好きに生きよう

背景は 宮古島と伊良部島の間に架かる伊良部大橋
上空からの映像が ホンダオデッセイCMで使われたらしいです

修学旅行

2016-10-17 14:27:11 | 日記

抜ける様な・・とまでは言いませんが、青空になっています。

秋の空は、春や夏にはない透明感があってギラギラしません。

特に雨の後の空は、すっきりと遠くの山まで見えます。

空気中に漂う埃が無いので、乱反射も無いのです。



子供たちは運動会も終わり、修学旅行の時期になっています。

私も何度かカメラ抱えて同行した事があって、今は高速道路で一気にバス移動ですが、昔はフェリーに乗ったりの学校もありました。 (元教師ではない)


長崎方面では定番の被爆地回りですが、自由時間の市内散策は子供たちにとって、緊張の時間でもありました。

幾つかの目的地を決めてグループ移動するのですが、初めての地では市内電車で逆方向に行ったりと色々でした。

集合地点にたどり着いた時の子供たちは、どの子もほっと一息顔になったものです。


今人気のハウステンボスは修学旅行の特権で、以前は公開されない自家発電や地下道配管などのインフラ設備を見学できました。

今は保安上、駄目かも知れません。


ビデオカメラを構えて子供たちを撮るのですが、気を使ったのは他校の子供たちが映り込まない様にすること。

長崎は坂の町で、どこも坂道と階段だらけ。

当然、オランダ坂や片足の鳥居石段でも撮るのですが、小学生は良いとしても女子高生はミニスカートで、都会っ子はテレビで見る様な超ミニ。

そんな一団方向にカメラを向けるのは誤解のもとで。

じろりと見られて、「違う違う君たちなんて撮ってないよ」、と心の中で言ったものです。

私だって、もう鮮度の落ちた太く短い大根なんて撮りたくはないのです。



(ビデオから切り出し 保護者からの依頼で宿泊同行した時の画像)



今頃の季節はそんな事を思い出します。






小学生の子PVへ
中学生の子PVへ
日々の出来事PVへ

小学生の子へ
中学生の子へ
日々の出来事へ
ジャンル:
子供
コメント   この記事についてブログを書く
« ごっこなんて要らない | トップ | 軟(やわ)じゃない »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。