チャンネル桜・瓦版:世論(多数意見)の真逆(少数意見)がほとんど正しい・西村浩一ブログ

全ての情報は「誰か(犯人)の利益のプロパガンダ」で見ると『真相』が分かる。 チャンネル桜の「草莽崛起。」を応援しょう!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

 中国が「韓流締め出し」:日本虚人列伝・大江健三郎、装われた『難解』さ、隠された「乏しさ。」

2016-10-01 00:17:51 | 韓国壊滅

   <中国が「韓流締め出し」にカジを切った理由>

 「恐中症」再燃で、韓中の蜜月はいよいよ終焉となりましょう…。

 「G2と米国と並び称される大国にまで成長を遂げた中国…。

 その中国が昔宗主国として朝鮮半島を見ていたように、韓国を見下す態度に恐中症を感じながらも苦々しく思っている韓国人は多い。

 高高度防衛ミサイルTHAAD(以下、サード)の配備を巡り韓中が大揺れしています…。

 韓中の蜜月にひびが入ったのは7月8日、韓国が在韓米軍へのサード配備を公式発表してからだ。

 それまでにも警告を発していた中国は、すぐさま猛反発し、中国メディアは、韓国への経済報復も辞さないなどと報道するなど、韓国は戦々恐々とした雰囲気に包まれた。

 そして、「中国は友」が錯覚だった、と気づくことになりました…。

 サード配備を巡る攻防で最初に現れた中国の‟制裁”は韓流の締め出しだ。

 韓流スターのファン・ミーティングやコンサートを中止したり、新たな契約を禁止したりするなどの事態が続いた…。

 つぎに、年間およそ600万人(2015年度)が訪韓する中国人観光客は、8月には前月と比べて約4万人が減少したと伝えられた。

 けれども、中国は韓国の輸出全体で約25.4%を占め1位だが、品目の70~80%は電気機器や精密機器などの資本財や部品で、これらはメイドインチャイナに欠かせない。

 経済的に互いが重要な顧客であり、これを毀損すれば中国も得にならないというわけだ。

 けれども、G2間でのバランス外交を標榜してきた韓国だが、サード配備決定によりそれはもろくも崩れてしまった。

 サード配備が現実化するとき、韓国は正念場を迎えることになるだろう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  南海トラフ地震は、死者『... | トップ |  穏やかな心:第2次大戦中... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

韓国壊滅」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。