もう好きに生きよう

阿蘇の牧草地帯

判断ミス

2017-09-07 23:27:19 | 日記

今日は一部の子供達が校内宿泊学習で、人数少な目でした。

とは言っても20人は賑やかで、その休憩時間。

「しまった、ミスをした」があって反省。


事の成り行きは、皆の身長が伸びた伸びないの話から体重の話へ。

いつもの様に抱え上げれば、同じ身長でも男子の方が確実に重い、筋肉質なのがはっきり分かります。

「僕も私も・・」顔で待つ取り巻きさん達を一通り抱き上げて、「○○キロだね」と言って、最後に5年生ちゃんで終わり。


ここで失敗。

どうやらミサンガちゃん。

「私が先でしょう・・」のつもりだったようで、でも初めての5年生ちゃんを先にしてしまった。

そうしたら、すーっとその場を離れてしまって、1人だけ無しになって。

その心のうちは分かりませんが、多分私の判断ミス、失敗。


人の心理は難しいのです。

反省。




にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事(親)へ
にほんブログ村



コメント

都合の良い相手

2017-09-07 09:23:36 | 日記

或る低学年君が、最近やたらと肩車をせがみます。

先日プールのときも離れずで、「この子、構って貰えないのだろうな」と思ってしまいます。

今どき聞いても驚きもしない家庭の事情(親の事情)で多分、大人男性の強さ(荒っぽさ)と遊ぶことを知らなかった。

母親とは違う男の強さに、驚きと新鮮さも感じているのでしょう。



他の子の纏わり付きも父親が構わなくなった?。


何かと忙しく帰りも遅い。

休日は疲れて子を構う余裕が無いなど、色んな事情があるのかも知れません。

そして親離れを感じはじめて慌てて近づこうとしても、もう子からは拒否・距離を置く態度を取られる。

思春期で、時すでに遅し状態になる。

そうなって来ると親子とはおかしなもので、距離を縮めようと思っても素直になれない。

意地でもないですが、何かぎこちないらしい。


かくして子供たちは身の危険も感じない。

女の子は、異性として意識する歳でもない私の周りに集まるのです。

それなら自分から離れて行くまでは都合の良い話し相手、遊び相手になりましょう。





にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へにほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事(親)へにほんブログ村
コメント