もう好きに生きよう

阿蘇の牧草地帯

日本縦断の若者

2015-03-31 10:10:03 | 日記

昨日桜見物の帰り、道の駅に立ち寄りました。

夕方閉店間近の時刻で、妻の買い物を外で待っていると駐車場脇の芝生上に若い男性1人。

何やら自転車から荷物を取り出しています。


近付いてみると自転車独り旅のようで、テント設営の準備でした。

話を聞くと、鹿児島を出発して日本縦断をしているとか。

この春休みに行ける所まで行って、夏休みに再チャレンジするそうです。


買い物が終わって、「気を付けて走って・・」と話を終えて帰りの車中。

妻に状況を話したら「家に泊める?」となって、部屋は空いてるのでそれも良いかなと・・。


でも、相手にも都合は有る筈で止めました。

他人の好意を有難迷惑と感じる人も居て、その子も自分のペースで動きたいかも知れないからです。(自身そんなタイプ)


女性なら心配ですが、男性は野宿でも大丈夫。(経験あり)

道中、交通事故に巻き込まれないように気を付けて頑張って貰いましょう。


若者は良い経験をしています。





日々のできごとランキングへ
日々のできごと注目記事ランキング
コメント

皆で走る

2015-03-30 08:45:38 | 日記

「今日頑張るから・・」と小2君。

「ねえ、いつから走るの?」と小1ちゃん。

半年ぶりにお母さんと一緒に顔を見せた子は背も伸びて、「大きくなったねー」が最初の挨拶でした。


昨日は子供達との屋外活動。

強制ではないのですが、親子参加で約30人ほど。

母親任せではなく、ちゃんと我が子と関わろうとしているお父さんも居ます。


皆で8キロ程を走っての、忍耐力体験。

多分、学校の持久走大会でも経験していない1年生女の子が一番歳下で、でもちゃんと走り通しました。

子供達。

親が思う以上に体力(忍耐力)は有るのです。



下は、パナのデジカメでズーム撮影。(普及品なので解像度悪いです)



(麦畑の中を走ります)



(途中で転んでしまい、痛めた手を気にしながら走っています)




(空には飛行機雲)



どの子も、今流行りのスポーツなどしない個性派。(書道やバレエ)

だからなのか、教える正座しての礼も実に綺麗でしなやか。

今はがさつな女の子が多い中、「小学生でも、こんな礼が出来るんだ・・」と驚かせてくれます。 (きっと先で結婚した時、相手もその意外性に驚く?)


皆頑張りました。




日々のできごとランキングへ
日々のできごと注目記事ランキング
コメント

挨拶

2015-03-28 21:49:58 | 日記

夜、子供達の相手をして終わり。

ある姉妹のお母さんが駐車場で待っていました。

今年受験生の母で、「高校に入ったら、来られそうにないので・・」と、お姉ちゃんと供に挨拶に来てくれたのです。


6年ほど通って来た、周りと馴染めない子でしたが、それは多分今も同じ。

そのせいか、推薦入試では結果良く無くて第2志望校へ。

それを聞いて、「おめでとう、良かったね」とは言えませんでした。


妹ちゃんも口数少ない方で、今度は何とかしなくては。

2年後には、"桜咲く" ように・・。




別れの季節です。





にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ

コメント

別れと門出の季節

2015-03-28 10:01:57 | 日記

朝から晴天になっています。

風も殆ど無く日中気温は20度を超える予報で、いよいよ春です。



-- 昨晩、遠方の地に出向いての事 --


「何分くらいかかった?」

「40分くらいかな・・」


「自分で運転して来た?」

「うん、今日はお父さんが助手席に・・」


「じゃあ、待ってるの?」

「駐車場に居ると思う・・」



- ちょっと間をおいて -



「帰り乗せてくれる?」

「え・・?、お父さん待っているんだろう?、一緒に帰るつもりじゃないの?」

「多分、・・・でも・・、いい・・」


「乗せて帰るのは良いけれど、それならすぐその事言って来なくちゃ」

「分かった、言ってくる」 (駐車場へ走る)

「いいよだって・・」



ある子との会話で、4月から大学生。

通学に時間がかかり、もう滅多に顔を出せそうにないとの事。

多分本人の中では、小学校1年生から今までの締め括り心なのです。




- 帰りの車中 -


「ねえ私の籍、ちゃんと残るんだよね?」

「そう・・」

「良かった、来れる時は来るね・・」



今までの、色んな出来事を話した帰り道40分間でした。


桜咲く春は、別れと門出の季節でもあります。




日々のできごとランキングへ
日々のできごと注目記事ランキングへ
コメント

そんなに違わない

2015-03-27 15:46:38 | 日記

晴れの天気から、少し雲ゆきおかしくなって来ました。

雨の予報ではないのですが、崩れ傾向なのかもしれません。


ところで父親は子に、特に男子には強く有って欲しいと思うようです。

時々お父さん達と話すとそう感じます。

ただ人には持って生まれたものがあって、男子でもとても優しい子がいる。

我先にではなく、まず相手の事を優先する優しさの有る子が居て、それが弱く見えたりするのでしょう。


親は普段、家庭で我が子しか見ていない。

他に比べる対象が無くて、弱々しく見えれば「これで大丈夫かな」なんて思ってしまう。

でも外見上は弱そうに見えて、実は確りした芯の強さを持っていたりする。


親は出来の良い子と比べて、我が子の劣った部分しか見ようとしない傾向が有る。

子供達、どの子もそんなに違いは無い。

いじめられないかと心配するよりも、「いじめられた分強くなる」くらいの気持ちで居た方が良いのです。


神様もきっと優しい。

「乗り越えられない試練は与えない」そうで、まだ幼い成長過程から心配する必要は無いのです。




日々のできごとランキングへ
日々のできごと注目記事ランキングへ
コメント