べるけれど、成績悪かったら「何処に行けるかな・・」ですからね。

学歴が全てだとは言いませんが、ほんの目先のスマホに時間を取られて勉強できない、将来の選択肢を狭める。

ひょっとして、大きな可能性を棒に振るかも知れないのに・・。


携帯電話は鬱陶(うっとう)しい。

会の子供達(親)が携帯を持つようになって仕方なく、連絡受け用に持ったのが15年ほど前から。

その当時から使い方は変わらずで、電話もメールも "待ち" で、こちらから発信する事は無し。

だから連絡ありそうな夕方近くには手元に置くものの、他の時間帯は、「どこかで鳴っている・・」状態で、時には車中に忘れていたりして。



人間も群れると弱くなる、互いを頼るから。

群れる人間なんて、本当に困った時は当てには出来ない。

自身弱いから群れている。

そんな人間が他人など助けられる筈がない。

まして、スマホ友達なんて・・。


「そんな物(者)放り投げろ、最後は1人だ」と子供達にはよく話します。





日々へ
日々10へ

コメント

そのうち・・

2015-08-25 23:06:44 | 日記

大型だと騒がれた台風も、こちらには大した被害も無く通り過ぎました。

それでもがけ崩れで鉄路が止まったりと、被害も出ています。


そんな出来事は別世界の事の様に、テレビからはくだらない、どうでも良い番組が垂れ流されて、「本当にテレビ、つまらなくなったなー」です。

先日2人の事件も、あと一週間もすれば又別ネタを見つけて来て、どの局もそちらへと走るのでしょう。


そんな事件に驚きもしないでよそ事のように、「うちの娘にはサッカーをさせます、かっこ良いから・・」の母親が居て、「この親何考えているのだろう・・」ですね。

こんな時代だからこそ、何とか難を逃れる術が必要だと思うのですが、わが子にはそんな事件は起こらない、巻き込まれない関係ないとでも考えているでしょう。

「自分の身は自分で護る」で、それをしない者にはその内、対処して来なかったツケが回って来そうです。


頭の中、平和な親が多い。




日々へ
日々10へ

コメント

阿蘇・天空の道・曲がりくねった道

2015-08-24 11:40:55 | 日記

昨日は阿蘇へ走りました。

まあ趣味と実益を兼ねてですが、画像を少し。


今ではすっかり、阿蘇観光定番の地になった "天空の道"(ラピュタの道)。

でも、通行禁止になっていました。

あまりに観光客が多くなって、道路の傷み、路肩の崩れが心配なのでしょう。(地元人にとっては迷惑?)


昨日も何台ものバイクや車が停まっていて、もう北海道内のナンバーを見ても驚きません。

見ての通り、右下には日傘をさしたカップルも写り込んでいて、「撮るからどいてどいて・・」なんて言えない。

休日に人が居なくなるのを待つなら、夜になってしまいます。(行くなら平日に、道も開いてru??)






ここも定番、大観峰の駐車場。



(奥に見えるのが涌蓋山)


近くから遊覧ヘリも飛んでいて、カシャリと。

6分間で、6000円だったかな?。

日本で乗るには、それ相応のお金が要ります。

ちなみにオーストラリアの珊瑚礁遊覧は、3200円位だったと記憶します。(もっと大型のヘリで)






ご存知、阿蘇中岳・高岳。

中央右から噴煙が上がっています。

今は、火口付近1キロメートル以内は入山禁止です。



(眼下に内牧温泉)


阿蘇では一般的な、曲がりくねった道。



(小さくバイク2台)


画像の奥に写っているのは、涌蓋山(わいたやま)。

熊本では小国富士と呼ばれ、大分側からは玖珠富士と呼ばれています。(県境)

画像の位置から見て、この涌蓋山手前8キロメートルの所に、黒川温泉が在ります。



(青い空で、オープン走りは暑かった)



阿蘇の道路は何所もよく整備されていて、だからバイクや車が多い。

その分事故も多くて、昨日は大型バイク2台とロードスターが衝突して潰れていました。

多分人は大怪我で、悪くすれば・・・。






こんな道もあります。





九州に来る機会があったら、阿蘇へも立ち寄ってください。

曲がりくねった道は、北海道とは違った良さがあります。

ただし、オープンカーで走るなら春か秋に。

夏はかなり陽射し強く、多分女性からは嫌われます。




日々へ
日々10へ
コメント

アナログを聴く

2015-08-20 23:05:08 | 日記

下の画像を見て、何か分からない人は若い年代。

すぐに分かる人はもう中高年で、私世代は是で音楽を聴いていました。



(左・グレース製、右・オンキョー製カートリッジとレコード針)


昔の音源は下のようなレコードで、上のカートリッジから音を取り出して、アンプで増幅してスピーカーを駆動する。

それが普通で、ヘッドホンステレオなんて無かった時代です。





左上から右へ。

あの唄はもう唄わないのですか(風)

ひと足遅れの春(とんぼちゃん)

22歳の別れ(風)

神田川(南こうせつとかぐや姫)


上の曲、「懐かしいなー」の人も居られるかな。



どうしてこんな話題かと言えば、ある人から「聞きたい曲がある」と言われ、YouTubeに一時アップするため。

久しぶりにレコードプレーヤーを動かし、今時デジタルではない、アナログの音を聞きました。


どのレコードも懐かしい。

この当時、ヒットしたフォークソングは殆ど持っている感じですね。




日々へ
日々10へ

コメント